「アベンジャーズ」シリーズの人気作品とは

今や、あの「スター・ウォーズ」シリーズを凌ぐ規模に成長した「アベンジャーズ」シリーズだが、数ある作品の中で最も人気があるのはいったいどの作品だろうか。今回はマイナビニュース男女会員506人にアンケートを実施し、「好きなアベンジャーズシリーズ」とその理由を聞いてみた。

「アベンジャーズシリーズってどんな感じなのか、試しに見てみたい」という人は、今回のアンケートで判明した人気作品順に見てみるのもいいだろう。

※本稿における「アベンジャーズ」シリーズとはマーベル・ヒーローズが出演する作品を指します

  • 最も好きなアベンジャーズシリーズはなに?

    好きな「アベンジャーズ」シリーズの作品は?

好きな「アベンジャーズ」シリーズランキング結果

1位 アイアンマン(2008年) 51.5%
2位 アイアンマン2(2010年) 28.7%
2位 アベンジャーズ(2012年) 28.7%
4位 アイアンマン3(2013年) 23.5%
5位 スパイダーマン・ホームカミング(2017年) 21.6%
6位 スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年) 20.1%
7位 インクレディブル・ハルク(2008年) 17.6%
7位 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年) 17.6%
9位 キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011年) 17.3%
9位 アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年) 17.3%
11位 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年) 16.7%
12位 マイティ・ソー(2011年) 13.9%
13位 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年) 12.3%
14位 キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014年) 11.4%
14位 アントマン(2015年) 11.4%
14位 キャプテン・マーベル(2019年) 11.4%
17位 ドクター・ストレンジ(2016年) 10.5%
18位 ブラックパンサー(2018年) 10.2%
19位 マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2014年) 9.9%
20位 マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年) 9.3%
21位 ブラック・ウィドウ(2021年) 8.0%
22位 アントマン&ワスプ(2018年) 7.4%
23位 ホークアイ(2021年) 7.1%
24位 エターナルズ(2021年) 6.8%
25位 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年) 6.5%
26位 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年) 5.2%
27位 ワンダヴィジョン(2021年) 4.9%
28位 シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年) 4.6%
29位 ロキ(2021年) 4.3%
30位 ファルコン&ウィンター・ソルジャー(2021年) 4.0%

好きなアベンジャーズシリーズランキングのまとめ

好きなアベンジャーズシリーズを聞いたところ、1位『アイアンマン』(51.5%)、同率2位に『アイアンマン2』『アベンジャーズ』が共に28.7%でランクインした。4位は『アイアンマン3』(23.5%)がランクインしアイアンマンシリーズの強さを物語っている。

5位以降は『スパイダーマン・ホームカミング』(21.6%)、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(20.1%)、『インクレディブル・ハルク』(17.6%)、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(17.6%)となった。

特に『アイアンマン』のシリーズは、MCU作品の中でもダントツ人気なことがランクイン率からもわかる。同作を選んだ理由としては

  • 「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」の第1作であり、のちにアベンジャーズシリーズへと発展する重要作であること
  • 主人公トニー・スタークを演じるロバート・ダウニー・Jrの名演
  • アイアンマン誕生へと至る、スリリングなストーリー
  • アイアンマンの造形とSFXの素晴らしさ

などが寄せられている。特に試行錯誤を繰り返しながら完成するパワードスーツの、ギミックに満ちた開発過程を「萌えポイント」として挙げる人が目立った。

同率2位の『アベンジャーズ』は、MCUとしては第6作に当たり、シリーズの「フェイズ1(第1シーズン)」の集大成となっている。前述のアイアンマンをはじめ、キャプテン・アメリカ、ハルク、ソーなどヒーローキャラクター総出演の同作によって初めてアベンジャーズシリーズの世界観を意識したという人は多いようだ。

5位『スパイダーマン・ホームカミング』と6位『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は、ともにスパイダーマンの関連作。スパイダーマンは日本でも古くから知られている人気のキャラであり、アベンジャーズシリーズ以前にも5作の実写映画が製作されている。

この両作はMCUに属する作品として新たにリブートされており、以前の作品にはなかった主人公ピーター・パーカーと、アイアンマン=トニー・スタークとの交流なども描かれている。高校生でもある主人公の成長物語として捉える人も多く、そこが好感されているようだ。


MCUの映画作品は、今後も続々と作品の製作・公開が予定されている。2022年1月に『スパイダーマン:ノーウェイ・ホーム』が公開され、2022年公開予定作品には『ドクター・ストレンジ:イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』『ソー:ラブ・アンド・サンダー(原題)』『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー(原題)』の計4作品が並んでいる。

また、2023年公開予定のMCUフェーズ4作品が予定されており、公開予定の作品は『ザ・マーベルズ(原題)』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3(原題)』『アントマン・アンド・ワスプ:クワントゥマニア(原題)』など注目作が目白押しの状態だ。スーパーヒーローたちの活躍から目が離せない、今回はそんな期待感がますます高まる調査結果となった。

映画「アベンジャーズ」シリーズを観るならDisney+(ディズニープラス)!

Disney+(ディズニープラス)は、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービスです。ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズ、ナショナル・ジオグラフィック、スターの6つのブランドの映画・動画を見放題で楽しめます。世界最高峰のスタジオが贈る数多くの物語で、毎日に彩りを。

サービスの特徴

1.ハイクオリティな6つのブランドの映画・動画が見放題
…月額990円(税込)、年額9,900円(税込)で入会でき、ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズ、ナショナル・ジオグラフィック、スターの名作や話題作をいつでも・どこでも楽しめます。

2.最高のエンターテインメント体験を追加料金なしで楽しめる
…動画品質を高める4K UHDの映像提供(※対象作品のみ)、5.1チャンネルおよびドルビーアトモス対応のオーディオ機器で、コンテンツをさらに大迫力で。

3.ここでしか出会えないオリジナル作品も充実
…ディズニープラス限定配信の映画やドラマシリーズなど、ここでしか見られない豊富な作品ラインナップが続々登場します。

4.マルチデバイス対応
…スマートフォン、タブレット、パソコン、テレビ、ゲーム機など、対応するさまざまな機器で視聴できます。

『Disney+(ディズニープラス)』はこちら >

調査時期: 2021年12月3日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男女合計506人(男性: 402人、女性: 102人)
調査方法: インターネットログイン式アンケート