ホンダはコンパクトカー「フィット」を約6年半ぶりにフルモデルチェンジし、2020年2月14日に発売した。4代目へと進化した新型フィットは、歴代モデルと同じワゴンスタイルを受け継いでいるものの、高性能なハイブリッドシステム「e:HEV」(イーエイチイーブイ)の採用、先進安全運転支援機能の強化、多彩なグレード展開など、新時代のコンパクトカーとして大きな進化を遂げている。フィットはどう生まれ変わったのか、解説したい。

  • ホンダの新型「フィット」

    ホンダの新型「フィット」

選ぶ楽しさがふくらんだ新型「フィット」

新型フィットのグレード構成は個性的だ。「BASIC」(ベーシック)、「HOME」(ホーム)、「NESS」(ネス)、「CROSSTAR」(クロスター)、「LUXE」(リュクス)の全5タイプのうち、「BASIC」がエントリーグレード的な立ち位置だが、従来のように、グレードによるヒエラルキーを感じさせないので、ファッション感覚で自分に最適な仕様が選べる。

  • ホンダの新型「フィット」

    新型「フィット」には5つのタイプがあり、それぞれでガソリンエンジン車とハイブリッド車が選べる。写真は「NESS」

各タイプの仕様と特徴は以下の通りだ。

BASIC:エントリーグレードだが、「ホンダセンシング」などの先進安全運転支援機能をはじめ、時代が求める基本的な装備はしっかり押さえる。ボディカラーはモノトーンの9色のみ。

HOME:普及グレード的ポジション。本革巻きステアリングやソファのような包み込み感のあるシートなど、質感と快適性を高めた仕様。外観はベーシック同様だが、ボディカラーはモノトーンに加え2トーンも選べる。

NESS:スポーティーなアイテムを好むアクティブ派向け。よりカジュアルに使えるよう、内装のトリムとシートに撥水加工を施してあるのが特徴。モノトーンと2トーンのボディカラーに加え、色でも独自の世界観を演出しており、内外装ともに、ライムグリーンをアクセントカラーに取り入れた専用仕様の選択が可能。

CROSSTAR:人気のSUV風味を加えたクロスオーバーモデル。力強さを感じさせる専用グリル、プロテクター風ホイールアーチなどを装着し、タフなイメージに仕立てた。専用外装としたことで外観寸法がわずかにアップしており、新型フィット唯一の3ナンバー仕様となるのも特徴。オプションでルーフレールの装着も可能だ。ボディカラーには専用色「サーフブルー」を用意。2トーンも選べる。

LUXE:小さな上級車を目指したお洒落仕様。シートはブラックまたはブラウンのレザー仕様に。アクセントのクロームメッキパーツが映えるよう、あえてボディカラーをモノトーンのみとしたのもこだわり。

  • ホンダの新型「フィット」

    「CROSSTAR」はSUVテイスト。5タイプの中で唯一、専用のグリルを備える

このように、ホンダは新型フィットに幅広いスタイルを用意した。ただ、2代目と3代目では設定していたスポーツグレード「RS」は廃止に。同社のエントリースポーティーモデルでもあったため、なくなってしまったことを残念に思う人も多いだろう。また、トランスミッションもMT(マニュアルトランスミッション)が全グレードで非設定となった。

シンプルで愛嬌あるスタイルに

新型で筆者が最も注目したのは、そのスタイリングだ。随分とシンプルで、小ぶりなクルマという印象である。従来型はワゴンらしくボリューム感のあるデザインだったのに対し、新型はコンパクトさを強調している。

特に大きな変化を感じたのはフロントマスクだ。基本はグリルレスで、最近のホンダが多用してきたメッキパーツは減っている。小型犬のようにぱっちりとした目元に仕立てたヘッドライトの効果もあり、顔つきは愛嬌たっぷり。先進性を意識したシャープな顔立ちの従来型と比較すると、少々可愛すぎるのではと思ったほどだ。

