スポーツ飲料ブランド「パワーエイド」から、初のスポーツゼリー飲料「パワーエイド フルパワーショット」「パワーエイド リカバリーショット」が9月30日より発売された。発売に伴い、"どこまでいけるか"をキーメッセージとした新キャンペーンが行われており、その1つとして人気トレーナー田上舞子さんのマンツーマントレーニングが受けられるチケットが抽選で5名に当たるプレゼントキャンペーンも実施されている。

  • 美人トレーナー×パワーエイドで目一杯カラダを鍛えてきた

    田上舞子さんは会社員時代にダイエット目的でトレーニングを始めてパーソナルトレーナーに転身したという一風変わった経歴の持ち主

そこで今回は、「パワーエイド フルパワーショット」「パワーエイド リカバリーショット」を飲みながら、田上トレーナーのパーソナルトレーニングを体験してきた。

まったく運動をしていない筆者が、美人トレーナーと対峙!

「運動、してる?」と訊かれれば、食い気味に「してません!」と即答できる俺。そんな筆者を笑うことなかれ。会社勤めをしている人の多くは、仕事仕事で会社と家の往復で一日が終わっちゃうはず。さらに週末になればベッドの上でグッタリ。このままじゃ、いかん。この機会になんとか体を鍛えようではないか。

都内のジムに到着すると、トレーナーの田上さんが「こんにちは~」と明るい笑顔でお出迎え。めっちゃ美人。そしてまるで小動物のように顔小っちゃい。だけど、ボディはムキムキ。特に肩幅が広くてすごい。どうやって鍛えればこんなボディになれるのだろう。まるでキン肉マンに出てくる超人のようだ。いや、そんなことを考えている場合じゃない。早速、トレーニングウェアに着替えてこれから約1時間、トレーニングを受けるのだ。

  • トレーニング前には「パワーエイド フルパワーショット」を。りんご味で美味しい。この時点ではまだ余裕が……

まずは「パワーエイド フルパワーショット」を飲んでから、トレーニングを開始。「パワーエイド フルパワーショット」には、持続性エネルギー源のパラチノース(糖質)と、アラニン(アミノ酸)が配合されており、スポーツやトレーニングで動き続ける身体のパフォーマンスをサポートするゼリー飲料。「アップル味」で適度な酸味が感じられる爽やかさがあり美味しく飲むことができた。

  • 「パワーエイド フルパワーショット」「パワーエイド リカバリーショット」それぞれの効果も詳しく紹介してくれた

田上トレーナーとマンツーマンでトレーニング開始!

さて、いよいよトレーニング開始。「準備はいいですか~?」と微笑みつつ声をかける田上トレーナー。その笑顔とは裏腹なハードなトレーニングが待っていた(※あくまでも筆者基準の「ハード」)。

  • 体の使い方などを寧寧に指導していただいた

まずは鏡に向かっての運動から。筆者は首、肩が猛烈に凝っているので鍛えてなんとかならないものか?と日頃から思っていたのだが、「肩が凝っている方は、だいたい肩甲骨周りの筋肉を覆っている「筋膜」が固くなったり癒着しているので、それを剥がして元の正常な状態に戻してあげることが重要になってきます」との田上トレーナーの解説で、両腕を上げて指先を肩の上に乗せる感じで、肘で大きく前後に円を描くような動きを実践。

「イテテテ……」全然腕が上がらない。だけど、これなら仕事の合間に部屋の中でもできそうだ。続いて床に仰向けに寝て腹筋のトレーニング。簡単そうに見えて全然できないという精神的なショック。「こんなはずでは……」本当に体がなまりまくっている。開始から10分も経たないうちに、すでに体がしんどい。「ハイ、ここまでがウォーミングアップです」。まだ……ウォーミングアップ……だと……!?うそでしょ。

  • 時計でいうところの3時の角度(これ以上曲がらない)

その後も台に乗っての腹筋、3kgのボールを抱えて左右に体をひねる動き、器具を使った下半身、上半身の運動等、みっちりトレーニング。ウェイトトレーニングでは、「もうムリー!」というぐらい、どんどん負荷をかけていったのだが、その都度、「限界まで追い込みましょう!がんばれー!」と田上トレーナーに檄を飛ばされることで一応、なんとかがんばろうという気持ちになった。なるほど、パーソナルトレーニングってこういうことか。1人だと絶対すぐにやめてしまいそうな人にこそ向いているのかも。

