何卒とは「何卒よろしくお願いいたします」など、お願いの気持ちを丁寧に伝える表現です。主に手紙やメールで使われる表現でありビジネスシーンでも多用されるため、どんな場面で使われる言葉なのかを知り、状況に応じて使いこなすことが大切です。

この記事では何卒の読み方や言葉の意味、使い方を例文とともにご紹介します。日本語のマナーを知り状況にあわせた表現を使いましょう。

  • 何卒とは、強い気持ちを補足する表現

    何卒の読み方や意味を知りその場に適した表現を用いましょう

何卒とは、強い気持ちを補足する表現

何卒の読み方は「なにとぞ」で、代名詞「なに」+格助詞「と」+係助詞「ぞ」からなる副詞です。古くから使われている言葉で「強く理解を求める」「許しを請う」のように挨拶や謝罪を強調したい場合に用いられます。

ビジネスシーンにおける何卒の使い方

何卒は手紙やビジネスメールで用いられる言葉です。何かを行うために手を尽くしていることが強調する目的で、メールの文中にはもちろんメールの最後の締めにも使えます。敬語ではありませんが、格式のある言葉として目上の相手や上司、顧客に使用可能です。

なお、単独で「何卒」と使ったり「なにとぞなにとぞ! 」と繰り返して用いられたりする場合もありますが、これらはあくまでも砕けた用法です。ビジネスシーンでは使わないようにしましょう。

何卒の類語表現

何卒はなんとかして自分の望みを受け入れてもらいたい場合に用いられます。そこで、何卒の類語は話を強調する際に用いられる「ぜひ」「どうぞ」「どうか」「なんとか」などが代表的です。

「何卒よろしくお願いいたします」はやや格式ばった表現で、ビジネスシーンでは丁寧な言い回しとして好まれます。一方、簡単な依頼や親しい間で何卒を用いると、相手に窮屈な印象を与えてしまうかもしれません。

そこで親近感を込めて依頼をしたい場合には、何卒の類語である「ぜひともよろしくお願いいたします」「どうぞよろしくお願いいたします」などを用いるのがおすすめです。

何卒の英語表現

何卒は正確に英訳できる表現がありません。もし何卒を英語で伝えたい場合は「自分のことを理解してくれてありがとう」「~していただけませんか」という表現を使います。

以下に「何卒宜しくお願い致します」の英語表現例をご紹介します。

(例)

  • I appreciate your kind cooperation.
    親切に協力してくれることに感謝します。
  • Thank you for your cooperation.
    ご協力ありがとうございます。
  • Would you please~?
    ~していただけませんか。
  • Best regards.
    (何卒宜しくお願い致します。
  • Sincerely.
    何卒宜しくお願い致します。
  • 何卒とは、強い気持ちを補足する表現

    何卒は使いどころを考えピンポイントで使用しましょう

何卒を使う場合の注意点

何卒は想いを強める言葉だからこそ、使う際は相手に不快な思いをさせないように配慮するのが重要です。

理由を添えてから使う

年末年始の休業のように一般常識の範囲であれば不要ですが、「何卒」と依頼や期待の気持ちを伝えるからには、何故その件が重視されているのかを補足するようにしましょう。

特に先方に協力を仰ぐ場合や謝罪をしたい場合には「相手に何をしてほしいのか」「自社でどこまで努力をしたのか」など具体的な内容を添えるのがマナーだといえます。

一つの文章で多用しない

何卒は文中にも文末にも使えますが、ひとつのメール連絡のなかで何度も何卒が使うと相手にお願いばかりするかたちになります。また、何卒に強調する意味があるにもかかわらず何度も使ってしまうと、どの部分が本当に重要な箇所なのかが分かりません。

メールを受け取った相手に重苦しい印象を与えないためにも、何卒は使い過ぎないことが大切です。

「何卒よろしくお願いします」はバランスが悪い

何卒は謙譲語である「いたす」「申す」などの敬語と組み合わせて使う言葉です。一方「よろしくお願いします」は単なる丁寧語のため、何卒とはうまくかみ合いません。もし強調したい場合には「どうぞ」を用いるのが自然です。

(例)

  • 何卒よろしくお願いいたします。 : 「する」の謙譲語「いたす
  • 何卒よろしくお願い申し上げます。 : 「言う」の謙譲語「申す
  • どうぞよろしくお願いいたします。

