「鑑みる」という言葉をご存知でしょうか。鑑みるとは「先例や他の事例などに照らし合わせて考える」という意味の言葉です。仕事でも日常生活でも、使用する場面は幾度となくあるかと思いますが、中には間違った使われ方をしている場面も多く見られます。

本記事では、鑑みるの意味や読み方をはじめ、シチュエーション別の使い方や類語、さらには英語表現についても紹介していきます。正しく理解して使いましょう。

  • ボードの張り紙を見る男性

    鑑みるとは規範などに照らし合わせて考えるという意味の言葉です

鑑みるの読み方

鑑みるの読み方は「かんがみる」です。「鑑」という字は音読みでは「カン」、訓読みでは「かがみ」と読みます。元々は「鑑る」と書き「かがみる」と読んでいたものの、これが変化していき「かんがみる」となったと言われています。訓読みでは「かがみ」と読みますが、「鏡」という字ではないため注意しましょう。

鑑みるの意味

鑑みるという行為は「先例や他の事例、手本などを参考にして考える」という意味が示すように、単純に思いを巡らせているだけではありません。「あの人は教師の鑑だ」などの言葉からもわかるように、「鑑」には「模範」や「手本」といった意味があります。その一文字を動詞に転じさせた言葉が「鑑みる」だと言われています。

似たような意味を持つ言葉に「省みる」がありますが、「省みる」は反省のニュアンスが含まれます。鑑みるは手本を見習うような意味合いが強く、反省の意味合いは通常、ありません。

「心にとどめ考える」「過ぎ去ったことを思い起こす」という意味合いを持つ「顧みる」も鑑みると意味合いが似ている部分がありますが、何らかの先例や模範を踏まえて考えるという要素が欠落している点が、鑑みるとの決定的な違いと言えるでしょう。

  • 頭を抱えて悩んでいる学生

    鑑みるの意味を正確に理解しましょう

鑑みるを使うときの注意点

鑑みるという言葉を使用するときには「~に鑑みる」という言い方が一般的ですが、似たような使い方をして間違っている場合もあるため、注意が必要です。鑑みるを使うときの注意点を理解し、正しく使いましょう。

「に」と「を」の違いに注意

鑑みるは、「~に鑑みる」が正しい使い方です。一方で、「に」という助詞を「を」に変えた「~を鑑みる」という誤った使い方をされるケースがあります。

鑑みると似た意味を持つ「照らし合わせる」という言葉は、「○○に照らし合わせる」のように「に」とのセットで使われます。「失敗を鑑みる」のように「を」を使うと、照らし合わせる手本がないため誤用となります。鑑みるを用いる際は「に」と一緒に使うと覚えておきましょう。

鑑みるを使った例文

誤用も多い「鑑みる」という言葉を正しく使うには、実際に鑑みるを用いた例文を知るとよいでしょう。鑑みるを使った例文をシチュエーション別に紹介します。それぞれの使い方を見ていきましょう。

会話シーンでの使い方

日常会話で「鑑みる」を使用する機会はあまり多くはありませんが、たとえば何かを議論する場などでは使用される表現でしょう。

  • 例の案件は過去のイベント事例に鑑みた上で対応すべきだ
  • これまでの状況に鑑みると、彼の言っていることは正しかったと思う

ビジネスシーンでの使い方

状況や先例などから物事を判断していくビジネスにおいては、鑑みるが使われる機会は多いでしょう。

例文としては、

  • 前例に鑑みると、今回の案件は大きく改善の余地があるでしょう
  • チームとしてうまく連携が取れなかった先週の事情に鑑みて、今週は人員を増やしてほしい
  • 去年の実習内容の事例に鑑みるべきだと思います

などがあげられます。

会議シーンでの使い方

会議では会社の経営や今後について協議されるケースが往々にしてあります。そのような際は先例を参考に比較することが多いため、鑑みるを使う機会が必然的に増えると考えられます。

例文としては

  • 他社の福利厚生への取り組みに鑑みて、我が社も改善する必要があります
  • 不安定な情勢に鑑みると、楽観視できません
  • 先月の売り上げに鑑みて、当初予定していた予算を大幅に引き下げることを提言します

などです。

鑑みるの類語とは

鑑みるの類語も一緒に覚えれば、語彙が広がり表現に幅を持たせられます。 鑑みるの類語には「顧みる」「踏まえる」「考慮する」などがあります。状況に応じて使い分けましょう。

■顧みる

顧みる(かえりみる)とは、「過ぎ去ったことを思い起こす」「心にとどめて考える」「振り返って見る」という意味の言葉です。過去を引き合いに出す点で、鑑みるの類語と言えるでしょう。

ただし、顧みるとは過去の出来事などを思い返すことや、気にかけるときに使われる言葉です。先例や規範に照らし合わせるときに使う鑑みるとは、ニュアンスの違いがあるでしょう。

■踏まえる

踏まえるは、「過去を考える」「しっかりと足で踏む」「根拠とする」「判断のよりどころにする」「配慮する」などの意味を持つ言葉です。過去を考えたり判断のよりどころにしたりすることが、鑑みると類似した表現になるでしょう。

比較対象がある点で共通していますが、踏まえるは基準として現状を判断する意味として使われます。前提とするか参考にするかという点において、鑑みるとの相違があるでしょう。

■考慮する

考慮するとは、さまざまな要素を含めて物事をよく考える、配慮するという意味の言葉です。よく考えるという点で、鑑みるの類語に該当するでしょう。

しかし、考慮するは、判断や行動をする前によく考えることを表しているため、先例や規範など参考にする対象がなくても使用できる言葉です。参考の対象となる先例があるかないかで使い分けましょう。

  • 黒板に何かを書こうとしている学生

    鑑みるの類語を知りましょう

鑑みるの英語フレーズ

英語では「In view of~」という表現があてはまります。

  • 例文としては

「The project is abandoned in view of the past situation」(過去の状況に鑑みて計画を中止する)

「In view of her failure, we should work out a new approach」(彼女の失敗に鑑みて、私達は新たな方法で解決しなければなりません)」

などがあります。

鑑みるを理解し正しく使えるようになろう

鑑みるは先例や規範に照らし合わせて考える意味の言葉です。類語もありますが、ニュアンスの違いがあるため状況に応じて使い分けましょう。

また、「~を鑑みる」という使い方は誤用で、正しい使い方は「~に鑑みる」であることも覚えておく必要があります。特にビジネスシーンでは使われる場面が多いため、正しく理解して使えるようになりましょう。