俳優の桜田通が23日、カレンダー「MR.SAKURADA」CALENDAR発売記念イベント「桜田園」を都内で開催。イベントに先立ち報道陣の取材に応じた。

  • 桜田通

桜田は、20代ラストとなるこのカレンダーについて「未来の30代を意識したものを作らせていただきました」と紹介。「20代にやり残したことや29歳だからできるものも話していたんですけど、基本的に未来のことばっかり考えているので、30代にどういう人間になっていきたいか考えたときに、少し自分が背伸びしているような中身のカレンダーになりました」と説明した。

お気に入りのカットは、短パン姿のカット。「私服で短パンをはいたことは20代はほぼなくて、これからも私服ではくことはないと思います。衣装でもそんなに短パンの役は今のところはない。(撮影で)飛び跳ねたりしていて、普段はそんなに活発に体を動かしたりしないので、このシチュエーションだからこそ合わせたファッションになっている」と述べ、「なかなかこれから先、自分でもこういうファッションしないのかなと思ったので、記念としてこのカットは自分の中で気に入りました」と話した。

写真集のような仕様になっているが、「実は1日になっている。1月がベッドから始まって、2月が鏡の前で身支度をしていて、そのあと朝食をとって、車でどこかに行く。1月から12月の間に自分の1日をまとめた」と明かし、「カレンダーなので季節感も意識したので、春夏秋冬が見れますが、1日としても見れて、自分の中の理想の大人の生活が表れていると思います」とアピール。「こんな風に過ごしているんだと思ってもらえたら、そんなありがたいことはない」と言い、「全然こんなかっこいいスマートな1日を過ごせてないです」と笑った。