「伯父」と「叔父」、読むことはできても違いを説明できる人は少ないのかもしれません。意味を正しく理解しないまま使用すると、本来の意図とは異なって伝わってしまう可能性があります。

本記事では伯父と叔父の違いについて、例文などを交えてご紹介。「小父」や「伯母」「叔母」についても説明します。

  • 伯父と叔父、それぞれの意味は?

    伯父と叔父、正しく使えるようにしましょう

伯父と叔父、それぞれの意味は?

伯父も叔父も、呼び方は同じ「おじ」です。そもそも「おじ」とは父母の兄弟のことです。 それでは伯父と叔父とではどのような違いがあるのでしょうか。

伯父の意味

伯父とは、父母の兄にあたる人のことです。1人いても2人いても、どちらの人のことも伯父と呼びます。兄ではなく姉の場合は「伯母(おば)」と呼びます。この伯母の結婚相手も、伯父となります。

まとめると、伯父は「自分の父母の兄、または自分の父母の姉と結婚した男性」のことです。

叔父の意味は?

叔父とは、父母の弟にあたる人のことです。この場合も、1人いても2人いても、どちらの人も叔父です。弟ではなく妹の場合は「叔母(おば)」と呼びます。この叔母の結婚相手も、叔父となります。

叔母の結婚相手の叔父が、仮に父または母より年上だったとしても、呼び方は叔父です。あくまでも「親の弟かどうか」で判断します。

まとめると、叔父は「自分の父母の弟、または自分の父母の妹と結婚した男性」を指します。 また、伯父も叔父も「義理の伯父(叔父)」などとは呼ばないので注意しましょう。

伯父と叔父の丁寧な呼び方

尊敬を表す「上」や敬称の「様」、またはどちらも付けて呼びます。尊敬を表す「お」や「御」を付けて「お伯父様」などとはしないので注意しましょう。

例:伯父上、伯父様、伯父上様
  叔父上、叔父様、叔父上様

  • 伯父と叔父、それぞれの意味は?

    父母の兄なら伯父、弟なら叔父です

伯父と叔父、使い分けが必要なのは

日常では平仮名で「おじ」と書き、とくに区別しないことがほとんどです。ただし注意が必要なのが、結婚式などのフォーマルな場における席次表です。「新郎伯父」「新婦叔父」などと表記するため、正しく表記しなければなりません。伯母と叔母も同様です。

なお、親族関係の遠近を表す親等は、伯父も叔父もどちらも3親等です。親等に性別や年齢は関係なく、伯母と叔母も同じ3親等です。

「伯」と「叔」の違いは古代中国の「字(あざな)」が由来

伯父、叔父と表記するのには、儒教の考え方が影響していると言われています。中国では古くから、親に付けてもらった名前を大切にする風習があり、日常ではあまり気安く使いませんでした。そのため本来の名前とは別に、現代でいうニックネームのような「字(あざな)」が付けられていたのです。

その字も、儒教の教えによって兄弟間の上下関係を明確にするために、以下のような漢字を使っていたとされています。このような習慣が中国から日本へ伝わり、伯父、叔父という漢字の区別はその名残だと考えられます。

長男:「伯」
次男:「仲」
三男:「叔」
末っ子:「季」

  • 伯父と叔父の使い分け

    フォーマルなシーンでの漢字間違いに注意

伯父と叔父の例文

伯父と叔父の違いについて、理解できたでしょうか? ここからは例文をご紹介します。文章に書くときこそ、伯父と叔父とをきちんと使い分けたいものです。

伯父を使った例文

まず、「伯父」の例文からご紹介します。

「母方の伯父は資産家だ」

「定年退職した伯父が飲食店を始めた」

叔父を使った例文

続いて、「叔父」の例文をご紹介します。

「父よりふたつ年下の叔父と久しぶりにお酒を飲んだ」

「叔父が海外旅行のお土産を持ってきてくれた」

英語ではどちらも「uncle」

英語では、伯父や叔父のような使い分けはありません。どちらも「uncle」と表記します。

・He is my uncle on my mother's side.(彼は私の母方のおじです)

  • 伯父と叔父の例文

    書くときこそ、伯父と叔父の区別をしっかりと

小父の意味は?

「おじ」と読む漢字には「小父」もあります。どのような意味なのでしょうか。

小父とは、血縁関係のない年配男性のことを親しみを込めて呼ぶときに使う言葉です。伯父や叔父と混同してしまいそうですが、小父は率直に言えば「他人のおじさん」という意味です。

子供が友達のお父さんのことを「おじさん」と呼んだりしますよね。これは「小父さん」のことです。「おばさん」も同じで「小母さん」となります。

  • 伯父と叔父の類義語

    「小父」は血縁関係がない年配男性を指します

伯父と叔父を正しく使い分けましょう

伯父と叔父は、「父母の兄か弟か」という明確な違いがあります。会話の際は問題ありませんが、結婚式の席次表などではきちんと使い分ける必要があります。この機会に小父も覚えておきましょう。