寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生によるユニット・スフィアの「LAWSON presents Sphere 10th anniversary Live tour 2019 "A10tion!"」が2019年9月15日、東京・中野サンプラザにて開催された。

  • 「LAWSON presents Sphere 10th anniversary Live tour 2019 "A10tion!"」

音楽活動の充電期間を挟み、新たな幕開けとなったファン待望のワンマンツアーを9月7~8日、大阪・オリックス劇場にてスタートさせたスフィア。ここでは3公演目となる東京公演の模様をお届けする。

ステージ中央のセットから4人が登場すると、今年5月に発売された10周年記念アルバム『10s』を引っさげてのワンマンツアーということで、アルバムリード曲「Music Power→!!!!」でオープニングを飾った。スフィアのこれまでとこれからを歌ったその楽曲からはもちろん、彼女たちの佇まいと表情からも10年間の確かな軌跡が感じられ、まさに1曲目にふさわしい選曲だ。2曲目には、発売から今年2月の充電明け初ライブまで毎公演セットリスト入りしていた盛り上がり必至の楽曲「Miracle shooter」を元気いっぱいに歌い、会場のボルテージも急上昇。続けて4人それぞれにフォーカスした楽曲を披露していく。

筆頭の「My Sweet Words」は寿にフォーカスしたデジロック。高垣にフォーカスした「パルタージュ」では優雅なピアノとストリングスが鳴り、豊崎にフォーカスした「SPOTLIGHT」はナチュラルでやわらかなサウンド、戸松にフォーカスした「CITRUS*FLAG」は弾けるようなブラスに掛け声も盛りだくさん……と曲調の全く異なる4曲だが、グッズのCITRUS*FLAGやSPOTLIGHT ミニブレードも使いながら、この4人だからこその見事な調和を見せつけた。

ここで最初のMCパート。東京での公演は、同じく中野サンプラザで2017年9月に行われた「LAWSON presents Sphere live tour 2017 “We are SPHERE!!!!”」ぶりとのことだ。一人ずつ挨拶をしていき、ひたすらキャピキャピする"いちごミルクモード"でのトークへ若干脱線しつつ、最後はしっかり「そんな私たち、スフィアです!」と揃えた。

そしてベース・平本陽一郎、ドラム・外薗雄一、キーボード・籠島裕昌、ギター&バンマス・平井武士というスフィアライブではおなじみの顔ぶれを紹介すると、「私たちのハーモニーを楽しんでいただけたら」(豊崎)という一言から、『10s』新曲の「When You Feel Love?」を歌い出す。4人それぞれが誰とも重ならない旋律を担当しており、客席からのクラップを浴びながら、心躍るハーモニーを奏でた。

4人がステージから捌けると、バンドメンバーによって「Heart to Heart」をアレンジした演奏が行われ、ここからはソロコーナーが始まる。

星が輝くネイビーのワンピース衣装でステージに顔を出した豊崎は、自身の3rdアルバムから「一千年の散歩中」という意外なチョイス。シンプルなバンドサウンドと優しい歌声で包み込み、歌い終えると「どうもありがとう」と一礼。戸松は大きなリボンのあしらわれたミニ丈ワンピースで登場し、「オレンジレボリューション」で会場をにぎやかに彩る。ファンと一緒に踊りながら、"伝説の鳥"になったり元気よくピースしたりと、戸松らしい盛り上がりを見せた。

次のメンバーは……と待ち構えていると、ここで堀江由衣による音雨航空0915便の機内アナウンスが。朗読劇「音雨エアライン 時空の旅」の始まりだ。過去のライブの舞台裏で起こっていたというとんでもない出来事が面白おかしく描かれる芝居パート。今回は初めてスフィアの脚本を担当する岩崎う大(かもめんたる)によるシナリオで、行き先は、2011年9月18日に行われたスフィア初の代々木第一体育館でのライブ「スフィアライブ2011 Athletic Harmonies -クライマックスステージ-」。「時空の旅をごゆっくりお楽しみください」というアナウンスのあと、なんと4人が「スフィア LIVE 2010 sphere ON LOVE, ON 日本武道館」で着用していた真っ赤な衣装で登場する。クライマックスステージの開演1時間前、楽屋でマルモリダンスを踊っていた戸松が突如行方不明に、というトラブルから朗読は始まった。

劇中歌には、当時の1曲目に歌われた「クライマックスホイッスル」を披露。この赤い衣装は「クライマックスホイッスル」を初披露したときの思い出の衣装でもあり、ファンも大興奮。4人の振り付けを真似しながら、思いっきり楽しんだ。

「このあとはより一層お盛り上がりくださいませ」とのアナウンスでソロコーナーが再開し、寿が「中野まだまだ行くよー!」と煽りながら現れる。パンクロックの「Bubblicious」を力強いボーカルで聴かせ、先ほどのアナウンス通り、会場はより一層盛り上がる。ソロコーナーのラストは、高垣が畳み掛けるように「Lasting Song」を歌う。心揺さぶられるロックナンバーだ。ワンショルダーのブラックスタイルの衣装も相まって凛々しく決まった。