ダンス&ボーカルグループの超特急が1月3・4・5日の3日間、アリーナツアーの東京公演「BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 Revolucion viva ~Shine Bright New Year~」を代々木競技場 第一体育館にて開催し、3日間で合計45,000人を動員した。

  • 超特急

    超特急

今回の東京公演は超特急らしい“面白さ” “格好良さ” “セクシーさ”など超特急の魅力を凝縮したようなセットリストで2020年に向けた彼らの気合を感じる事ができたほか、“殺陣”など和のエッセンスをふんだんに取り入れたパフォーマンスショーも行われるなど、超特急の更なる飛躍と可能性を実感する事ができたライブとなった。今回は3日間のうち、4日に行われたライブの模様をお届けしていく。

超特急らしいハイテンション曲で、冒頭から会場を一気に盛り上げる

会場が暗転し、正月らしく和太鼓の音と共に着物姿をまとった超特急のメンバーたちが登場するオープニング映像が流れた後、メンバーたちがステージへ登場。「今年も超特急をよろしくね! どすこい!」という挨拶と共にライブがスタート。

セクシーさ・カッコよさ・面白さを自在に行き来する「SAY NO」を皮切りに、タカシによる変顔や白目、お笑い芸人のネタにインスパイアされたダンスとキレのあるフォーメーションダンスとのギャップが楽しい「Don’t Stop 恋」など、冒頭から“カッコよさ”と“面白さ”がジェットコースターのように入り乱れる超特急らしい楽曲がノンストップで披露される。

続けてサビでの“×(バツ)”ダンスで会場に大きな盛り上がりと一体感を作る「Burn!」、激しいサウンドとは裏腹に無表情でパラパラを踊るというギャップが印象的な「PUMP ME UP」の際には、ステージが突然浮き上がり、アリーナの客席の間を移動する“ムービングステージ”が登場。アリーナの観客の頭上をメンバーたちが踊りながら通り過ぎるという仕掛けに会場中が盛り上がりを見せる。

その後は「Secret Express」「PAPAPAPA JUMPERS」「Revival Love」など、クールさと格好良さが際立つダンスボーカルソングのセットリストへ。これまでとは一転、面白要素は影を潜め、超特急の絶妙なチームワークやフォーメーションダンス、タカシの伸びやかなヴォーカルが全面に押し出されたパフォーマンスをこれらの楽曲では堪能する事ができた。

超特急はデビューしてから8年間のキャリアで築いたアーティストとしての基盤を土台に、グループの特徴である“全力でふざける”面白要素をはじめ、個々のメンバーがアーティスト活動と並行させて俳優やタレントとして本格的に活動する中で培った経験が加わり、これまでのアーティストや音楽ジャンルでは定義しづらい独自の音楽性と世界観を持っている。今回も冒頭から異なる世界観のステージで観客を圧巻させ、一気に自分たちのステージへ会場を巻き込んでいく。

7曲パフォーマンスを終えた所で、MCタイムへ。毎回最初のMCでは各メンバーごとに挨拶を毎回行うが、今回は現在休養中のメンバー・ユースケの自己紹介をメンバー、観客と共に行う場面も。ユースケの自己紹介を終え、ユースケの面影を探しだしたメンバーたちはステージ上のセットの鏡餅に付いているミカンの葉をユースケに見立てだすと会場の観客は大きな笑いに包まれた。また、会場の観客の声を聴こうと「キッズ!」と子どもに対して声を出すよう呼びかけると、会場に子どもたちの大きな声が響き渡り、それを受けたカイは嬉しそうに「体力回復!」と口にする様子を見せるなど、終始和やかな様子でMCが進行した。

殺陣、アクション、和傘パフォーマンス…これまでにないステージで観客を圧倒

そして「TRAIN」を経て始まったのは殺陣・ダンス・アクションなどを取り入れたノンバーバル(非言語)パフォーマンスショー。

和楽器の音色が鳴り響き、クールなグレーの衣装を身にまとったメンバーたちがダンスを披露したかと思った矢先、全員日本刀を手にしだすと、突然襲いだしてきた多数の刺客を相手に、激しく豪快ながらも、鮮やかで美しい殺陣が繰り広げられる。血しぶきに赤い紙吹雪が舞いあがり、演出も和を意識した美しい演出が多数取り入れられており、観客を魅了する。

