「ソリューション(solution)」は、IT業界で多く用いられる言葉です。製品やサービスだけでなく、会社名や部署名にも頻出するので、かえって本来の意味がわかりにくいかもしれません。

今回は、ソリューションの基本的な意味やIT業界で多く見られる使い方、他業界における使い方について紹介します。ソリューションの意味を正しく理解したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

  • ソリューション

    「ソリューション」の意味、使い方を説明します

直訳すると「解決・解答」

英語の「solution」という言葉は、直訳すると「解決/解答/溶かす/溶解」という意味です。

解決や解答という意味から、法律分野においては「借金の返済」や「債務の履行」を意味することもあれば、数学分野における「方程式の解」を指す場合もあり、その意味はさまざまです。化学分野では、溶解の意味から発展して「溶液」や「液剤」を指す場合にも使われます。

ビジネスシーンでは「解決策」に置き換えればOK

ビジネスシーンでソリューションという言葉が使われる場合は、「解決策」という意味で使われるケースが多いです。

たとえば、「クライアントにソリューションを提案」と表現する場合には、顧客の課題を解決するための支援や策の提案を指します。この場合、ソリューションという言葉には、クライアントの課題を解決する情報システムの導入や、情報システムのカスタマイズ作業、課題を解決するノウハウや人員の手配など、さまざまな意味が込められる可能性があります。

会社名や組織名にも多く見られる

ソリューションという言葉は、IT企業を筆頭に、会社名や組織名にも多く見られます。

会社名や組織名に「ソリューション」もしくは「ソリューションズ」を用いている場合、「クライアントへの課題解決をサービスとして提供する」という意味合いで解釈するとよいでしょう。たとえば、日系企業であれば伊藤忠テクノソリューションズや日立ソリューションズなどがありますね。

ソリューションの類語・言い換え表現は?

ソリューションの類語や言い換えには「解決策」「課題解決」「解決方法」「解答」といった言葉が使えるため、カタカナ言葉をあまり好まない相手に説明する際は、これらの言葉に置き換えるとよいでしょう。

システムインテグレーションとソリューションの違い

システムインテグレーションとは、企業の情報システムの構築を請け負うサービスです。システムインテグレーションを行う業者のことを「SIer(システムインテグレータ)」と呼びます。

システムインテグレーションとソリューションの意味は似ていますが、ソリューションが「課題解決」の文脈で使われるのに対し、システムインテグレーションは「ソリューションを提供するサービス」の文脈で使われます。

「ソリューション」を用いたIT用語まとめ

IT業界には、ソリューションと組み合わさった単語が数多く存在します。ここでは、よく見られる言葉をいくつかまとめましたので、意味を確認しておきましょう。

  • ソリューションの具体的な使い方は?

    ソリューションの具体的な使い方は?

ソリューションサービス

クライアントの課題解決サービス全般を指す言葉です。構築するシステムだけでなく、ビジネスモデルそのものやシステム構築サービス、運用管理サービスも含みます。

ソリューションビジネス

クライアントの課題解決を目的とした事業全般を意味する言葉です。

具体的には、クライアントの課題解決を前提として、既存製品を組み合わせたり、一部プログラムを作ったりして課題解決するサービスを示します。

似た言葉に「プロダクトビジネス」がありますが、こちらは汎用製品を製造して販売するという事業形態であり、ソリューションビジネスとは異なります。

ソリューションプロバイダ

ソリューションを事業として展開している企業を指す言葉です。ソリューションベンダと呼ぶ場合もあります。

システムソリューションとIoTソリューション

解決手段をソリューションの接頭語として付けることで、「〇〇を用いた課題解決」という意味になります。システムソリューションの場合、「システム構築によるクライアントの課題解決」という意味です。

IoTソリューションなら「IoT(モノのインターネット)を用いたシステム構築による課題解決」となります。システムソリューションと似ていますが、センサやデバイスといったモノを用いてデータを収集するIoTの仕組みを含む点がIoTソリューションの特徴です。

「〇〇ソリューション」はIT業界以外にも

IT業界以外でも、ビジネスシーンでソリューションという言葉は使われます。

今回は、その例として「ソリューション営業」と「ミールソリューション」の意味を紹介します。

  • ソリューション営業、ミールソリューションの意味は?

ソリューション営業

ソリューション営業(ソリューション型営業とも呼ぶ)は、営業手法の一種を表す言葉です。ソリューション営業では、クライアントの課題に対する解決方法を提案するとともに、解決方法を実現する商品・サービスを受注します。

ミールソリューション

飲食業や小売業で見られる「ミールソリューション」とは、消費者の抱える食事や食習慣に関する課題を解決するためのアプローチ方法全般のことです。

例えば、食事の準備にあまり時間がかけられない人を対象とした中食(惣菜や冷凍野菜のような加工済みの食材)、家事代行サービス。さらに電磁調理器や無洗米といったサービスや製品は、すべてミールソリューションの一種です。

ソリューションを用いた例文

次に、ソリューションを使用した例文を紹介します。

「画期的なソリューションの導入により、社内の雰囲気が変わった」

「生産工場にIoTソリューションを導入することにより、生産工程の見える化を実現した。より効率のいい生産が可能となることだろう」

「どのソリューションベンダーを選ぶか、比較資料を作成してほしい」

  • 「ソリューション」はどういった場面で使う?

    「ソリューション」という言葉が、ビジネスシーンでどのように使われているかをイメージできるようにしましょう

まとめ

ソリューションの本質は、社製品を売り込むばかりではなく、あくまでも「課題解決」を主眼として、解決に適した製品やサービスを組み合わせること。

ビジネスシーンにおいては、これらのことを理解して、ソリューションという言葉を使うようにしましょう。