僥倖とは「思いがけない幸運」などの意味を持つ言葉です。難しい漢字であり、会話ではあまり使用することがありません。

ただ、公式戦29連勝という快挙を成し遂げた将棋界の新鋭・藤井聡太さんが「連勝できたのは僥倖としか言いようがない」とコメントしたり、福本伸行さんによる漫画『賭博黙示録カイジ』の主人公が僥倖という言葉をことあるごとに使ったりしているため、何となく目にした経験があるという人もいるでしょう。

本記事では、そんな僥倖の読み方や意味、類語などを紹介していきます。

  • 桜の花を愛でる様子

    僥倖とは幸運という意味を持つ言葉です

僥倖の意味

僥倖には、「偶然的な幸運」「幸運を願うこと」などの意味があります。僥倖の「僥」は訓読みで、「もとめる」「ねがう」と読みます。そして「倖」には「幸い」「思いもよらぬ幸運」などの意味があります。

この「僥」と「倖」を結び付けた言葉が僥倖です。「本来手に入らない幸運が思いがけず手に入る」というニュアンスの言葉と言えます。

行幸との違い

僥倖と行幸は同じ「ぎょうこう」という読み方をしますが、意味は異なります。行幸は「天皇が外出される」という意味であり、僥倖のように幸運に関する要素がありません。僥倖と同じ読み方のため、変換ミスには注意しましょう。

  • パソコン作業をしている様子

    僥倖の意味を知りましょう

僥倖の使い方

僥倖は、名詞的表現として「偶然的な幸運」という意味で使うこともありますが、動詞的に「僥倖する」という表現方法もあります。意味としては「幸運が舞い込んでくるのを待ち願う」などがあります。

例えば仕事において、納期が近い時期にトラブルにより状況が厳しい場面などで、予想外の幸運を願う際に「僥倖する」という使い方ができます。

僥倖を使った例文

僥倖のような難しい言葉を上手に使いこなすには、例文ごと覚える方法が効果的でしょう。例文としては

  • 会社の窮地を救ってくれた彼と知り合えたことは、まぎれもない僥倖である
  • 僥倖を願う
  • 300円で買った宝くじが10万円に化けたのは僥倖だ

などがあります。

  • 悩んでいる学生

    僥倖を使った例文を覚えて役立てましょう

僥倖の英語表現と例文

グローバル化が進む昨今、職場においても英語のスキルが求められるようになっています。外資系企業に勤める人とのやりとりなどで英語によるメールが必要なシーンも出てくるでしょう。ここでは僥倖の英語表現について説明していきます。

英語では「unexpected piece of good luck」

僥倖は「思いがけない幸運」という意味で、英語では「unexpected piece of good luck」と表現します。「unexpected」は「意外・思いがけない」、「good luck」は「幸運を」という単語です。

文脈や会話の種類によっては「good luck」のみや、同じ幸運という意味の「fortune」「chance」「lucky」などでもいいでしょう。

僥倖の英語表現を使った例文とは

僥倖は、いくつかの方法で英語表現が可能です。

  • He was saved by an unexpected piece of good luck.(彼は僥倖にも救われた)
  • We did not expect this piece of good luck.(この僥倖は予想外だ)
  • It’s just like a good luck.(まさにこれは僥倖である)

僥倖の類語

熟語には似たような意味を持つ類語があります。類語を知ると語彙力がアップし、表現の幅が広がります。会話や文章を書く際に知性が光るポイントになるため、言葉を覚えるときは類語も一緒に覚えましょう。

ここでは「好ましい運」という意味を持つ類語と「金銭的で偶然的な幸運」という意味を持つ類語を紹介します。

好ましい運という意味を持つ類語

僥倖の類語で「好ましい運」という意味を持つ言葉は「利運(りうん)」「好機(こうき)」などがあります。カタカナ語では、運のよさや縁起のよさを表す「ラッキー」も類語として該当するでしょう。

金銭的で偶然的な幸運という意味を持つ類語

「紛幸(まぐれざいわい)」「零幸い(こぼれざいわい)」「儲けもの」「棚牡丹(たなぼた)」「勿怪の幸(もっけのさいわい)」などがあります。

どの類語も、金銭が関わる場面での嬉しい出来事を意味しています。場面によって僥倖ではなく類語を使うこともあるため、文脈に合った言葉を選びましょう。

  • パソコンを見ながらメモを取る人

    僥倖の類語を知って知識を深めましょう

僥倖の対義語について学ぼう

僥倖の対義語は「災難(さいなん)」「奇禍(きか)」「不幸(ふこう)」「難儀(なんぎ)」「災厄(さいやく)」などがあります。

災難や不幸はよく使われる言葉ですが、奇禍、難儀、災厄はあまり使用しないはずです。奇禍は「思いがけない災難」、難儀は「苦しみ悩むこと」、災厄は「災難」という意味の言葉なので、僥倖の対義語としてセットで覚えておきましょう。

僥倖の意味を理解し正しく使おう

僥倖とは日常的に使う言葉ではありませんが、ビジネスシーンでも重宝する言葉です。偶然的な幸運が舞い込んだときに「僥倖です」などと返すと、知的な印象を与えるでしょう。

また、僥倖をビジネスシーンで使う場合、英語で表現するケースもあるでしょうから、この機会に覚えておくとよいでしょう。使う場面が来たときのため、僥倖の意味を理解して正しく使いましょう。