なお殺陣の合間にもダンスや、カイとリョウガによる和傘や扇子を使った優雅で艶やかなパフォーマンス、不敵な笑みと共に挑発する仕草を見せながらユーキが見せる激しいアクションやアクロバット、メンバーたちの俳優としての側面が大いに発揮された迫真の表現や表情などによる舞台演劇のような雰囲気も加わり、ライブ・ショー・舞台演劇のいずれでもない、新感覚なパフォーマンスステージを展開。そしてその世界観を残したまま和楽器のアレンジが加わった「Kura☆Kura」がスタートしたかと思うと、次の曲からは一転、大人でメロウなセットリストへと移っていく。

洋楽を意識させるメロウさとR&B要素を持った「Full Moon」では、切なくも甘く、熱を帯びたタカシのヴォーカルと、スローで大人な雰囲気のダンスパフォーマンスが披露される。続けて「Body Rock」では、時にスローかつセクシーな仕草も織り交ぜながら、椅子を使った大人な雰囲気満載のダンスパフォーマンスが披露され、これまでとは異なる、大人なエンターテイナーの世界観で観客を酔わせる。

「正月と言えば?」超特急の個性がでる書初めコーナー

ここで会場が暗転すると、突然正月の定番ともいえる筝曲「春の海」が流れ出し、映像による書初めコーナーがスタート。

書初めのお題は「お正月と言えば?」。

カイは「参ります!」と気合十分な様子を見せ、書き上げたものは「数の子」。理由を聞かれると「おせち料理で一番好き」だからだそう。

続くリョウガは「カモン」と真顔で口にし、書き上げた言葉は「正月太らぬ」。「一般的には“正月太り”が主流だが、僕にはない概念」と自他ともに認めるガリガリを自負するリョウガらしい正月を想起させる答えに、会場からは大きな笑いが起きた。

「さあ、やってまいりました」と笑顔を見せるタクヤが書いたのは「手羽先」。タクヤの家では正月に決まって母親が手羽先を煮て作るそうで、「それが大好きで大好きでたまらないので、僕のお正月は手羽先です」と最後までニッコリ。

「お正月で一筆書かせて頂きます」と真面目な表情のユーキは「俺」と書き、会場からは騒めきが起こる。 ユーキは1月2日に誕生日を迎えた事を口にし、満面の笑みで会場の観客に「ハッピーバースデー」を言うように促し満面の笑みを見せていた。

最後はタカシ。「書き終わりましたよ、僕タカシのお正月といば…」と言いながら見せたのは「東京全然人おらん」。大阪出身のタカシは、東京と言えば行事ごとに街が盛り上がるイメージがあったそうだが、正月は意外と人に会わない事について触れ、この内容を選んだことを挙げた。

書初めが終わると、グローバルトレンドを彷彿とさせるダンスミュージックサウンド「On & On」に乗せ、カラフルな衣装に着替えたメンバーが登場。軽快なファンク調のダンスポップ「Hey Hey Hey」、続く「STYLE」ではマイクスタンドを操りながら、クールに大人なパフォーマンスステージを披露した。

そしてMCタイムに入ると、これまで行ったパフォーマンスを振り返るトークへ。

殺陣の話題になった際、ユーキは戦っていた理由として「8号車(超特急のファンの総称)を守っていました。俺の妹なので…」と真剣な様子で語り、会場を沸かせる場面も。また殺陣で刺客役を兼ねたダンサーが多数登場した事にも触れ「より華やかな演出をしたかったので、ずっとやってみたかった」とたくさんのダンサーとの共演に感無量な様子を見せた。

続けて書初めでタクヤが「手羽先」を挙げた話題になり、リョウガが「手羽先食べたの?」とタクヤに問いかけると、「当たり前じゃないですか」と即答。続けてタクヤは「お雑煮もすごい好き。今日の朝も食べました」と口にすると、メンバーたちは各自の家のお雑煮がどういう味かというトークに。関西出身のタカシやユーキは白みそなどお雑煮の味について言及するも、タクヤは自分の家のお雑煮が何風だか分からず、母親に聞いて分かったらインスタグラムにアップする事を約束をしていた。

続けて、どのように年末年始を過ごしたのかという話題へ。タカシは「ツアーが終わらないと正月が始まった気がしない。正月を感じるには早いと思って、ずっと曲を聴いていた」と答えると、他メンバーから「真面目か!」と総ツッコミを入れられる場面も見られた。

クライマックスに向けて盛り上がり曲を一気に披露

その後、クライマックスに向けて会場の観客に声を出させて、会場の一体感を作り上げると「Drawイッパツ!」「Clap Our Hands!」「Kiss Me Baby」「バッタマン」を一気に披露。

