クーラーボックスのメーカー別おすすめ5選【コールマン・イエティ・ロゴス ほか】

【この記事のエキスパート】

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®:SAM

アウトドアライター、キャンプブロガー、星のソムリエ®:SAM

キャンプブロガー、アウトドアライター、一般社団法人日本オートキャンプ協会公認インストラクター・講師、星のソムリエ®(星空案内人®)JAXA宇宙教育リーダー、光学機器メーカーマーケティングディレクター。

アウトドア誌、WEBマガジン、企業広報誌、新聞などへの取材協力・執筆活動、CMコーディネートを行っている傍ら、キャンプ体験・キャンプ料理レシピをまとめた自身のWEBサイト「 Sam-Home Sam-Camp / キャンプの宝物を探そう!」(2001年開設)並びにブログ「SAMのLIFEキャンプブログ Doors , In & Out !」(2004年開設)を運営。

サイトは通算700万人以上に利用され、ブログ投稿数は5000記事を超える。著書には「ベテランキャンプブロガーSAMの、お気に入りキャンプ場教えます」(ベースボールマガジン社)がある。

同時に、星のソムリエ®として全国のキャンプ場や観光施設等にて夜の魅力と星空の楽しみを広めている。


アウトドアライターのSAMさんに、クーラーボックスの選び方とおすすめ商品をお聞きしました。つりやキャンプなど、アウトドアで飲み物や食材を保冷するのに役立つクーラーボックス。いざ必要になるとどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。この記事では、コールマン、イエティ、ロゴス、イグルーなど、代表的なメーカーをはじめとして、クーラーボックスを購入するときに見るべきポイントを教えてもらいました。ぜひ参考にしてみてください。

アウトドアライターに聞く
メーカー別クーラーボックスの選び方

アウトドアライターのSAMさんに、メーカー別にクーラーボックスを選ぶときのポイントを3つ教えていただきました。

性能プラスアルファで選択する

【エキスパートのコメント】

クーラーボックスは読んで字のごとく、野外における保冷庫です。本来実用性に徹するアイテムではあるのですが、キャンプサイトをそれぞれのアイテムで全体コーディネートをしていくようになった今では、実用性とともに見栄えも重要な選択基準となってきています。

なにしろ場所を取るアイテムなのでどうしたって目立つ存在。周囲との差別化をできるだけしたいと考えるのも有意義なことです。

IGLOO(イグルー)『マックスコールド 50』:

出典:楽天市場

ふたと本体のツートンカラーにふちや取っ手などの白が映えるおしゃれなクーラーボックス。もちろん保冷力もしっかりしていて収納力もばっちり!

使う季節やシチュエーションをよく考えてから

【エキスパートのコメント】

食材というセンシティブなものを扱うとなれば実用性能は譲れません。このとき単に性能面を比べるのではなく、使用するシチュエーションを考慮することがポイント。どんなに高性能でも厳冬期(げんとうき)にそれが必要か問題ですし、逆に今や猛暑の多い夏場で性能が充分ではないものを使ったら後悔してしまいます。

また、どうしてもスペースを取るアイテムなので、車載の条件をクリアできないものを選んでしまっても無駄な選択になってしまいます。事前にサイズなどをこまかく調べておきましょう。

Daiwa(ダイワ)『プロバイザーHD SU 2700』:

出典:Amazon

クーラーボックスの上に座っても大丈夫な頑丈なつくり。500mlペットボトルを縦に収納可能なのでとても使いやすい。

ブランドヒストリーや開発実績に注目

【エキスパートのコメント】

クーラーボックスは第一義に実用性を問われるアイテムなので、カタチとなって定評を得るまでにはメーカーにとってもそれなりの時間を要します。つまりブランドとして熟成を重ねられたクーラーボックスはそうそう乱立してはいなく、ある程度のターゲットに絞ることができます。

たとえばコールマンには、スチールベルトクーラーという何世代も重ねた長いブランドヒストリーが。イエティに関しても、まず他ブランドではみられない野生のクマを対象としたフィールドテストを実施したクーラボックスを展開しています。

スペックとともに製品の開発背景に注目してみると、心惹かれる製品が見つかるでしょう。

Coleman(コールマン)『54QT 60TH アニバーサリースチールベルトクーラー』:

出典:Yahoo!ショッピング

長く愛されてきた「スチールベルトクーラー」の60周年記念モデル。ヴィンテージモデルを復刻させたレトロなクーラーボックス。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)