働く時間も内容も、自分のライフスタイルに合わせて自由に決められるフリーランスに憧れる……。だけど、「独立して稼げるような専門スキルは持ち合わせていないし難しいだろうなぁ」と考える人は多いのではないでしょうか。

そんな人にぜひ知ってもらいたいのが、フリーランスがチームを組んで仕事を請け負うという働き方。1人では仕事量・スキル共に難しい業務でも、さまざまなスキルを持ったメンバーが協力し合えば、企業の要望に応えることができ、フリーランスとして一人ひとりが活躍できる、というわけです。

企業から委託されたプロジェクトを、チームとして請け負うフリーランスのコミュニティ「ナラティブベース」に参画している我妻あかねさんに、そんな働き方の魅力について語ってもらいました。

  • 「ナラティブベース」に参画して働くフリーランス、我妻あかねさん

    「ナラティブベース」に参画して働くフリーランス、我妻あかねさん

フリーランスになりたいと思った理由

――もともと人材系企業の総合職だったそうですが、フリーランスになりたいと思ったきっかけは何ですか?

私には中学2年生と小学4年生の子どもがいるのですが、今から5年ほど前、当時上の子が小学3年生だった頃に、保育園時代とは違う子どものケアの必要性を感じたのがきっかけです。

保育園では子どもの様子や友達との関係などについて、全て先生から教えてもらえました。しかし小学校に上がると、子どもがどんな生活をしているのかは実際に見てあげないと分からないことが増えたんです。

当時は会社員として朝から晩まで時間を拘束されていたので、子どものことを十分に見てあげられていないな、という思いがあって。在宅勤務制度を使って家にいることもできたのですが、家にいても勤務時間であることには変わりないので、子どもの相手ができず、もどかしく感じることもありました。

それから、会社での仕事自体はとても楽しかったのですが、在職年数が増えるにつれ役割も固定化してきてしまっていて、将来のキャリアについて悩んでいたことも理由の1つです。

――そこで、なぜフリーランスという選択肢が浮かんだんですか?

自分がどうあったら幸せなんだろうって考えたときに「早朝や深夜に働いて、昼間は家事・育児ができる」とか「好きな時間に銀行や役所、時にはバーゲンにも行くことができ、その合間に仕事ができる」といった生活が理想だなと思ったんです。

こういう生活が会社員では難しくても、フリーランスだったらできるのかなって思って。でも、1人で営業して何か仕事をとってくるというのは現実的ではなかったんですよね。

前職では、主にミドル・バックオフィスの業務改善や社内の調整業務などをやっていたので、一般的にフリーランスとして独立して戦えるような専門性は持ち合わせていませんでしたから。

――そんなときに、ナラティブベースに出会われた?

もともと代表と知り合いで、「会社を辞めたら仕事ありますか?」ってお聞きしたら、いろいろな働き方を提案していただけて、それ以来参画しています。

我妻さんが参画する「ナラティブベース」とは

――本日は代表の江頭春可さんにも同席していただいているのですが、ナラティブベースとはどういったコミュニティなんですか?

江頭さん: ナラティブベースは、説明しやすい専門性がなくても、社会人生活の中で培った得意ごとを持ったメンバーでチームを作れば、変幻自在に企業からの要望に応えることができる、そんなことを実現しているフリーランスのコミュニティです。現在、30~50代のさまざまなスキルを持ったフリーランスの方たちが関わっています。

今はどこの企業でも、時代の変化に合わせて事業を小さくしたり大きくしたりしています。人を雇うまでもないけれど、こんな業務が必要、となったときに、そこにアジャストしていく人材を企業側が一人ひとり寄せ集めていくのは大変です。

ナラティブベースでは、フリーランスの個人を紹介するのではなく、フリーランスで作るチームごとコーディネートして提供しているので、企業側の負担も小さくできます。時代のニーズに合っているのか、営業活動をせずとも、フリーランスの方々それぞれが依頼を持ち込んできたり、一つの取引先から複数のプロジェクトをいただいたり、紹介していただいたりという中で、仕事が生まれています。

――今の社会にとって需要のある取り組みでもあるんですね。参画しているフリーランスの方たちからすると、会社員として働くことと、どんな違いがあるのでしょうか?

江頭さん: ナラティブベースとしてフリーランスを雇用しているわけではなく、企業から業務委託されたプロジェクトをさらにフリーランスに業務委託するという仕組みなので、個人がプロジェクトへの関わり方を自由に選べるようになっています。

一般的な会社では、「この仕事には興味がないのでやりたくありません」とか「来月は子どもの用事がたくさんあるので、仕事量を8割くらいにします」というようなことは言えないと思うのですが、それを言えてしまうのがこのコミュニティの魅力です。

チームとしてのアウトプットさえ保証していれば、例えば通常2人でできる業務を4人で担うというやり方もできます。仕事の切り分け方が自在なので、個人の希望する業務内容や業務量に応じて調整することができるんです。

  • 左から、ナラティブベース代表の江頭春可さんと我妻さん

    左から、ナラティブベース代表の江頭春可さんと我妻さん

チームで働くことで、自分のスキルが伸びる・広がる

――我妻さんは専門性を持っていないことを心配されていましたが、実際にフリーランスとして働き始めて、その不安は払しょくされましたか?

