昨年10月にオープンした「相鉄フレッサイン 横浜駅東口」が、12月11日から「相鉄線今昔 鉄道コンセプトルーム」の宿泊プランを開始した。7000系の部品を利用した運転台設備をはじめ、昔の横浜駅の写真や「そうにゃん」グッズなどが並び、ファンにはたまらない部屋となっている。横浜駅を発着する列車のトレインビューも楽しめる。

  • 「相鉄線今昔 鉄道コンセプトルーム」は定員2名。ツインベッドの周りに「そうにゃん」グッズが並ぶ

「相鉄フレッサイン 横浜駅東口」は横浜駅きた東口Aから徒歩2分の好立地にあり、2020年10月にオープンした。相鉄グループは2022年度下期に相鉄・東急直通線の開業を控えており、こどもたちから相鉄ファン・鉄道ファンまで幅広い世代に宿泊を楽しんでもらおうと、「相鉄フレッサイン 横浜駅東口」の「相鉄線今昔 鉄道コンセプトルーム」が企画された。

ホテルを運営する相鉄ホテルマネジメントは、過去に「相鉄フレッサイン 京都烏丸」でも鉄道コンセプトルームを供用した実績がある。今回は相鉄グループのホームである横浜での供用開始となり、昔の横浜駅の写真など独自のサービスも展開している。

  • ベッドカバーやクッションカバーには、相鉄線で実際に使用されたシート生地を活用している

  • ベッド横のテーブルに「そうにゃん」の絵本が置かれている。眠れないこどもに読み聞かせできるようにという気配りを感じる

  • 部屋の窓から京急線、京浜東北・根岸線、横浜線、東海道線、横須賀線を眺められる

  • 横浜~二俣川間のATS設置をアピールする広告。1969(昭和44)年度には全線にATSを設置する旨を謳っている

  • 写真にはそれぞれ番号が割り振られており、部屋に備え付けられた写真説明と照らし合わせて楽しめる

  • 最新車両21000系の写真もある。よく見ると、行先表示が相鉄・東急直通線の新横浜行に。開業前の現在では貴重な表示といえる

「相鉄線今昔 鉄道コンセプトルーム」の目玉のひとつが、相鉄線で活躍した7000系の部品を活用した運転台のモックアップ。ブレーキハンドルやマスコンハンドルはもちろん、ドアスイッチやスタフのレプリカまで用意されている。運転席に座ると、目の前に液晶テレビがあり、相鉄線の前面展望動画を見ながら操作できる。

その他、かつて貨物輸送・米軍重油輸送等で活躍した電気機関車の銘板や各種ヘッドマークをはじめ、相鉄ファンにはたまらない展示も多数。一般に出回ることのない20000系・21000系の技術資料まであり、夜通し鉄道談義に花を咲かせることができそうだ。

  • 7000系の部品を活用して再現された運転台。各ハンドルを操作すると、重みを感じる

  • 液晶テレビには相鉄線の前面展望や運転操作動画が流れ、運転士になったような臨場感を得られる

  • 木材をふんだんに使った温もりのある外観。ナンバープレートのほか、製造銘板なども設置されている

なお、料金は通常1泊7万6,000円だが、キャンペーン価格として当分の間、1泊1万2,000円で販売するとのこと。

こどもたちから相鉄ファン・鉄道ファンまで、多くの人々の心に残る部屋になると思われる「相鉄線今昔 鉄道コンセプトルーム」。相鉄フレッサインの担当者によれば、12月1日に予約を開始したところ、来年1月10日まで予約がいっぱいの状況だという。来月以降も土日を中心に予約が埋まりつつあるそうで、早めに予約しておきたいところだ。