女優の夏菜が、主演ドラマ『スイートリベンジ』(フジテレビ・FOD 22日25:05~放送・配信スタート)の原作コミックの表紙に登場した。

  • 原作の表紙(左)と夏菜バージョン (C)フジテレビジョン

このドラマは、FOD発のオリジナルコミックで、大手電子書店・Book Live!年間ランキング女性漫画部門4位を記録した、原案・澤田賢一氏、漫画・柏屋コッコ氏のコミックを実写化するもの。夏菜が演じる主人公のマリコは、普段は冴えない日陰の女で、恋愛とは縁遠そうな地味な女性。しかし、彼女のもうひとつの顔は「株式会社スイートリベンジ」の社長。この会社の稼業は、オトコに酷いフラれ方をしたオンナから依頼を受け、“同じ痛み”をオトコに与えて復しゅうすることだ。

夏菜がコミックの世界観を体現した表紙は、2つの顔を持つ主人公・マリコが裸でキノコに囲まれたセクシーな姿を夏菜が見事に表現している。この表紙の電子コミックは、15日から期間限定で配信。そして15~28日の間は無料で配信される。

また、各話に登場するゲストも発表。「女を弄ぶエリートサラリーマン編」(1、2話)では、オンナ遊びの激しい広告マンのコウイチ役に浅香航大。「年上女をカモにするバーテンダー編」(3、4話)では、目的のためなら女も泣かせる最低ヒモ男のイケメンバーテン、ヒロシ役に柾木玲弥。そんなヒロシに騙されて大金を貢ぎ、衣食住全ての面倒を見るほど陶酔する女、クニコ役に雛形あきこ。「女の弱みにつけ込む不倫オトコ編」(5、6話)では、卑猥なリベンジポルノで女性を思いのままにするズル賢い不倫男タツヤ役に袴田吉彦、そのタツヤに騙され傷つけられた女、リサ役に中村静香が決定した。

さらに主題歌は、劇伴作曲家として国内外で活躍する澤野弘之氏のヴォーカルオーディションで実力を見出され、繊細さと力強さを兼ね備える歌声を持つ個性派女性シンガーとして注目を集めるTielleが書き下ろした「Sweet Love」に決定。

Tielleは「絵の感じからPOPな印象を受けたので、制作チームとともに話し合い、サウンドは POPに、前向きな感じ、でも歌詞や歌い方で『傷ついてゆく心の悲しみや怒り、そして甘さ』を入れ込めたら聞くたびに痛みに沁み込んでいき、共感してもらえるんじゃないか?と思い意識しました。個人的に大人は何歳からとかでは測れないと思っていて、幾つになっても恋愛はエネルギーが要るし、失恋は悲しい。私は“大人女子”という言葉が結構好きで、大人と子どもの間のような危うさ、何事にも迷ってる感じがたまらなく愛おしく思う。そんな迷える恋愛をしている大人女子の日々の生活にこの曲が寄り添えたら嬉しいです」とコメントしている。