「アセムヒEX」ロゴ

かゆみ・虫さされ薬の「ムヒシリーズ」を製造・販売する池田模範堂によるWebアニメプロジェクト「怪盗ヌルパン」が、本日6月10日に始動した。

「怪盗ヌルパン」は汗をかきやすい季節に起こる“汗かぶれ”症状の治療薬「アセムヒEX」を、より多くの人に知ってもらうためのプロジェクト。主人公は「アセムヒEX」を使って“汗かぶれループ”を断ち切り、汗かぶれの症状をズバッと盗む稀代の大泥棒・怪盗ヌルパンだ。そんな怪盗ヌルパンを、ライバルのカブレ警部が追いかける。

キャラクター原案は「まりあ†ほりっく」で知られる遠藤海成、アニメーション制作はPie in the skyが担当。怪盗ヌルパン役は福山潤、カブレ警部役は安元洋貴が務める。なお「怪盗ヌルパン」の公式Twitterでは、福山と安元がプロジェクト情報を紹介する音声コンテンツが公開された。

遠藤海成コメント

「ああ~いいね~!」「このデザインもいいね~!」と、カメラの前のモデルさんのごとく上手におだてられて気分良く制作させて頂きました。調子に乗って、本編に登場予定のないヌルパンの普段の素顔などもデザインさせて貰ったのでどこかでお見せできる機会があると嬉しいですね。
カユミやカブレが気になる季節が近づいてまいりました。あなたの味方、ヌルパンと愉快な仲間たちをどうぞお側によろしくお願いします!

Pie in the skyコメント

弊社アニメ「あはれ!名作くん」にも出演していただいた福山さん、安元さんとまたご一緒できて嬉しいです。ショートアニメを得意とする監督・制作会社ということで指名いただいたと思うので、ノウハウを活かして頑張ります。