会社員時代に培ったスキルを生かせば、お役に立てる場面はけっこうあるなと感じています。例えば、業務の進行管理や業務のフロー作りといったスキルは、中小の企業では非常に重宝されます。大手と違い、煩雑になっている業務内容を整理するところまでなかなか手が回っていないことも多いので。

また、業務フローを組み立てていく中で、この業務は外注した方が楽になるのではと気づくこともあります。そうして仕事を切り出していくと、ナラティブベースのフリーランスのメンバーに新たな仕事をおろしていけるので、やりがいにもつながっていますね。

――こういった周辺業務って、チームで仕事を請け負うからこそ生まれる仕事ですし、それによってチームに新たな仕事を生み出せるのも素晴らしいですね

会社員時代に培ってきたスキルを生かせるのに加え、これまでとは違うスキルを身につけることができるのも、チームで仕事をする良さですよ。例えば私、ライター経験はないのですが、チームの中でライティングを担っている人の仕事を見て、執筆・編集のノウハウが身につくこともあります。

チームの中でスキルを補い合ったり、育てあったりできるのも魅力です。

――スキルを伸ばすだけでなく、広げることもできているのですね

会社員時代に比べると仕事の幅は広がったと感じますね。自分のスキルを直接提供したり、チームをマネジメントしたり、これまで営業経験はなかったけれども営業的な要素のある仕事にチャレンジしてみたり……会社にいたら、もしかしたら一生できなかったかもしれない仕事ができているので、それは強みになっていると思います。

それからもともと趣味だったカメラも、仕事にすることができました。会社員では副業として取り組むのも、難しかったかもしれません。今は平日に撮影を入れることもできるので、柔軟に対応できます。

――仕事の仕方も変わってきそうです

会社員時代は「評価」を念頭に置いて働いていました。しかし今は評価制度があるわけではなく、お客様に対してどういう価値を提供できるのかが全てです。そのため、自分で商売をしている感覚が持てるようになったなと思います。

また、よりお客様に対して真摯に向き合えるようになりました。他者からの評価に縛られなくなったことで、精神的にもすごく自由になったと感じています。

会社員を卒業後、生活の変化は?

――フリーランスになってから、きっと生活も大きく変わりましたよね

そうですね、毎日毎日全然違う働き方をしています。その日の予定によってお客様とアポがあれば外出したり、アポのない日は1日家で作業をしてオンラインで会議をしたり。

子どもとの時間に加えて、美容室に行ったり映画を観たり、自分の時間も持てるようになりました。まさに、会社員を辞める前に私が望んでいた生活です。

  • 我妻さんの1日(我妻さんのnoteより引用)

    我妻さんの1日(我妻さんのnoteより引用)

――自分で仕事の進行を管理しないといけないという点では、モチベーションの維持が難しそうな印象もあります

時に怠惰になってしまい、会社員であれば否が応でも出勤して仕事に集中できるのになと思うことはあります。ただそういった管理の大変さはありながらも、今の自由な生活と天秤にかけると、フリーランスとして働くことはメリットの方が大きいと感じています。

――仕事量や収入の面で変化はありましたか?

会社を辞めた直後は、会社員時代の半分以下の稼働時間でスタートしたと思います。子どもの成長と共に仕事量を徐々に増やしていて、今は当時と同じくらいになりつつあるのかな、という感じです。

収入面についても、「最低限いくらくらいは稼ぎたい」といった希望を代表に相談できるので、ありがたいですね。

フリーランスになりたい人へ

――収入が不安定だったり、仕事があるか心配だったり、フリーランスとして働いていると、不安な気持ちになることはありますか?

不安か不安じゃないかで言えば、よく考えたら不安です。でも、ベースとして「不安なのは当たり前」というところからスタートしているので、常に不安だ不安だと思っているわけではありません。今できることに集中して取り組んでいる感じです。

会社員を辞めるかどうか悩んだときに、「不安っていうのは、大前提でしょ?」と言ってくれたフリーランスの友達がいて、その言葉が大きいですね。

今の時代、会社員だって仕事がなくなるかもしれない。職場環境が悪化して今いる会社を辞めたくなったり、仕事を続けられなくなったりする可能性は、誰にだってある。会社員であれば不安を感じにくいだけで、みんな不安なんだと。

不安を感じにくい生活と、自分が実現したいライフスタイルを比較したら、後者の方が欲しいと思ったので、私はフリーランスになることを決めました。

――フリーランスになるか悩んでいる方たちにとって、勇気のもらえる言葉ですね

自分の理想の生活を実現するために、フリーランスになりたいと考えている方がいたら「自分には無理だ」って思わないでほしいと思っています。私も実際、無理かもしれないと思いながら始めてみましたが、今はチームという場であれば、できることがいっぱいあるんだなって思えているので。

今の時代、フリーランスとして働いてみて合わないなと思ったときに、会社員に戻ることもそんなに難しくありません。フリーランスになることのハードルを高めずに、チャレンジしてみてほしいですね。