シームレスダウン、シームレスマスクのように、アパレル業界でよく耳にするシームレス。IT業界や交通・建築業界といった別の業界にも広がり、少しずつ違う意味で使われています。

そこで、シームレスの基本的な意味を紹介した後、業界ごとにどのような場面で使われるのか、用法も交えて解説します。一般的なビジネスシーンでの使い方や、類義語もまとめましたので、ぜひご一読ください。

シームレスの基本的な意味は「縫い目がない」「継ぎ目がない」

  • シームレスの基本的な意味は「縫い目がない」「継ぎ目がない」

    シームレスの意味、理解していますか?

シームレスという言葉はどのようにして生まれ、現在ではどのような意味に派生していったのでしょうか。まずは基本的な意味から解説します。

「シーム(縫い目)のない」が基本的な意味

シームレスは、「縫い目がない」という基本的な意味を持つ言葉です。英語由来で、「seem(継ぎ目)」+「less(無いこと)」と分解できます。

「seamless pantyhose または seamless stockings(シームレスストッキング)」は、縫い目がないという意味のままでの使用例です。

この意味が元となり、現在ではさまざまな業界で「複数の機能やサービスを、境目を意識することなく利用できる」という意味に用いられます。

シームレスの持つ主な意味3つ

現在では、シームレスの持つ意味は、主に以下の3つにまとめられます。

1.継ぎ目のないこと。また、そのもの。「シームレス構造」。

2.《seamless stockingsの略》後ろ中央に縫い目のない婦人用長靴下。

3.複数のコンピューターシステムやネットワークサービスを統合したものに対し、それぞれの違いを意識せずに利用や管理ができること。

(引用元:goo 辞書「シームレス 出典:デジタル大辞泉(小学館)」)

継ぎ目のない構造そのものを指す場合、シームレスストッキングの略については、もともとの意味に近くイメージしやすいでしょう。3番目の意味は、かなり広範囲に適用できる意味のため、各業界で使われるようになりました。

さまざまな業界で使われるようになったシームレス

シームレスという言葉は、現在「別個の機能やサービスが統合化され、利用者側でその違いを意識せずに使えるようになった」という意味として、以下の業界で使われるようになっています。

  • 建築業界
  • 交通業界
  • 物流業界
  • IT業界
  • 医療業界
  • 金融業界

これらの業界では、具体的にどのような意味でシームレスを使っているのかについて、もう少しくわしく解説します。