プレッシャーを感じる場面で体が思うように動かなかったり、思考が停止してしまったりした経験を持つ人も少なくないでしょう。一方で、常に結果が求められるプロアスリートのように、プレッシャーを克服して己の力に変えることができる人たちもいます。では、私たちはどのようにプレッシャーと向き合えばいいのでしょうか。

本記事では、プレッシャーを感じやすい方の性格特性や日頃の積み重ねでできるプレッシャーに打ち勝つための手法について解説していきます。

  • プレッシャーとは

    プレッシャーを感じやすい人の特徴やプレッシャーの克服法などを紹介します

プレッシャーの正体

プレッシャーを感じる場面は、仕事上・日常生活でも多々あると思います。一般的にプレッシャーという言葉は、周囲の期待などから来る精神的な重圧を指します。それに対して、ストレスは、外部からの攻撃なども含めた要因による、精神的な苦痛や身体的影響を指します。つまり、プレッシャーはストレスの要因の一つとも考えられます。

プレッシャーをはじめとする何らかのストレス要因(ストレッサー)を抱えているとき、人はコルチゾールというホルモンが副腎皮質から分泌されます。コルチゾールは身体や脳のエネルギー効率を良くしてくれるホルモンであり、心身がストレスを受けると急激に分泌が増えることから、「ストレスホルモン」とも呼ばれています。

しかしながら、過剰なプレッシャーを受け続けると、ストレスにより、コルチゾールの分泌が慢性的に高くなり、これが不眠症などの精神疾患、生活習慣病などのストレス関連疾患の一因ともなりうると言われています。プレッシャーの正体は、このコルチゾールの分泌過多とも言えるでしょう。

プレッシャー自体にプラスもマイナスもない

プレッシャーの捉え方として、それ自体にはプラスもマイナスもありません。フラットです。ただし、考え方や捉え方一つでプレッシャーはプラスにもマイナスにも変えられます。

プレッシャーは悪いものとして、「失敗したら取り返しがつかない」というマイナスの考え方や捉え方をすると、プレッシャーはマイナスに働きます。一方で、プレッシャーは自分を成長させてくれる良いものとして、「失敗してもやり直せばいい」というプラスの考え方や捉え方をすると、プレッシャーはプラスに働きます。

つまり、考え方や捉え方次第で、プレッシャーを味方につけることも可能なのです。

プレッシャーを感じやすい人の性格

続いて、プレッシャーを感じやすい人の性格を紹介していきます。

  • プレッシャーを感じやすい人の性格

    プレッシャーを感じやすい人の性格

せっかちな性格

せっかちな性格の方は、些細なことでイライラしやすい傾向があります。感情のコントロールが苦手なことから、自己評価が低くなり、プレッシャーを感じやすくなるとされています。

完璧主義な性格

完璧主義な性格の人は、完璧に物事を進めることに執拗にこだわる傾向があります。常に完璧な状態を求めてしまうため疲れやすく、プレッシャーを感じやすくなってしまいます。

責任感が強い性格

責任感が強い性格の人は、そうでない人に比べ物事や課題を抱え込んでしまう傾向があります。強い責任感からくる自責思考があるため、プレッシャーを感じやすくなってしまいます。

心配性な性格

心配性な性格の人は、些細なことや未来のことまで過剰に心配する傾向があります。他者からの評価にも敏感であるため、プレッシャーを感じやすくなってしまいます。

自分の気持ちを言えない性格

自分の気持ちを言えない性格の人は、自分の中だけで感情を整理しようとするため、物事をひとりで抱え込みやすい傾向があります。何かトラブルに見舞われた際にも人に相談することができず、プレッシャーを感じやすくなってしまいます。

負けず嫌いな性格

負けず嫌いな性格の人は、周囲に対して強い競争心を持っている傾向があります。他者の評価を気にしすぎるあまり、プレッシャーを感じやすくなってしまいます。