アイドルグループ・Hey! Say! Jumpの山田涼介が主演するフジテレビ系ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(10月スタート、毎週水曜22:00~)の新たなレギュラーキャストとして、門脇麦、尾上松也、早乙女太一、高嶋政宏、桜井ユキ、佐野史郎、遠藤憲一の出演が18日、発表された。

  • 門脇麦(左)と(上段左から)尾上松也、桜井ユキ、遠藤憲一 (下段左から)早乙女太一、高嶋政宏、佐野史郎 (C)フジテレビ

同ドラマは、連続殺人犯を父に持つ主人公の大学生・浦島エイジ(山田)がある日、自らが二重人格であることを悟り、“もう1人の自分”が殺人を犯しているかもしれないと底知れぬ不安にかられ、真相を明らかにしようと決意。そこで驚がくの事実が次々と白日の下にさらされる。

門脇が演じるのは、エイジと同じ明京大学に通う女子大生・雪村京花。エイジの実の父親が連続殺人事件の犯人だということがキャンパス内に知れ渡り、まわりがエイジに白い目を向ける中、彼女の京花だけは唯一態度を変えず彼を受け入れる。どんな時でもエイジに寄り添ってくれる京花は、エイジにとってかけがえのない恋人だったが、そんな彼女にも驚天動地の秘密が…。

松也が演じるのは、佐井社、通称“サイ”。暴力団組織とも対等に渡り合うほどの勢力を誇る半グレ集団「スカル」のカリスマ的リーダーで、川栄李奈演じるナミを働かせているデートクラブ「アリス」を運営している。サイのトップたるゆえんは、力ずくで敵をねじふせる“暴力性”。特に、敵対する相手への“拷問”は見るに堪えない。それゆえ、15年前に拷問による連続殺人事件を起こしたエイジの父親に強い興味を持つと同時に、息子であるエイジにも興味を抱いていて…。

早乙女が演じるのは、八野衣真。エイジの実の父親で、15年前に発生した連続殺人事件の犯人とされている。その被害者の遺体にはあらゆる拷問の痕跡と“LL”という刻印が残されていたことから、殺人鬼・LLと呼ばれていた。そして、警察に追い詰められた八野衣は、自ら火を放って自殺を図ることに…。

桜井が演じるのは、おとこ気のある美人刑事・桃井薫。新人時代に15年前の連続殺人事件を担当。当時の捜査方針に疑問を抱いていたが、警察組織の方針に逆らえず、悔いを残したまま事件が終了を迎えた。だが、その15年前の殺人事件と酷似する模倣事件が発生。殺人鬼の息子・エイジを疑い、因縁の事件解決に並々ならぬ執念を燃やす。そんな桃井にも、まわりにひた隠しにしている秘密があり、それがある事件が起こる引き金に…。

高島が演じるのは、警視庁の管理官で、桜井ユキ演じる桃井の上司・猿渡敬三。エイジの父親が起こした15年前の連続殺人事件と酷似した模倣事件の指揮を執ることに。清廉潔白で絵に描いたような警察官に見える猿渡にもある秘密が…。

佐野が演じるのは、帝東大学の教授・白菱正人。彼も、人には言えないある事情を抱えていた…。

そして、遠藤が演じるのは、エイジの義父・浦島亀一。エイジの実の父親の保護司であった亀一は、エイジを引き取り、実の息子同然に愛情を注いで育て上げる。また、模倣事件発生後、警察に疑われるエイジの無実を信じ続ける。

主題歌は、Hey! Say! Jumpが担当することが決定。曲名などは、後日発表される。

  • Hey! Say! Jump

コメントは、以下の通り。

■門脇麦
――今作の出演が決まった時の思いをお聞かせください
「純粋にとてもうれしかったです。そして、何と言っても今回は、プロデューサーと総合演出が『ミステリと言う勿れ』のチームなので、これは期待に応えられるように頑張らなきゃいけないなという気持ちになりました」

――台本を読んだ感想・印象はいかがでしたか?
「私が演じる京花は大変な役だなと…。まずは大学生に見えるようにスタッフの皆さんのお力をお借りしつつ…(笑)、自分でも頑張りたいと思っております。台本は、原作にあるサスペンス要素をちゃんと落とし込みつつも、より整理されている印象がしましたので、ドラマになったときにとても見やすいのではないのかな、と感じています」