「バッタマン」ではユースケに代わり、各メンバーがユースケが担当している絶叫パートを順番に担当したが、リョウガが「チュウチュウ!」と言いながらサビの場面で突然ネズミの真似をして四つ足でステージを駆けまわり出しながらカイの足を潜るなど、それぞれのメンバーが振り切れた姿を見せ、会場を大いに沸かせていく。しかし各自の決め台詞の場面では瞬時に切り替えを行い、クールな表情でセリフを決めるというメリハリもしっかり利かせており、ダレる事なく観客のボルテージを最高潮にまで引き上げる。

そして「走れ!!!!超特急」を歌い終えると「また会う日を楽しみにしています! ありがとう!」と笑顔で挨拶をし、ステージを後にした。

アンコールで今年の抱負を語る「もっと進化して新しい超特急を見せたい」

メンバーがはけて会場が暗転した直後、間髪入れずに客席からアンコールが起こりだし、それを受けて再びメンバーが登場。

明るいポップチューン「Billion Beats」を歌い終えると、アンコールのお礼と共にMCタイムへ。タカシは「2020年を迎えたので、もっと進化して新しい超特急を見せられるように頑張りたい。今回のライブではその気持ちを込めた。このライブを経て、これからも、もっと躍進していきたい気持ちが強まった」と意気込みを口にした。

続けてカイも「皆さんが楽しんでくれたら、僕もすごく幸せ。これからも色んな僕たちを見てもらえるように、2020年も進んでいきたいと思います。」と真面目に語ったかと思った矢先、突然ニッコリと満面の“ニャンちゅうスマイル”を見せ、「楽しかった! センキュウ!」と会場に向けて何度も投げキッスをしだし、そのあまりのギャップに驚いたリョウガからツッコミが入る。

「まだまだ声、出したりねえんじゃねえの?」とドS気味に煽るユーキの絶叫を合図に「Drive on week」がスタート。歌唱の途中、タカシが今年の干支であるネズミになぞらえて「俺たちが、“チュウ”特急や!」と歌詞をアレンジして会場を盛り上げつつ、「みんなのところに会い行こうぜ」とカイが口にすると、サイドステージやトロッコを使いながら満遍なく会場の観客へ挨拶をするようにメンバーたちが移動をしだす。

そして「ラストだ!」とリョウガの絶叫で始まったラストの曲は「超えてアバンチュール」。観客とメンバーのテンションが最高潮に達し、観客からの熱いコールに応えるようにメンバーたちも全力の激しいパフォーマンスを見せる。なお歌唱中、タカシが突然カイに抱き付き、カイもそれを受けてタカシに絡みつく場面が見られたが、カイのあまりの積極的な絡み方に慌てたタカシが「すごかった…」と慌てながら離れる様子を見せ、観客をドキドキさせる一幕も。

またメンバー・観客ともに頭を前後へ激しく振る“ヘドバンタイム”では頭を振っていない観客へリョウガがすかさず「頭を振れー!」ツッコミを入れたり、ヘドバンを終えたタクヤが首を抑えて手を「無理無理…」と言わんばかりに顔をしかめて左右に手をひらひらと振るなど、全力でパフォーマンスをしながらも、時折メンバーたちがステージ上で自由な姿を見せる。

パフォーマンスが終わると、「ありがチュウ!」と最後までねずみの真似をしてお礼を言うタカシの言葉にほっこりした笑いが起きつつ、客席を丁寧に見渡しながら感謝の気持ちを口にしてステージをゆっくり歩くメンバーたち。途中、しゃがみながら目線を下げて客席に手を振ったカイは、合間にステージに落ちている銀テープを拾い集め、目の前の客席へ投げ入れたり、タクヤは一度ステージへ戻ったものの、再びサブステージへ走りながら戻り、再度客席へ手を振るなど、メンバーたちも「本当に楽しかった」と言いながら名残惜しそうな様子を見せる。

「2020年、もっともっと全速力で走っていきますので、超特急をよろしくお願い致します!以上、超特急でした!」と最後の挨拶を終えると、深々と頭を下げ、この日のライブは幕を閉じた。

セットリスト

M1:SAY NO
M2:Don’t Stop 恋
M3:Burn!
M4:PUMP ME UP
M5:Secret Express
M6:PAPAPAPA JUMPERS
M7:Revival Love
M8:TRAIN
M9:S.B.N Japanese Battle
M10:Kura☆Kura
M11:Full Moon
M12:Body Rock
M13:On & On
M14:Hey Hey Hey
M15:STYLE
M16:Drawイッパツ!
M17:Clap Our Hands!
M18:Kiss Me Baby
M19:バッタマン
M20:走れ!!!!超特急
EN1:Billion Beats
EN2:Drive on week
EN3:超えてアバンチュール