9月になるとファーストフード店に続々と登場する月見バーガー。今年も各社からオリジナルの月見バーガーが販売され、種類が多くて迷うほど「月見○○」や「○○月見」の文字が躍る。実際月見バーガーって何が一番美味しいの? という疑問を解消すべく、現在販売されている月見バーガーを食べ比べてみることにした。

  • 2020年月見バーガー食べ比べ!

    2020年月見バーガー食べ比べ!

月見7商品を食べ比べ!

今回の食べ比べに参戦するのはマクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、ロッテリアの3社、7商品。商品名に「月見」が入ったバーガーをチョイス。

<食べ比べる月見バーガー一覧>

●マクドナルド
「月見バーガー」(税込340円)
「チーズ月見」(税込370円)
「濃厚ふわとろ月見」(税込390円)

●ケンタッキー・フライドチキン
「とろ~り月見チキンフィレサンド」(税込460円)
「とろ~り月見和風チキンカツサンド」(税込460円)

●ロッテリア
「半熟月見 ロッテリア クラシックバーガーJr.」(税別490円)
「半熟月見 絶品チーズバーガー」(税別460円)

  • 上段はマクドナルド、下段左からロッテリア2つ、KFC2つ

    上段はマクドナルド、下段左からロッテリア2つ、KFC2つ

パッケージはこんな感じ。すでにパッケージから個性を感じる。マクドナルドは商品ごとにカバーカラーが異なり、ケンタッキーフライドチキンはでかでかと月見の文字。ロッテリアはそれぞれ全く別の包みだった。

断面比較

食べ比べる前にまずはバーガーの断面を見てみよう。ハンバーガーを真っ二つにしてみた。

  • 真っ二つ! 黄身があふれてくるものも

    真っ二つ! 黄身があふれてくるものも

切った瞬間からたまごがとろけだしてきたのは“とろ~り”月見のケンタッキーフライドチキンの2つ。バンズがしっかりとしていて肉も大きく一番切るのが難しいのがケンタッキーのバーガーだった。

マクドナルド

  • 左からチーズ月見、月見バーガー、濃厚ふわとろ月見

    左からチーズ月見、月見バーガー、濃厚ふわとろ月見

それではいざ実食! まずは王道のマクドナルドから。3商品に共通する特徴はクリーミーなオーロラソース。マックらしいジャンキーな味わいで、がっつり主張する肉感を味わえる商品がそろう。

【月見バーガー】

  • 「月見バーガー」(370円)

    「月見バーガー」(税込340円)

  • たまごの黄身は固め、オーロラソースがたっぷり

    たまごの黄身は固め、オーロラソースがたっぷり

ビーフパティに丸く焼かれたたまご、そしてベーコンと肉肉しい味わい。ぷるぷるしながらも固めのたまごは食べ応えもあり、クリーミーでクセになる味わいのオーロラソースの印象が強い。

【チーズ月見】

  • 「チーズ月見」(税込340円)

    「チーズ月見」(税込370円)

  • チーズが逃げ出すほどとろけていた

    チーズが逃げ出すほどとろけていた

こちらは月見バーガーにチーズが追加されたもの。マクドナルドらしい風味強めのチーズがしっかりと主張していて、オーロラソースと合わさってかなりジャンキーな味わい。もちろん肉もしっかりと主張してくるので、ガツンとファーストフード店の感覚を楽しみたいならこれかもしれない。

【濃厚ふわとろ月見】

  • 「濃厚ふわとろ月見」(税込390円)

    「濃厚ふわとろ月見」(税込390円)

  • 肉の下のスクランブルエッグ風フィリングはふわとろ~

    肉の下のスクランブルエッグ風フィリングはふわとろ~

月見部分のたまごにふわふわとろとろなスクランブルエッグ風フィリングとダブルでたまごを味わえる。かなりたまご感が濃厚だ。ふわとろなフィリングはバターの風味を感じられ、チーズやベーコンの塩味をたまごとバンスの甘みが包みこんでくれて飽きることなく食べられる。バンズは他の2つとは違い、もちもちっとした食感だった。

ケンタッキーフライドチキン

  • 左からとろ~り月見チキンフィレサンド、とろ~り月見和風チキンカツサンド

    左からとろ~り月見チキンフィレサンド、とろ~り月見和風チキンカツサンド

続いては、ケンタッキーフライドチキン。通常は「チキンフィレサンド」「和風チキンカツサンド」として販売されている2商品が、期間限定で月見仕様になっているようだ。フライドチキンが有名な店らしい上質なチキンはかなりボリューミー。

【とろ~り月見チキンフィレサンド】

  • 「とろ~り月見チキンフィレサンド」(税込460円)

    「とろ~り月見チキンフィレサンド」(税込460円)

  • チキンフィレがとにかく大きい! たまごはとろとろ

    チキンフィレがとにかく大きい! たまごはとろとろ

バンズ、チキンフィレ、目玉焼きとそれぞれが大きく全体として縦にボリュームがある。分厚い目玉焼きから溢れる黄身がチキンと絡み、オリーブオイル入りで酸味の少ないマヨネーズとよく合う。シャキシャキのレタスも挟まれ、食べ応えのあるバーガーだった。

【とろ~り月見和風チキンカツサンド】

  • 「とろ~り月見和風チキンカツサンド」(税込460円)

    「とろ~り月見和風チキンカツサンド」(税込460円)

  • 染み染みのチキンカツが美味。キャベツもたっぷりと

    染み染みのチキンカツが美味。キャベツもたっぷりと

甘みの強いテリヤキ醤油味がしみ込んだチキンカツに、とろんとした半熟卵、まろやかなツンとしないマヨネーズの味が合わさりかなり美味。全体的に甘めの印象だが、カツの厚みがしっかりとあって、食べ応えも申し分ない。

ロッテリア

  • 左から半熟月見 絶品チーズバーガー、半熟月見 ロッテリア クラシックバーガーJr.

