映画「野球部に花束を」公開記念舞台挨拶の様子。

クロマツテツロウ原作による実写映画「野球部に花束を」の公開記念舞台挨拶が、本日8月13日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された。

「野球部に花束を」は中学時代の野球部生活に別れを告げ高校デビューを目指すも、ひょんなことから再び野球部に入ることになった主人公・黒田鉄平の日常を描いた物語。イベントにはキャストの醍醐虎汰朗、黒羽麻璃央、駒木根隆介、市川知宏、三浦健人、浅野杏奈、監督の飯塚健が登壇した。

映画が公開されての感想を聞かれると、醍醐は「最高です!」とひと言。「お客さんの反応を見れていないので、どうだったのかなと思うんですけれど……」とこぼすと、観客から大きな拍手が送られ、安堵した表情を見せた。駒木根は久しぶりに顔を合わせるキャスト陣に対して「雰囲気がガラッと違う」と言及。「当たり前なんですけど、撮影時は同級生って感じだったんです」と話し、撮影当時と現在との違いに驚きを見せた。キャスティングのこだわりを聞かれた飯塚監督は「おじさんばっかりだったので、本当に同級生に見えたのかな?と思っていました」と告白するも、「野球って真剣に追いかけてると不思議とタメに見えてくるものだなと」とコメントした。

印象的なシーンを聞かれた黒羽は先輩からの引退ノックのシーンを選出。撮影時は体力がギリギリだったと述べ、さらには市川が寝そべっていたことを明かす。市川は「俺が一番疲れてた!」と笑顔を交えて受け答えた。キャストの中で一番若く、体力には自信があったという醍醐は「終わった後みんな倒れていたので大げさじゃないの?と思っていたんですけど……」「足に乳酸が溜まって立てなくなりました」と当時を振り返った。

浅野は男性が多い現場について聞かれると、「私自身がラグビーをやっていたので、男だらけなのは違和感なかったです」と回答。「高校時代を思い出すような現場で、年齢関係なく仲がいいんだと伝わってきましたね」と現場の雰囲気を語った。そして話題は鬼監督・原田を演じた高嶋政宏についてシフト。黒羽は高嶋にひっぱたかれるシーンについて「躊躇なくやってくださったのがうれしかったですね。ガチで驚いてしまって時が止まりました」と話し、飯塚監督は「アドリブを割と足してくださって。『野球に狂え!』と言うシーンは、僕はふわっとしたことしか指示しませんでした」と明かした。

続いて駒木根が醍醐が持つ野球のセンスに対して言及。「虎太郎くんやったことないのにめちゃくちゃ才能あるなと」と話すと、野球経験者の黒羽も「最初の練習からフォームとかできあがってた感じがある」と激しく同意する。醍醐が「本当? 草野球やろうかな」とこぼすと、黒羽から「『花束を』チーム作ろうよ! ユニフォームももうあるし!」と提案を受けていた。

するとここで高嶋が「お前ら何髪の毛伸ばしてんだ!」と言いながらバットを振り上げサプライズ登場。草野球「花束を」チームについて聞かれた高嶋は「俺、草野球無理だな」と即答する。なぜかと聞かれると「イベントで40何年ぶりにバッターボックスに立って、生きた球を受けただけで怖かった」と回答した。また「誰ひとり高校生が出ていないのに、高校生に見えるのがすごい」と撮影を振り返り、「グラウンドに行った瞬間に『ええねんええねん』て歌が聞こえてきて。何をやっているのかと思いつつ、そこからその世界に入れて楽しかったです」と話した。

最後に醍醐からのメッセージが送られる。「野球と聞くと少し入りくい部分もあったかもしれないですが、見ていただいた通り、いろんな人がどこか1つでも共感できるような作品となっています。このご時世でくすっと笑えるシーンがたくさん盛り込まれている素敵な映画をみんなで作ったので、皆さんに見ていただけてうれしい気持ちです」と語り、イベントは閉幕した。

※高嶋政宏の高は、はしごだかが正式表記。