  • 器具を使ってのスクワットもサポートしてもらいつつ実践

  • どんどん追い込まれつつもトレーナーがいるおかげで頑張れるのがパーソナルトレーニング。とはいえ悶絶

トレーニングは、最後にストレッチを行って終了。終わった後には、もう1つのゼリー飲料「パワーエイド リカバリーショット」を飲んだ。こちらは、身体づくりのためのホエイプロテイン5,000mgとクエン酸1,200mgを配合(いずれも180gパウチ/1袋当たり)しており、運動後のリカバリーを素早くサポートしてくれるという。「ヨーグルト味」で、食べ応えがすごくある感じだ。こちらもすごく美味しい。

「パワーエイド」を飲むと、どんな効果がある?

「パワーエイド」ゼリードリンクを飲むことで、トレーニングの前後にどんな効果が得られるのだろうか。田上トレーナーに改めて訊いてみた。

――今日はありがとうございました!トレーニング前後に飲んだ「パワーエイド フルパワーショット」と「パワーエイド リカバリーショット」について教えてください。

田上:「パワーエイド フルパワーショット」には、トレーニングに必要なエネルギー源のパラチノースという糖質と、アラニンというアミノ酸の1つで、糖をエネルギーとして合成する手助けをしてくれたり、肝臓の働きを良くしてくれる効果があります。「パワーエイド リカバリーショット」は、「プロテイン」ってよく名前を聞くことがあると思うんですけど、トレーニング後に摂ってほしいホエイプロテインと、身体を回復してくれるクエン酸が配合されています。

――これを飲むと、具体的にどんな効果が得られるのでしょうか。

田上:「パワーエイド フルパワーショット」は、トレーニング中にしっかりエネルギーが持続してパワーが出るように、速やかに吸収してくれる糖質を体に入れていくもので、「パワーエイド リカバリーショット」は、トレーニング中に消費したアミノ酸を補給するという役割があります。この2つを飲むことで、効率良く筋肉をつけたり、効率よくトレーニングをすることができます。アミノ酸や糖質が身体から切れてなくなっちゃうと、身体が筋肉を分解してエネルギーを生み出そうとしてしまうんです。そうすると、せっかく筋トレをがんばっても、筋肉がどんどん分解されていってしまうので、エネルギーをしっかり摂って、筋肉の分解を抑えることが大事です。そして、エネルギーを使った分は、補給してあげることが大事になってきます。

最近、糖質オフダイエットが流行っていることもあって、なんとなく糖質は悪いものみたいなイメージを持ってしまいがちだが、田上トレーナーによると「糖質を摂ると血糖値が上がってインスリンホルモンが出るんですけど、インスリンホルモンが唯一、筋肉に栄養を送ってくれるホルモンになるので、それを出さないと筋肉に栄養がいかないんです。ですから、トレーニング前などに、必要な糖質はしっかり摂った方がいいです。ただ、そのインスリンホルモンが出すぎちゃうと、脂肪にも栄養が行ってしまって太ってしまうので、糖質をたくさん摂りすぎるのは注意した方がいいですね」とのこと。なるほど、糖質の摂り方、運動の仕方で身体への影響は大きく違ってくるようだ。

トレーニング前に赤いパッケージの「パワーエイド フルパワーショット」を、トレーニング後に青いパッケージの「パワーエイド リカバリーショット」を飲む、と覚えておけばわかりやすい。12月8日(日)に東京都内で田上舞子トレーナーのマンツーマントレーニングが受けられるチケットが抽選で5名に当たるプレゼントキャンペーンは、11月15日(金)23:59まで募集しているので、この機会に身体のことを考えて応募してみては?

著者:岡本貴之

1971年新潟県生まれのフリーライター。音楽取材の他、グルメ 取材、様々なカルチャーの体験レポート等、多岐にわたり取材・ 執筆している。好きなRCサクセションのアルバムは『BLUE』。趣味はプロレス・格闘技観戦。著書は『I LIKE YOU 忌野清志郎』(岡本貴之編・河出書房新社)」