応答する際は丁寧な回答を心がける

何卒はメールや手紙などの書き言葉として使われる表現です。もし相手から「何卒よろしくお願いいたします」と言われた場合、返事は「かしこまりました」「承知しました」「お引き受けいたします」のように丁寧な応対を心がけましょう。

  • 何卒を使う場合の注意点

    何卒はどこでも使えるものの使い方にはコツがあります

そのまま使える! 何卒を用いた例文5選

ここでは何卒の活用シーンや実際の文例をご紹介します。

「何卒よろしくお願い申し上げます」

この表現は、ビジネスメールの締めに広く用いられます。自分が言いたいことを何卒で強調しています。

(例 : 事業所の移転)

弊社○○支店は、○月○日から○○市○○へ移転いたします。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

(例 : 贈答品をいただいた場合のお礼)

先日は○○を頂戴しまして誠にありがとうございました。
これからもお客様の信頼にお応えするべく懸命に取り組んで参ります。
何卒ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

(例 : 書類を送付する)

添付書類をご確認いただき、お打ち合わせの機会を頂戴できましたら幸いです。
ご多用の折恐れ入りますが、何卒ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。

「なにとぞ倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます」

年賀状や周年記念など格式ばった内容で用いられます。

なお「何卒」と漢字で表記しても間違いではありませんが、「何卒倍旧」と続くと圧迫感があるため、何卒をひらがなにすると読みやすくなります。

(例 : 年賀状の挨拶)

旧年中は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。
本年もなにとぞ倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

(例 : 周年記念の挨拶)

弊社は○月○日に創立50周年を迎えます。
これを機に社員一同心を新たにして皆様の御期待に添えますよう一層努力してまいります。
なにとぞ倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

「何卒ご了承ください」

休業日や定休日、営業時間のお知らせなど一般的な内容について理解を求めたい場合に用いられます。なお柔らかい印象となるよう「ご了承ください」に「ませ」を添える場合もあります。

(例 : 休業日のお知らせ)

年末年始の営業時間を下記の通り変更させていただきます。何卒ご了承ください。

(例 : 営業時間変更のお知らせ)

当店の営業時間を当面の間9:00~18:00に変更させていただきます。
何卒ご了承くださいませ。

「何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます」

「報酬の入金が確認できない」「必要書類が届かない」など相手に確認をとりたい場合は、相手に不快な思いをさせない配慮をして問い合わせることが大切です。万一自分の勘違いであることを考慮して、相手に謝罪する場合などに用いられます。

(例 : 請求書が届いていない)

本日時点で請求書到着が確認できておりません。お忙しいところ大変恐縮ですが、ご確認ください。
なお、請求書の送付が本メールと行き違いになっている場合は、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

こちらも注目 : メールでやんわりと「催促」するには? - 印象を悪くしないコツを紹介

「何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます」

クレームに対して理解を求めたい場合や商品価格を高くする場合など、自社が相手に明らかな不利益を与えている場合などに用いられます。

(例 : 商品価格を引き上げる)

消費税の改訂に伴い○年○月○日より以下の製品価格を改定させていただきたく、ご案内申し上げます。
(詳細説明)
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

(例 : クレームを受けて謝罪をする)

この度は、貴重なご意見をお寄せいただき誠にありがとうございました。今回お寄せいただきました件を真摯に受け止め、今後の商品開発やサポート・サービスに反映していく所存でございます。
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

(例 : 大雪による配達遅延)

大雪のため配達業務が遅延しております。近隣の方々へは大変ご迷惑をおかけいたしておりますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。なお最新情報につきましては、弊社のホームページにてご案内いたします。

  • そのまま使える! 何卒を用いた例文5選

    気持ちを伝える場合に何卒をうまく活用しましょう

何卒でビジネスを円滑に進めよう

何卒はお願いの意味を強調する表現です。類語の「ぜひ」「どうぞ」などと違い、やや形式ばった言葉。何卒自体は敬語ではありませんが「お願い申し上げます」などの敬語と組み合わせて丁寧にお願いを強調する際に使われます。

何卒はメールの文中や締めで使用可能です。主に書き言葉で使われるため、ビジネスメールなどで上手に活用してみましょう。