    左から半熟月見 絶品チーズバーガー、半熟月見 ロッテリア クラシックバーガーJr.

最後にロッテリアの2商品。今回は「半熟月見 ロッテリア クラシックバーガーJr.」と「半熟月見 絶品チーズバーガー」の王道な月見バーガーを用意したが、「半熟月見 ロッテリア クラシックバーガー」(税別780円)、「半熟月見 エビバーガー」(税別440円)、「半熟月見 リブサンドポーク」(税別540円)と計5つの月見商品が販売されている。

【半熟月見 ロッテリア クラシックバーガーJr.】

  • 「半熟月見 ロッテリア クラシックバーガーJr.」(税別490円)

    「半熟月見 ロッテリア クラシックバーガーJr.」(税別490円)

  • デミグラスソースがとにかくうまい! たまごの酸味がいい感じ

    デミグラスソースがとにかくうまい! たまごの酸味がいい感じ

「半熟月見 ロッテリア クラシックバーガー」が通常より大きめサイズのため選んだJr.サイズ。しかしJr.と言えど侮るなかれ。プレミアム感があり、半熟卵とデミグラスソースがベストマッチ。ジューシーかつ女性にも食べやすいサイズ感で一度食べれば病みつきになること間違いなし!

【半熟月見 絶品チーズバーガー】

  • 「半熟月見 絶品チーズバーガー」(税別460円)

    「半熟月見 絶品チーズバーガー」(税別460円)

  • とろとろの黄身が全てを包み込む

    とろとろの黄身が全てを包み込む

ロッテリアのパティは胡椒が利いたスパイシーな味わい。ソースはなく、肉とたまごで勝負をかけたバーガーだ。たまごの半熟度が高く、かなりとろとろ食感。肉の主張が強く部分によってチーズの風味が負けてしまうが、全体としては満足感のあるものだった。

総評

全てを食べ比べたところ、店によって月見バーガーの特徴にかなり違いがあったので以下にまとめてみた。

・マクドナルド
たまごがぷるぷるながら固めで、食べ応えあり。オーロラソースのクリーミーながらクセになる風味が強く、ジャンキーなものを食べたいときは間違いなしの味。

・ケンタッキーフライドチキン
肉が分厚く、たまごのとろとろ感は3社の中で1位。チキンの食感が強く、マヨネーズがそこまで強くないため肉本来の味わいを楽しめる。

・ロッテリア
クラシックバーガーのソースはプレミアム感があり、全体的にバランスがよい。ハンバーガーらしいスパイシーな肉感が強く、半熟卵と相性抜群。

いかにもジャンキーなものを食べたいならマクドナルド、上質なチキンが好きならケンタッキーフライドチキン、プレミアム感のあるものやいろんな月見を試してみるならロッテリアというところだろうか。

ちなみに、チーズを使ったマクドナルド「チーズ月見」とロッテリア「半熟月見 絶品チーズバーガー」では、マクドナルドの方がチーズ感が強め。しかしロッテリアもそれなりにチーズの味わいを感じられた。

価格比較

金額で比べてみるとマクドナルド「月見バーガー」(税込340円)が最も安く、ロッテリア「半熟月見 ロッテリア クラシックバーガーJr.」(税別490円)が最も高い。クラシックバーガーJr.は肉にたまごにトマト、レタス、オニオンスライスと具材が盛り盛りのためやや価格が高いようだ。

【マクドナルド】「月見バーガー」(税込340円)
【マクドナルド】「チーズ月見」(税込370円)
【マクドナルド】「濃厚ふわとろ月見」(税込390円)
【KFC】「とろ~り月見チキンフィレサンド」(税込460円)
【KFC】「とろ~り月見和風チキンカツサンド」(税込460円)
【ロッテリア】「半熟月見 絶品チーズバーガー」(税別460円)
【ロッテリア】「半熟月見 ロッテリア クラシックバーガーJr.」(税別490円)

No.1月見バーガーは?

個人的に今年の月見バーガーで好みだったのはケンタッキーフライドチキン「とろ~り月見和風チキンカツサンド」とマクドナルド「月見バーガー」。

「とろ~り月見和風チキンカツサンド」は、甘めのテリヤキ醤油が漬け込まれたチキンカツがとにかく美味しい。そのままでも美味しいのにとろっとろの黄身がのっかることで、贅沢感が増す。カツがしっかりしているので1個で十分おなかいっぱいになり、割とコスパがよいと感じた。

そして「月見バーガー」。7種類食べ比べてみて、本能的にうまい!! と感じるのはこれだった。オーロラソースとビーフパティにベーコン、そしてしっかり食感のあるたまごとシンプルながら個々の味わいが味覚に突き刺さる。長年マクドナルド販売されてる月見バーガーを食べて育ったせいか、月見バーガーの最適解がこれだと体に染みついているのかもしれない。セットで頼んでフライドポテトとコーラと一緒にかぶりつきたかった。

今回は「月見バーガー」に絞って食べ比べてみたが、マクドナルドでは「月見パイ」(150円)や「マックフルーリー月見」(320円)と月見デザートがあったり、ロッテリアでは「半熟月見 エビバーガー」(税別440円)や「半熟月見 リブサンドポーク」(税別540円)とレパートリーが多かったりと、各社でさまざまな月見商品が販売されている。秋限定の月見商品、今のうちに食べてみてはいかがだろうか。