――主演を務める山田涼介さんの印象はいかがですか?
「個人的に山田さんのお芝居が大好きで、映画で一度ご一緒したのですが、いつかちゃんと同じシーンがある作品をやりたいと思っていたので、今作の出演を決めたのは山田さんが主演であることも大きかったです。今回も座長という立場を全うされようとしている姿を撮影初日から目の当たりにし、原作もとても好きだとおっしゃっていて、この作品に懸ける強い思いを感じたので、これからの撮影がより楽しみになりました」

――放送を楽しみにしている視聴者の皆さんへのメッセージ
「サスペンスというジャンルは、物語を追ってしまいがちですが、ある人間を作り上げている人となりがぶつかり合って事件が生まれると思っています。単純に事件を追っていても面白いのですが、やはり人が何かを経験し、混ざり合うことによって、いろんな物語が紡がれていきます。サスペンスでもあり、ヒューマンものだとも思いますので、原作の世界観も堪能してもらいつつ、一人一人のキャラクターに思いを寄せてみたり、一緒に考えてみたりするのも面白いドラマだと思いますので、ぜひ楽しみにしていてください!」

■尾上松也
――今作の出演が決まった時の思いをお聞かせください
「今まで自分が経験したことがない内容のドラマかつ、演じたことのないような役どころでしたので、このお話をいただいたときはとてもうれしかったですし、純粋に演じてみたいと思いました」

――自身の役の印象や思いをお聞かせください
「組織のリーダーとしての器の大きさと物事を冷静に見る鋭さ、根っからのサイコパス感を演じることはとても難しいですが、逆にそこが面白いなと思っています。どんな人間にも必ずそこに至るまでの背景があるはずですので、それが少しでも皆さんに伝わるように演じたいです。リーダーとしての素質と、人間としてのもろさの両方が見えるといいなと思っています」

――役作りで地毛を金髪に変えられましたがいかがですか?
「約10年ぶりに金髪にしました(笑)。なかなか金髪にすることもないので、新鮮でうれしいです。この年で金髪にするのは少し恥ずかしい感じもありますが、今回はお仕事なので(笑)!金髪に変えたことで、サイという役により気持ちも入りました」

――主演を務める山田涼介さんの印象はいかがですか?
「かわいい(笑)。僕らの世代からすると、また才能ある若い子が出てきたな、という印象です。非常にストイックで勉強熱心な方という印象なので、今回もきっとエイジという役を深く掘り下げていらっしゃるんだろうなと。そういう方と一緒にお仕事をして刺激をいただけるのはありがたい限りです」

――放送を楽しみにしている視聴者の皆さんへのメッセージ
「物語としては複雑にいろいろなことが交錯していく中で、また次もすぐに見たくなるような展開の連続になっています。最近演じてきた人物とはまた違った印象の役ですので、次に何が起こるのかを楽しみにしながら見ていただけたらうれしいです」

■早乙女太一
――今作の出演が決まった時の思いをお聞かせください
「出演が決まったときは、うれしい気持ちでいっぱいでした。結構ハードな作品なので、ドラマになったときにどんな世界観になるのか、自分も一視聴者としてすごく楽しみにしています」

――主演を務める山田涼介さんの印象はいかがですか?
「僕の勝手な印象ですが、すごくきれいな方だなと…(笑)。その目の奥にある強さみたいなものは、今回の作品と重なる部分もありますね。陰と陽のどちらも兼ね備えているという印象があります」

――放送を楽しみにしている視聴者の皆さんへのメッセージ
「いろいろな心理描写や人間の陰と陽の部分を描いた、すごく魅力的な作品だと思うので、それが実際に映像になったときに、生身の人間がそこに血を通すことでより濃く描けたらと思っているので、ぜひ楽しんでいただけたらと思います」

■桜井ユキ
――今作の出演が決まった時の思いをお聞かせください
「このお話をいただいたと同時に、原作の漫画をすぐに読ませていただいたのですが、作品はもちろん、登場してくるそれぞれのキャラクターにものすごく魅力を感じました。これから桃井薫という女性を演じさせていただけることに、今はワクワクした気持ちでいっぱいです」

――自身の役の印象や思いをお聞かせください
「圧倒的生命力に満ちあふれてるなというのが第一印象です。桃井の力強い生き様というか、猪突猛進な部分は彼女の魅力であり弱さでもあると思っています。その絶妙なバランスを、原作の空気感、キャラクターを生かしつつ生身の人間ならではの“人間臭さ”みたいなものを最大限持たせていけたらという思いです」

