映画『HiGH&LOW』シリーズ4作品が、1日からYouTubeチャンネルにて期間限定無料配信されている(4月12日22:00まで)。

『HiGH&LOW』とは、EXILEや三代目J SOUL BROTHERSらを擁するLDHのHIROがプロデュースを手掛ける、総合エンタテインメントプロジェクトだ。2015年に放送されたドラマ『HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜』を皮切りに、映画、ライブ、コミックス、アプリゲームなど、さまざまな企画が展開されている。

  • 『HiGH&LOW』シリーズ

    『HiGH&LOW』シリーズ

足掛け6年にわたるこの壮大なプロジェクトが爆発的な人気を獲得したのは、2016年夏に公開された映画『HiGH&LOW THE MOVIE』がきっかけだった。ド派手な映像と豊富すぎるキャラクターの魅力に打たれ、さまざまなジャンルのオタクたちがこの作品をきっかけにLDHに注目するようになった。

他作品や他ジャンルでもよく見られる光景だが、何かにハマっているオタクは“布教”に熱心になる。『HiGH&LOW』も例外ではなく、2016年以降「ハイローを観ろ」と周囲にささやかれた人は多いだろう。ただ先述の通り『HiGH&LOW』プロジェクトはなにしろ展開が豊富で、全部を追おうとするとなかなかに大変だ。ドラマの総集編的作品を除く、純粋な劇場版だけでもすでに計6本が公開されている。マーベル・シネマティック・ユニバースほどではないにせよ、ちょっと触れてみたいと思ったところで「何から観たらいいのかわからない」と困惑する人がいることも想像に難くない。

そこにきて、今回の期間限定無料配信だ。配信されている4作品は、当の『THE MOVIE』とスピンオフ『HiGH&LOW THE RED RAIN』(2016年10月公開)、本編の続編である『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』(2017年8月公開)『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』(2017年11月公開)。『RED RAIN』はスピンオフの位置付けではあるが、作中の時系列的に『THE MOVIE』と『END OF SKY』の間の出来事を描いており、実質的には本編のひとつと考えていいだろう。

やや乱暴に言い切ってしまうと、この4作品を観れば「ハイロー第1章」を追える。つまり、「周りのオタクがハイローハイロー言うけどなんとなく手を出さないまま来た」という人にとっては、これ以上ない入門編になるものなのだ。

新型コロナウイルスの影響により多くの人が外出自粛を余儀なくされている今、この4作品を無料配信するLDHは「乗り遅れ組も見捨てねぇ」手厚さにあふれている。以下では、ハイロー ファンの視点から、ネタバレを回避しながら各作品の見どころを紹介していこう。合わせて、ネット上で見かける機会の多い『HiGH&LOW』生まれの名台詞や名場面が、どの作品で登場するものなのか、あくまでごく一部だが紹介。「これが元ネタだったのか!」と確認しながら観るのも楽しいかもしれない。

『HiGH&LOW THE MOVIE』

【通称】「ザム」
【名台詞】「どうしちまったんだよ、琥珀さん!」「MUGENは仲間を見捨てねぇ」「無名街はよく燃えますね」「SWORDの祭りは達磨通せや」

SWORD地区と呼ばれる場所をめぐり、ある思惑を持ってそこを手に入れんとする人たちと、それぞれの地元を仕切るチームがぶつかり合う。SWORDの一角である山王連合会を率いるコブラ(岩田剛典)の名台詞「どうしちまったんだよ、琥珀さん!」が放たれるのはこの作品だ。ちなみに、ときどきTwitterで流れている「走るアメ車のボンネットにふんぞり返った法被の男(林遣都)」が観られるのも本作である。

前日譚となる深夜ドラマが2シーズン放送されており、そちらを観てから観賞したほうがもちろん物語の解像度は格段に上がる。しかし、何も知らない、いわゆる“ミリしら”状態で観るとそれはそれで「細かいことはわからないが人がいっぱいいて映像の景気が良い」という高揚を終始味わえる。クライマックスでは100人対500人の大バトルが繰り広げられるが、「撮影現場には600人どころか1,000人いた」という逸話が残されており、そうした過剰さがもたらす圧倒的な映像は一見の価値ありだ。

当然、登場キャラクター数も半端ではなく、パンフレットに掲載されている人物だけで68人にのぼる。だが出番時間の長短はあれど、キャラ付けの濃厚さや演技力、あるいは純粋な存在感などさまざまな要素でもってそれぞれが印象を残し、本プロジェクトのキャッチコピーである「全員主役」に恥じない内容に仕上がっている。

『HiGH&LOW THE RED RAIN』

【通称】「レッレ」
【名台詞】「壁だと思え」「強く、生きろ」

SWORD地区と浅からぬ因縁を持つ雨宮兄弟を主人公に据えたスピンオフ作品。明るい兄・雅貴(TAKAHIRO)とクールな弟・広斗(登坂広臣)という“最強の兄弟”が、消えた長兄・尊龍(斎藤工)を探す。