ルーフラインがシャープになったことも、小ぶりなクルマだと感じる理由のひとつだ。視界向上のため、フロントガラス部の左右ピラー(Aピラー)を大胆に細くしたことも、その印象を強めた要因だろう。

  • ホンダの新型「フィット」

    ルーフラインはシャープに。従来型に比べ、見た感じはコンパクトになった印象だ

見た目ではコンパクトになった印象だったので、クルマのサイズ自体も小型化されたのではないかと少し心配になった。というのも、従来型のフィットにおいては、ワゴンスタイルならではの使い勝手の良さが武器になっていたからである。クルマが小さくなったとすれば、その部分は多少なりとも犠牲となっている可能性がある。

そこで、新旧フィットのボディサイズを比較してみると、新型は全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,515mm(2WD仕様のBASIC)で、意外にも従来型より全長が40mm拡大している。全高こそ10mm低くなっているものの、全幅はそのままだ。ホイールベースも2,530mmと変更なし。つまりボディサイズは、ほぼ先代フィットと同等を維持していることが分かる。

  • ホンダの新型「フィット」

    意外にも、ボディサイズは先代モデルとほぼ同等だ

明るく開放感あふれるインテリア

新型フィットのインテリアは、エクステリア以上に驚きにあふれている。コンパクトなボディからは想像できないほど、広々とした空間が広がっているのだ。

最大のポイントは視界の良さにある。ホンダ自身が「ノイズレスインテリア」とうたっているように、とにかく視界を邪魔するものが少ない。この視界が実現した背景には、ダイエットしたAピラー、フラットなデザインで低く配置されたダッシュボード、シンプルに仕立てられたメーターパネルや操作系ボタンなどの工夫がある。

  • ホンダの新型「フィット」

    邪魔するものが少ないクリアな視界。実際に乗ってみれば驚くはずだ

しかし、ただシンプルに仕上げてしまうと、インテリアは全体的に安っぽい雰囲気に仕上がりがちだ。その点、新型フィットではデザインを細部にわたって作り込んだり、トリムやシートなどの触感を向上させたりすることで、質感を高めることに成功している。シートはしっかりとした作りで、座り心地も向上した。ホンダは近年のヒット商品である軽自動車「Nシリーズ」でも上質さにこだわってきたが、その経験が新型フィットにもいかされているのかもしれない。

  • ホンダの新型「フィット」

    シンプルでありながらチープにはなっていない新型「フィット」のインテリア(写真は「LUXE」)

従来型同様、後席も広々としている。ドアの開口面積と開口角度もたっぷりとってあるので、乗降性も良好だ。後席シートの性能は高まっていて、ワンタッチで折り畳める機能は先代から継承している。格納時に床面がフルフラットとなる点も変わりない。ラゲッジスペースについては容量こそ若干低下したものの、積載できる荷物の量は同等レベルを維持。さらに、テールゲートの開口部を拡大することで使い勝手を向上させたという。視覚的に狭くなった印象はないが、具体的な数値が示されていないのは少々残念だ。

  • ホンダの新型「フィット」

    後席の座面はワンタッチで折りたたむことができる

上級車と同じハイブリッドシステムを採用

パワートレインでは、ハイブリッドシステムの刷新が大きなニュースとなる。従来型は1モーターの「i-DCD」を採用していたが、新型は2モーターの「e:HEV」に変更となった。この新しいハイブリッドは、「アコード」「インサイト」「ステップワゴン」などのホンダ車が使っているシステムを小型化したもの。走行用と発電用の2つのモーターを備えているので、積極的なモーター走行が可能となる。

