ビッグコミックスペリオールの新連載攻勢の告知ページより。

本日6月24日発売のビッグコミックスペリオール14号(小学館)では、浅野いにおらによる新連載攻勢が告知された。

7月8日発売の15号では「足利アナーキー」「ギャル男vs宇宙人」の吉沢潤一による新連載「アタックシンドローム類」が開幕。7月22日発売の16号では新鋭・小麦ムギによる新連載「気になる聖凪(せいな)の頭の中は」がスタートする。

さらに10月14日発売の21号では「ブルーロック」「僕たちがやりました」の金城宗幸が原作、「監獄学園」「ふたりスイッチ」の平本アキラが作画でタッグを組む「スーパーボールガールズ」が始動。また今冬には浅野いにおの新連載が予定されていることが明らかとなった。

そのほか今号では稲垣理一郎原作、池上遼一作画「トリリオンゲーム」とえなこのコラボグラビアが登場。表紙と巻頭カラーを飾った。またコラボクリアファイルやサイン色紙などのプレゼント企画も展開されている。