日本政策金融公庫は3月11日、「教育費負担の実態調査結果」を発表した。調査は2019年9月17日~24日、64歳以下の男女、かつ高校生以上の子どもを持つ保護者4,700名(各都道府県100名)を対象にインターネットで行われた。

  • 高校入学から大学卒業までに必要な入在学費用

    高校入学から大学卒業までに必要な入在学費用

調査によると、子供1人当たりの入学費用は、高校が30.3万円、高専・専修・各種学校が57.0万円、短大が63.3万円、大学が82.8万円。1年間の在学費用については、高校が72.8万円、高専・専修・各種学校が144.7万円、短大が138.1万円、大学が151.9万円とのこと。

この入学費用と在学費用を累計すると、高校3年間で248.7万円となり、大学に入学した場合690.4万円が加わり、高校入学から大学卒業までに必要な入在学費用の合計は939.1万円という結果に。この値を前回調査(953.4万円)と比べると14.3万円減少しており、同調査では、その主な要因は「教科書代等の大学在学費用の削減」であると分析している。

一方、自宅外通学者(1人当たり)への年間仕送り額については、前回調査より11.5万円増加し、平均で102.3万円(月額8.5万円)となった。

  • 世帯年収に占める在学費用の割合

    世帯年収に占める在学費用の割合

次に、世帯年収別に在学費用の負担割合について調べたところ、平均で16.3%と、前回調査(15.7%)より上昇。特に「年収200万円以上400万円未満」の世帯の負担割合が増えており、前回調査(32.1%)に比べ5.4ポイント増の37.5%となった。

  • 教育費の捻出方法

    教育費の捻出方法

教育費の捻出方法(何らかの対応をしている世帯)については、「教育費以外の支出を削っている(節約)」(32.7%)が最も多く、次いで「預貯金や保険などを取り崩して いる」(23.5%)、「子供(在学者本人)がアルバイトをしている」(22.9%)、「奨学金を受けている」(17.6%)が上位に。

節約している支出としては、「外食費」(62.6%)や「旅行・レジャー費」(60.3%)が多く、次いで「衣類の購入費」(41.1%)、「食費(外食費を除く)」(35.7%)と続いた。