年末の宴会シーズン、連日のように忘年会を渡り歩いている会社員の方も多いはず。なかには、お酒があまり飲めない人もいるかもしれない。せっかくの宴会、お酒を飲むだけでなく、美味しい食事を楽しみたいものだ。そこで今回紹介したいのが、居酒屋チェーン店「三代目鳥メロ」の期間限定メニュー「牛タンとゆめの大地豚のネギしゃぶ150分食べ放題コース」だ。

  • 鳥メロ「牛タンとゆめの大地豚のネギしゃぶ食べ放題」で食事派も大満足

    たっぷりとネギが入った出汁でしゃぶしゃぶした肉の美味さにみんなが笑顔になること間違いなし

食べ放題のしゃぶしゃぶを実食!

「牛タンとゆめの大地豚のネギしゃぶ150分食べ放題コース」(税別3,980円)は、2019年11月21日~2020年1月31日までの期間、日~木曜日限定で提供される宴会プラン。料理は「牛タンとゆめの大地豚のネギしゃぶ」「鶏ももグローブ焼(玉ねぎ塩ダレ)」「ポテト&揚パスタ」「イカチヂミ」「枝豆」「人参ドレッシングサラダ」「寒ブリのおろしポン酢」「〆のうどん」の全8品、プラス飲み放題が付いている。

  • 「牛タンとゆめの大地豚のネギしゃぶコース」全8品はボリュームたっぷりで大満足できるはず

なんといっても目玉は「牛タンとゆめの大地豚のネギしゃぶ」の食べ放題。まず、ネギがたっぷりと入ったしゃぶしゃぶ鍋のスープを味わってみてほしい。白だしベースに鳥の脂を加えているそうで、すっきりとしているが旨味が凝縮されており、染み入る美味さ。今回の宴会コースのために試行錯誤を重ねて作られたスープなんだとか。

  • 食べ放題のしゃぶしゃぶ「牛タンとゆめの大地豚のネギしゃぶ 」

そこに脂身が適度に入った「ゆめの大地豚」をしゃぶしゃぶして、ネギをたっぷりとまとわせて食べると、味が濃くて旨味たっぷり。牛タンも柔らかくて食べ応えあり。ほうれんそう、玉ねぎスライスと一緒にどんどん口に入る。玉ねぎスライスって合うのかな、と思ったけど、だしを吸ってしんなりした玉ねぎはじつに美味。ブラックペッパーなどで作られているスパイスを加えると、味変になって飽きることなく食べ続けられる。そして、シメにはうどんが用意されており、これがまたスープとよく合っていてツルツル胃の中へ吸い込まれてしまった。

  • 出汁にくぐらせたスライスオニオン、ほうれん草は肉と一緒にいくらでも食べられそう

充実したサイドメニューも美味!

鍋以外のメニューも充実していて、特におすすめしたいのが、「イカチヂミ」。サックサク、モチモチな歯ごたえがたまらない。また、「鶏ももグローブ焼(玉ねぎ塩ダレ)」も濃厚なタレと鶏もも肉のジューシーさがビールにとても合う。「寒ブリのおろしポン酢」も、新鮮で脂が乗った寒ブリがさっぱりしたおろしポン酢とのマッチングで、美味しくいただける。

  • 「イカチヂミ 」はサクッモチモチッとした食感が絶品。優秀助演料理賞を差し上げたい

  • 「鶏ももグローブ焼(玉ねぎ塩ダレ)」は鳥メロならではのジューシーさがピカイチ

  • 新鮮な刺身の美味しさもあなどれない!「寒ブリのおろしポン酢」

だしの旨味と野菜との相性の良さで、さっぱりとヘルシーにどんどん食べられる「牛タンとゆめの大地豚のネギしゃぶ」。お酒を飲む人はもちろん、どちらかというとお酒より食事派の人も、大満足できるコースだ。今から忘年会の予約を考えている幹事の方は、さっそく「三代目鳥メロ」のオフィシャル・ウェブサイトをチェックしてみよう。

著者:岡本貴之

1971年新潟県生まれのフリーライター。音楽取材の他、グルメ 取材、様々なカルチャーの体験レポート等、多岐にわたり取材・ 執筆している。好きなRCサクセションのアルバムは『BLUE』。趣味はプロレス・格闘技観戦。著書は『I LIKE YOU 忌野清志郎』(岡本貴之編・河出書房新社)」