――台本を読んだ感想・印象はいかがでしたか?
「テンポがよく、ストーリーに引き込まれていく感覚もありつつ、原作をベースとしながらも、オリジナルの人物像や展開もあるので、そこはすごく見どころだと思いました」

――放送を楽しみにしている視聴者の皆さんへのメッセージ
「“どうして?なぜ?”が回を追う度に深まり、同時に物語に引き込む力も増していく、そんなドラマだと思っています。主人公のエイジをはじめ、それぞれの人物の人生の奮闘をぜひご覧いただけたらと思います」

■高嶋政宏
――今作の出演が決まった時の思いをお聞かせください
「松山監督から声が掛かったことが一番うれしかったです。出演が決まってから原作を読んだのですが、あんなに一気に読み切った漫画はないですね。松山監督の意気込みコメントを読んだのですが、“連ドラならではの『親愛なる僕へ殺意をこめて』を作る”とおっしゃっていて、脚本を読んだときに“これはすごいものができるんだろうな”と感じました。松山監督の到達したい地点にできるだけ近づけるように、根気強く自分に負けないでやっていこうと強く思いました」

――台本を読んだ感想・印象はいかがでしたか?
「それぞれのキャラクターがとても生きていますよね。やっぱり原作と同じように脚本にもスピード感があって、次から次へといろんな展開が待っていて。脚本を読みながら、きっと視聴者の皆さんも、1話1話があっという間に感じるようなドラマになるんだろうな、と思いました」

――放送を楽しみにしている視聴者の皆さんへのメッセージ
「とんでもないものができると思います。ものすごい作品ができるぞと、僕を含めたこのチーム全員が感じていると思います。ぜひ、放送を楽しみにしていてください」

■佐野史郎
――今作の出演が決まった時の思いをお聞かせください
「かなり猟奇的かつ、攻めた内容のドラマだなと感じました。とにかく、フジテレビ制作の連ドラへの出演が久しぶりですので、楽しみにしています」

――自身の役の印象や思いをお聞かせください
「僕が演じる白菱という役は、原作ではかなり感情をあらわにしている部分があります。言葉だけのやりとりが非常に丁寧で濃厚で、ものすごく繊細で…。細かい神経のやりとりも大事になってくると思うので、今回のドラマでは原作以上にもっと繊細な神経を使ってやらないと、なかなか成立しないかもしれないと思っておりますが、非常にやりがいのある役だと思っております」

――主演を務める山田涼介さんの印象はいかがですか?
「前回共演したときに、涼介くんとは好きなものが似ていることが判明して気が合ったのを覚えています。彼が演じる役は非常に難しい役どころだと思いますが、サスペンスは好きなんだろうなと思いますので、お互いに好きなジャンルで再び共演できることが楽しみです」

――放送を楽しみにしている視聴者の皆さんへのメッセージ
「原作をお読みになっていない方には、サスペンスドラマとして素直に楽しんでいただきたいですし、原作をご存じの方も、ドラマならではの世界観を味わっていただければうれしいです」

■遠藤憲一
――台本を読んだ感想・印象はいかがでしたか?
「いろいろ大変だろうな…という印象です(笑)。どの脚本もそうですが、原作がある作品は膨大な内容の中からドラマにする部分を抽出して表現していくので、苦労が見えました。ですが、草ヶ谷プロデューサーと松山監督がこの作品に勝負をかけているなと感じましたので、面白い作品になると確信しております」

――自身の役の印象や思いをお聞かせください
「エイジの育ての親になるので、血がつながっていなくても本当の親子みたいになれるよう、僕自身もここは工夫して役を作っていかなければいけない部分ですね。温かい家庭の雰囲気がにじみ出るように演じられればいいなと思っています」

――主演を務める山田涼介さんの印象はいかがですか?
「Hey! Say! JUMPのメンバーとは、何名か共演させていただいているのですが、山田くんとは今回が初共演になります。もちろん彼の演技をお見かけしたことはありますが、ピンと張りつめた演技を得意にされている方という印象なので、一緒にお芝居するのが楽しみです。Hey! Say! JUMPの皆さんは才能豊かなグループなので、この勢いで全メンバーとの共演を果たしたいですね(笑)」

――放送を楽しみにしている視聴者の皆さんへのメッセージ
「こういうジャンルのドラマは、手を出す(作品にする)のに勇気がいるのですが、そこにあえて踏み込んでいく(挑戦していく)作品なので、ハラハラドキドキしたい方や、最近テレビがつまらなくなったと思われている方には、ぜひ見ていただきたいなと思います」