先述の通り、スピンオフではあるが『ザム』と『ザム2』の間の雨宮兄弟の出来事を描き、これを観ないと以降の本編がつながっていかない。なので、後回しにしないことをおすすめする。というか『ザム』で雨宮兄弟の存在に触れた人は、この作品をスルーできなくなってしまう。何しろとにかく顔がいい。それが複雑な背景を持ち特別な絆で結ばれた兄弟で、「ゼロレンジコンバット」という特殊な格闘術を用いて戦うとくれば、初見であっても登場シーンでは「雨宮兄弟キターーー!」とテンション爆上がりにならざるを得ないのだ。

本作は本編と監督・アクション監督が異なり、ロケ地もフィリピンがメインと、他作品と映像のトーンが一味違うのも魅力。アイスキャンディを用意して観よう。

『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』

【通称】「ザム2」「EOS」「エンスカ」
【名台詞】「つまり〜! それが〜! SWORD協定じゃ〜〜!」「神に感謝しろよ?」「琥珀さん、俺車ダメだわ」「隠蔽できるんだよ……!」

狂気の暴君が率いるスカウト集団と、監獄から出てきたばかりの男たちによるチームがSWORD地区に現れ、街が再び狙われる。さらに『RED RAIN』で露わになった反社会組織の陰謀が進み、緊張が高まってゆく。

「ザムはそんなにピンとこなかった」と言っていたオタクの中には、本作で新たに登場したキャラクター・ジェシーによって沼落ちした人も少なくない。EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSのNAOTOが演じるジェシーは、監獄の武闘派集団を率いてSWORDをかき回す、神に感謝したくなるほど魅力あふれるキャラクターだ。クライマックス手前で口にする「お仕事ですからねぇ。make money〜」というセリフは、公開当時よくTwitter等で語られたが、実はこれはNAOTOによるアドリブだという。役者たちによるキャラクター解釈の深さと、そこから生まれるアドリブの豊富さは『HiGH&LOW』の魅力のひとつだ。

なお、こちらもTwitterでgif動画がよく出回っているコブラvsジェシーの超絶アクションがあるのも本作。さらに、カーアクション、バイクアクションも近年の邦画では類を見ない大掛かりなものが展開されており、その派手さはシンプルに興奮させてくれる。そして何より、物語の鍵を握る"USB"の異様な存在感からも目が離せない。

『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』

【通称】「ザム3」「FM」
【名台詞】「もう拳だけじゃ解決できねぇ」「まずそうなスムージーだな」「無名街爆破セレモニー」

前作までで見えてきたSWORD地区をめぐる巨大な陰謀に、SWORDの面々たちが立ち向かう。言ってしまえば「ヤンキーたちの喧嘩」だったドラマシリーズおよび『THE MOVIE』から、シリーズを追うごとに広がっていった物語は、「SWORD第1世代の最終章」と銘打たれた本作でいったんの終結を見る(ただし久保茂昭監督は「第1世代の物語も、まだまだ終わりじゃないと僕は思ってます」と後に語っている)。

予告編ではコブラが生コンクリートと思しきものを飲まされている拷問シーンが公開され、「生コン!?」と界隈をざわつかせた。のちに岩田自身が「あれはごま豆腐を使ってます」「おいしかったです」と撮影秘話を明らかにし、ファンが胸をなでおろす一幕も。

「もう拳だけじゃ解決できねぇ」という名台詞が登場する本作は、その言葉通り、これまでの作品に比べればアクションシーンの見せ場は少ないと言えなくもない。とはいえ、雨宮兄弟のゼロレンジコンバットが炸裂したり、『EOS』から立ちはだかる敵役・源治(小林直己)のターミネーターぶりが健在だったりと、随所に見どころがある。シリーズを通じたキャラクターたちの成長や変化も“喧嘩の仕方”に現れており、一挙視聴するからこそ気づきやすい部分もあるだろう。

なお、本作最大のパワーワード(?)といえば、「無名街爆破セレモニー」だ。未見の人にとっては意味がわからないばかりの言葉だが、何を表しているのか、これこそぜひ映像で観てほしい。

今後見るべきは…

ここまでくれば、あとはライブ『HiGH&LOW THE LIVE』を観るもよし、スピンオフ映画『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』やドラマ新シリーズ『HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O』を観るもよし、進む道は何にも縛られることなく自由である。

今回の期間限定無料配信は「ご家庭で過ごす時間が多くなっている全国の皆さまに少しでも楽しんでもらえる時間を提供し、 日々の不安を拭い去ることに貢献したい」というLDHの思いによるものだ。コロナ禍が過ぎ去ったあかつきにまたLDHから新たな作品が生み出されること、それを観ることを今は楽しみにしたい。それまでしばらくは自宅でPARTY TIMEを過ごすのが良さそうだ。