ハイパフォーマーとは生産性の高い人材という意味です。業務に必要なスキルや経験を豊富に持っており、それらのノウハウを駆使して、優れたパフォーマンスができる人材です。本記事ではハイパフォーマーの持つ特徴を紹介します。

  • ハイパフォーマーの特徴

ハイパフォーマーの特徴

ハイパフォーマーには優れた特性がたくさんあります。その一つひとつを正しく理解して、ハイパフォーマーを目指しましょう。

行動力がある

ハイパフォーマーが高い実績を残せるのは、業務に対する対応が早いからです。仕事のために動き出すのが誰よりも早いため、クレームやミスの対応にも迅速に対処します。失敗からの立て直しも早いため、ミスさえも良い結果を残すための糧としてどんどん吸収していきます。

ポジティブシンキングである

ハイパフォーマーは楽しく仕事をしている人が多いです。仲間を大切にして、チーム全体を底上げしようと周囲の人々に親切に対応しています。仕事を楽しんでいるため、失敗やミスにくじけることも少なく、他人も自分も責めずに、常に前向きに取り組んでいます。

コミュニケーション能力が高い

ハイパフォーマーは、チームや仲間と協力し合って物事を進められるため、高い成果を上げやすい人材です。1人では無理な仕事も大勢の協力があればスピーディーに成し遂げられます。コミュニケーション能力が高いハイパフォーマーは、人間関係を作り上げるのが上手です。仲間を集めてチームワークを形成し、難しい業務も短時間でこなしていきます。

素早くフィードバックする

ハイパフォーマーは、レスポンスも速く、指示を待っているだけでなく、言われたらすぐに行動して、それ以上のパフォーマンスを返します。スピード感はビジネスを行ううえで非常に大切なスキルと言えるでしょう。また、フィードバックの内容も、相手が満足する結果を返すでしょう。

高い目標を持っている

ハイパフォーマーは、高い目標を早い段階で達成する特徴を持っています。常に自分を鼓舞しながら、より高い業績へ向かって邁進しています。そのために、通常よりも高い目標を掲げてそれを実践していきます。

また、目標達成が早いハイパフォーマーはその分、仲間や部下のフォローや失敗に対する対処をしてチーム全体の底上げをしながら、周囲の人間に対する配慮も怠らないようにしています。

結果にこだわる

ハイパフォーマーは常に成果のみに着目しており、過程よりも結果にこだわります。ハイパフォーマーになりたいと考えているのであれば、ビジネスに対する努力や姿勢に目を向けるのではなく、結果を出す工夫をするべきでしょう。

自分の意志を持っている

ハイパフォーマーは仕事を進めていく中で、自分の意見をしっかり発言できる強い意志力があります。「このプランを絶対に成し遂げる」「成功させる」という強い想いが周りの人間を動かし、困難を乗り越えさせます。ハイパフォーマーがはっきりとしたビジョンを打ち出し、チーム一丸となって高い成果を上げていきます。

ハイパフォーマーを育成するために重要なポイント

自分が所属する組織やチームにハイパフォーマーを欲したところで、そう都合よく出現はしてくれません。ハイパフォーマーを育成するためには、どのようなポイントに注意していけばいいのかを紹介します。

  • ハイパフォーマーを育成するために重要なポイント

    ハイパフォーマーを育成するために重要なポイント

信頼して任せてくれる上司

ハイパフォーマーを育成するためには、上司が部下を信頼する必要があります。

失敗を乗り越えて人は成長していきます。上司は、部下に仕事を任せて育成を行いましょう。上司が作業した方が早く完璧に終わる仕事でも、部下に任せて成長を見守りましょう。それが部下自身のスキルアップにもつながります。

明確な期限を設けて優先順位や失敗を共有・フォローしながら、中間報告を受けつけて指導していきましょう。

チームのポジティブな雰囲気

失敗しても今だけを見つめて、「必ず問題を解決できる」という強い気持ちが保てる雰囲気作りが重要です。

ハイパフォーマーの特徴にポジティブな点があげられます。それは、チーム全体でも言えることで、ビジネスに常につきまとう挫折や失敗、敗北や低迷、ミスや困難にいつまでもこだわらずに、「今、自分に何ができるか」を粘り強く追及できる環境が必要でしょう。

ハイパフォーマーを目指そう

これまで、ハイパフォーマーの特徴や、育成のポイントについてご紹介してきました。

ハイパフォーマーの特徴をつかむことで、彼(女)らから学びながら、業績を向上させるビジネスマンへと変化できます。自身のスキルと人間性を向上させ、業績を伸ばし社会に貢献できるハイパフォーマーを目指しましょう。