  • ホンダの新型「フィット」

    新型「フィット」の「e:HEV」は、「アコード」などホンダの上級車が搭載するハイブリッドシステムと構造は基本的に同じだ

通常時はエンジンで発電を行いながらモーターで走るが、高速巡行など、エンジン走行の方が効率に優れるシーンではエンジンだけで走ることができる。そこが大きなメリットであり、まさにハイブリッドの究極の形といえるだろう。燃費消費率は1Lあたり29.4km(e:HEV BASIC・2WD車・WLTCモード)と良好だ。

e:HEVが搭載する1.5L直列4気筒エンジンの性能は最高出力98ps、最大トルク127Nm。走行用モーターは同109ps、253Nmの性能を発揮する。「e:HEV」はモーターでの走行がメインとなるので、2.5Lエンジン並みの最大トルクをいかした力強い走りが期待できる。

ガソリンエンジン車は1.3Lの直列4気筒エンジンに集約した。性能は最高出力98ps、最大トルク118Nmだが、トランスミッションのCVTを新開発することで、走行性能と効率を高めたという。燃費消費率は1Lあたり20.4km/L(BASIC・2WD車・WLTCモード)だ。

ホンダセンシングも進化

ホンダの先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」は最新式を搭載する。従来型からはシステムが変更となり、フロントワイドビューカメラと前後4つずつの超音波センサーを組み合わせたものとなった。カメラが広角化したことで、前方の検知エリアは拡大。従来型の8つの機能にプラスし、後方誤発進抑制機能、オートハイビーム、ホンダ初となる近距離衝突軽減ブレーキを備えている。

ちょっと高級志向に!?

新型の価格はハイブリッド仕様が199万7,600円~253万6,600円、ガソリン仕様が155万7,600円~218万6,800円となる。ラインアップが変更となったこともあり、全体的に少し価格が上がった。

エントリーモデルを例に挙げると、従来型はハイブリッドのベースグレードが173万1,400円、ガソリン仕様の「13G・F」が145万5,300円だった。装備面での進化もあるため、一概に高いとはいえないものの、従来型と同じような予算で新型の購入を考えた場合は、少し足が出るかもしれない。また、新型でホンダがこだわったポイントの1つであるカラーバリエーションもオプション色が多く、その値段も3万3,000円~10万4,500円と幅広い。ただ、フィットで色の価格が10万円越えというのには、ちょっと驚かされた。

  • ホンダの新型「フィット」

    エントリーグレード同士を単純に比べれば、ガソリンエンジン車は約10万円、ハイブリッド車は約26万円の値上げとなるが、装備を含め進化したポイントは多い

最新型は初代への原点回帰?

今回、新型フィットに触れてみて頭に浮かんだのは、先代フィットのことでも、ライバル車のことでもなく、原点である初代フィットのことだった。

2001年にデビューした初代フィットは、ホンダがスモールカーの新たなベンチマークを目指して開発したクルマだ。小さなボディを最大限活用する同社のMM(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想を徹底的に追及するという基本的な考え方や構造は、歴代モデルが受け継いできたフィットの大きな特徴である。ただ、2代目、3代目と進化する中で、基本性能こそ向上していったものの、フィットらしさは定型化してしまい、いわゆるホンダらしい驚きは薄れてしまったようにも感じていた。

そんな中、新型フィットは初代のように大胆な提案を行うことで、新しさを感じさせる存在へと再び生まれ変わった。おそらくホンダは新型の開発にあたり、フィットのあるべき姿を見つめ直したのだろう。

外見、性能、機能など、見るべきポイントの多い今回の新型フィット。では、その走りや使い勝手からは、実際にホンダらしい驚きを感じることができるのだろうか。次回は試乗レポートをお届けしたい。

著者情報:大音安弘(オオト・ヤスヒロ)

1980年生まれ。埼玉県出身。クルマ好きが高じて、エンジニアから自動車雑誌編集者に。現在はフリーランスの自動車ライターとして、自動車雑誌やWEBを中心に執筆を行う。主な活動媒体に『webCG』『ベストカーWEB』『オートカージャパン』『日経スタイル』『グーマガジン』『モーターファン.jp』など。歴代の愛車は全てMT車という大のMT好き。