映画「TANG タング」第1弾チラシ

二宮和也(嵐)が主演を務める映画「TANG タング」の公開月と第1弾チラシが発表された。

「TANG タング」はイギリスの作家、デボラ・インストールのベストセラー小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」をモチーフに、三木孝浩監督が実写化した映画。ゲーム三昧で妻に捨てられた春日井健がある日、記憶をなくした迷子のロボット“タング”と出会い、冒険に出かける姿を描く。二宮は主人公の春日井役を担当する。

本作は2022年8月に公開されることが決定。第1弾チラシにはナップサックを背負った春日井と、古めかしい時計を斜め掛けしたタングが手をつなぐビジュアルが使用されている。このチラシは11月26日から上映予定の映画館で随時配布される予定だ。このほか三木監督の新たなコメントも公開された。

三木孝浩 コメント

妻に家を追い出されたダメ男・健の元にやってきたのは自分以上に世話の焼けるポンコツロボットのタング。
でも何にも出来ないタングはある意味、見る人の心を反射する映し鏡のような存在でもあります。
自分が見ないふりしてきたとこ、嫌なとこ、でも愛すべきとこ。
映画を見てくださる皆さんも、健&タングと共に、ほんのちょっと自分の心と向き合いつつ、二人の大冒険を楽しんでいただけたら嬉しいです。

Based on "A ROBOT IN THE GARDEN" by Deborah Install Copyright (c)2015 by Deborah Install Licensed by Deborah Install c/o Andrew Nurnberg Associates, London through Tuttle-Mori Agency, Inc. ,Tokyo (c)2022映画「 TANG 」製作委員会