ビジネスシーンでよく聞く「ご指導ご鞭撻」という言葉。正しく理解できていますか? 格式ばった挨拶によく用いられる言葉のため、日常生活ではほとんど登場せず、意識することは少ないかもしれません。

でもビジネスパーソンならしっかり意味を把握しておきたいですよね。この記事では「ご指導ご鞭撻」の読み方や意味、使うシーンなどをご紹介します。例文も併せて紹介しますので、最後まで読んでビジネスマナーを身に付けてください。

  • 「ご指導ご鞭撻」の意味について

    ビジネスシーンでよく使われる言葉なのでしっかりとマスターしておきましょう

「ご指導ご鞭撻」とは

「ご指導ご鞭撻」は「ごしどうごべんたつ」と読みます。どのような意味で、どのようなシーンで使われる言葉なのでしょうか。順番にみていきましょう。

「ご指導ご鞭撻」の意味とは

「ご指導ご鞭撻」の指導は分かっても、鞭撻とはどういう意味なのでしょうか。鞭撻とは「努力するように強く励ましたり、厳しく指導したりすること」という意味です。ちなみに指導とは、「ある目的や方向へ教え導くこと」を指します。

つまり「ご指導ご鞭撻」とは、未熟な者を強く励ましながら目的に向かって導くという意味が込められています。指導や鞭撻という言葉に「ご」を付けることで、尊敬語となっています。

実際には「ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申しあげます」などと表現します。

よく使われるシーンとは

「ご指導ご鞭撻」という言葉は、ビジネスシーンにおける異動先での挨拶、結婚式や宴会での挨拶、年賀状の挨拶でよく耳にしたり目にしたりします。話し言葉としても、書き言葉としても使えます。

尊敬語のため、使う相手は上司や顧客など目上の人です。

よく使われる言い回し

「ご指導ご鞭撻」は、前と後ろに付ける言葉がある程度決まっています。言い回しを押さえておきましょう。

  • 今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
  • これからもご指導ご鞭撻賜(たまわ)りますようお願い申し上げます。
  • これからもご指導ご鞭撻いただけますと幸いです。

「ご指導ご鞭撻」の英語表現は

「ご指導ご鞭撻」をそのまま表現する英語はありませんが、指導は「teaching/instruction/guidance」、鞭撻は「encourage/encouragement」を使うことができます。

  • I would appreciate it if you could help me and encourage me.
  • I look forward to your instruction and encouragement.
    (ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします)
  • 「ご指導ご鞭撻」の意味について

    英語表現も一緒に覚えておきましょう

「ご指導ご鞭撻」の言い換え表現

「ご指導ご鞭撻」は少し固い印象のある言葉なので、いくつか言い換え表現を知っておくと便利です。

ご指南

指南とは、武芸などを教え示すこと、指導することという意味です。剣道や空手といった武道や、演奏や美術といった芸術分野に対して使います。

  • 武道家に憧れ入部いたしました。ご指南のほどよろしくお願いいたします。

お導き

導くとは、目的の場所まで連れていくという意味です。教えを乞うと同時に、目標達成に力を貸してほしいという気持ちを込めることができます。

  • 優勝を目指してお導きいただけますようお願い申し上げます。

ご教示

教示とは漢字が示すとおり、教え示すことという意味です。

  • このテーマについて先生のご教示を賜りたく存じます。
  • 「ご指導ご鞭撻」の言い換え表現について

    似た表現を知ってボキャブラリーを増やそう

「ご指導ご鞭撻」を使う際の注意点

「ご指導ご鞭撻」を使う際は、最低限のマナーを踏まえておきましょう。

今後、関係のなくなる人には使わない

前述の通り、「ご指導ご鞭撻ください」とは「これからも指導をお願いします」という意味です。今後も関わるということが前提のため、転職や転居を控えている人に対して使うと不自然なこともあります。

お世話になった先生や上司など、これからも関係が続くだろうと見込む人に使うのは問題ありません。

具体的な意見が欲しいときは別の表現を使おう

「ご指導ご鞭撻」は、格式ばった挨拶に用いられる定型句です。日常で使うことはほとんどありません。日常の業務などで「この企画書についてご指導ご鞭撻よろしくお願いします」というのは不自然。「この企画書について気になる点をご指摘ください」などとしましょう。

  • 「ご指導ご鞭撻」を使うならココに注意!

    「ご指導ご鞭撻」は今後ともよろしくお願いしますという意味です

「ご指導ご鞭撻」を使うシーンと例文

最後に、「ご指導ご鞭撻」を使うシーンと具体的な例文を紹介します。

■社内で異動するときの挨拶
1年という短い期間でしたが、大変お世話になりました。部署は変わりますが、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

■プロジェクト終了時の打ち上げ
諸先輩方からのご指導ご鞭撻により、プロジェクトを達成させることができました。この場を借りて御礼申し上げます。

■上司に送る年賀状
昨年は公私にわたりお世話になりました。今年も引き続き、ご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。

■結婚式でのスピーチ
まだまだ未熟な2人ではございますが、今後ともご指導ご鞭撻いただけますと幸いです。

  • 「ご指導ご鞭撻」を使う場面と例文をチェック!

    「ご指導ご鞭撻」を使う挨拶をスラスラ言えるようになりましょう

「ご指導ご鞭撻」は謙虚な姿勢を表明できる言葉

「ご指導ご鞭撻」という言葉を掘り下げてきました。「これからも成長したい」という謙虚な気持ちを伝えられる言葉として、ビジネスシーンでは異動や退職の挨拶として定番。いつか使う日が来るかもしれませんね。