女優の山口紗弥加、俳優の小手伸也、フリーアナウンサーの田中みな実が、フジテレビ系ドラマ『モトカレマニア』(10月スタート、毎週木曜22:00~)に出演することが20日、明らかになった。

  • (左から)小手伸也、山口紗弥加、田中みな実

『Kiss』(講談社)で連載中の瀧波ユカリ氏原作の同名コミックを原作に、元カレ・マコチ(高良健吾)の存在を引きずり、“モトカレマニア(MKM)”になった主人公・難波ユリカ(新木優子)の混乱と暴走と試行錯誤を描いていく同ドラマ。

山口が演じるのは、ユリカが愛読する恋愛小説の作者・丸の内さくら。小手は、ユリカとマコチが働くチロリアン不動産の社長・安藤一朗。ゴールデン・プライム帯ドラマ初レギュラーとなる田中は、地元の北海道でコミュニティーラジオのパーソナリティーとして活躍しているむぎちゃんこと来栖むぎを演じる。

さらに、チロリアン不動産の社員でユリカの同僚・大沢将役で森田甘路。丸ノ内さくらの担当編集者で、さくらに新しい作品の執筆を熱望する新田浩二役で大地。ユリカと親友の周防ひろ美行きつけの“BARネコ目”のマスターで、ユリカとマコチの行く末を優しく見守る増田隆志役で加藤虎ノ介。“BARネコ目”のアルバイトで、空気を読まない軽口でユリカを怒らせてしまう近藤康役で井上翔太も出演する。