昭和の国鉄時代から活躍してきた185系。現在、定期列車として運行される185系の特急列車は「踊り子」のみとなった。JR東日本は東海道本線の特急列車に関して、中央本線で活躍したE257系によって置き換える予定と発表している。

  • 国鉄時代に製造された特急形電車185系。現在も特急「踊り子」を中心に活躍中(写真:マイナビニュース)

    国鉄時代に製造された特急形電車185系。現在も特急「踊り子」を中心に活躍中

車両の置換えが進めば、東海道本線経由で伊豆方面へ向かう185系の特急列車はいずれ見納めとなるだろう。先月末、取材で静岡県下田市を訪ねる機会があり、185系の特急「踊り子」に乗って東京~伊豆急下田間を往復することにした。

■方向幕がかえって新鮮な185系

185系は国鉄時代の1981~1982年に製造された直流特急形電車である。特急形電車といっても、それまで急行形電車で行われていた東海道本線での通勤利用を考慮して幅広のドアを採用し、当時の座席は転換クロスシートだった。185系のうち、0番台は特急「踊り子」を中心に使用され、200番台は耐寒耐雪仕様とした上で、上野~大宮間の「新幹線リレー号」や上野駅発着の新特急などに使用された。

現在、185系の車内はリクライニングシートにリニューアルされている。それでも車両全体からあふれる「国鉄感」は変わらないように思う。

いまの列車は車外の種別・行先表示がLED化されていることが多い。最近は高輝度のフルカラーLEDによる表示も珍しくなくなった。一方、185系はいまも方向幕で行先などを表示する。東京駅ホームに入線した185系を見ると、懐かしさを通り越して、かえって新鮮な印象を受けた。パンタグラフが菱形というのも、いまでは珍しい。

往路で筆者が利用した列車は東京駅10時0分発「踊り子107号」。3号車(モハ185-31)に乗車した。車内販売がないことはわかっていたので、事前に弁当や飲み物を用意した。

東京駅を定刻に発車し、車内では「鉄道唱歌」(オルゴール)のチャイムが鳴った後、車掌の肉声による車内放送が行われた。録音の英語アナウンスもない。

「踊り子107号」は東海道本線をゆるりと走行し、品川駅を発車してからスピードを出し始める。特急列車とはいえ、東海道本線では川崎駅・横浜駅・大船駅とこまめに停車する。185系は窓を開けることも可能。こうした設備や停車駅の状況などを考えると「国鉄」「急行」という印象が生まれてくる。

「急行」という種別がJR各社の定期列車からなくなり、近距離でも「特急」となっている現在では考えにくいことではあるが、かつて所要時間2~3時間程度の在来線列車は大半が「急行」として運転されていた。そして「急行」のほうが停車駅は多かった。筆者は1979年生まれで急行列車の全盛期を知らない世代だが、「踊り子」は急行列車が走った時代の運行状況を現代に伝えるかのような走りを見せてくれる。

■平日でも夏休み期間は伊豆への観光客が多い

乗車したのは7月末。平日とはいえ、行先が伊豆半島であり、夏休み期間ということもあって、車内には観光客が多い。席を向かい合わせにした家族連れや、お酒を飲んでいる人たちの姿も見かける。

使われなくなった車販準備室などは、JR東日本が車内販売を縮小する方針である以上、しかたがないといえる。ただ、観光客が多く、財布の紐がゆるみやすいと思われる列車において、惜しいとも感じる。

洗面所を見ると、自動の水栓ではなく、片手でレバーを動かして水を出すタイプの洗面台だった。座席は新しくなっても、こちらは製造当初のままのようだった。

藤沢駅から先、湘南エリアでも185系は快調にスピードを出して走る。全速力という印象ではなく、悠々とした走りだ。やがて進行方向左側に海が見えてくる。車内のこどもたちが海のほうを見る。広く大きな、水平線の見える海だった。小田原駅を発車した後も、車窓の一面に海が広がる区間がある。トンネルの連続で通過してしまう東海道新幹線では味わえない、広々とした海を長時間味わえる。

熱海駅に到着すると、こどもたちを連れた家族が下車した。ここから列車は伊東線に入る。単線区間となり、185系の走りものんびりしたものとなる。トンネルに入るとスマートフォンの電波が通じなくなり、ローカル区間に入ったという印象を受ける。

  • JR伊東線を走行する「踊り子」

来宮駅で「スーパービュー踊り子」、宇佐美駅で伊豆急行の2100系(リゾート21)「Izukyu KINME Train」と行き違う。しばらく走った後、再び「鉄道唱歌」のオルゴールが鳴る。伊東駅に到着だ。ここで降りる人も多い。

伊東駅からは伊豆急行線となる。乗務員もJR東日本から伊豆急行に交代し、車内アナウンスに肉声の英語アナウンスが加わった。

伊豆高原駅ではどんどん人が降りていく。伊豆急行線は1961(昭和36)年開業で、歴史は比較的新しい。戦前からある路線だったら、海岸沿いを急曲線で敷設されたのではないかと考えられるが、実際にはやや高い場所に線路が敷かれ、高架橋とトンネルによる直線的な路線となっている。ゆえにトンネル内ではスピードも出る。

伊豆熱川駅を発車ししばらく経つと、車窓に広い海が見える。ここで観光案内のアナウンスがあり、「晴れた日には伊豆大島も見える」とのことだった。河津駅に停車した後、伊豆急下田駅が近づくと「鉄道唱歌」のオルゴールが流れ、アナウンスで下田の紹介も行われる。伊豆急下田駅にはほぼ定刻に到着。2時間36分の旅だった。

■帰りの「踊り子」は185系200番台を使用

この日の取材を終え、帰りは伊豆急下田駅を16時50分に発車する臨時列車の特急「踊り子118号」に乗車した。1号車に乗るため、伊豆急下田駅の頭端式ホームでは改札に近く、歩く距離が短くて済んだ。

  • 伊豆急行線の終点、伊豆急下田駅

塗装は白地に緑の斜めストライプが入った「踊り子」スタイル。この塗装はもともと0番台のデザインである。しかし車内に入ると、往路で乗った「踊り子」とは様子が異なる。ドアは上からの光学的なセンサーではなく、下にセンサーがあり、踏まれたら開くというしくみになっていた。車内に入り、車両番号を見ると「クハ185-215」。200番台だ。となると7両編成である。0番台と200番台では、改造のされ方も異なっているようだ。

「踊り子118号」は伊豆急下田駅を発車し、河津駅で普通列車と行き違う。普通列車の使用車両は伊豆急行8000系で、かつて東急電鉄8000系として活躍した車両を改造している。伊豆急行は東急グループであり、東急電鉄で活躍した車両が普通列車用の車両として使われる。JR東日本の路線である伊東線でも、元東急電鉄の車両が当たり前のように乗り入れてくるため、都内に住む者としては少々違和感を覚えてしまう。

河津駅を発車すると東伊豆海岸線の案内が行われるが、臨時列車ということもあって車内に乗客は少なく、車窓に注目しようとする人も少なかった。列車はその後、伊豆熱川駅、伊豆高原駅と停車するが、臨時列車ゆえに停車時間が長い。伊豆高原駅では9分も停車している。行き違う列車はいずれも伊豆急行8000系。もう東京から「踊り子」「スーパービュー踊り子」は来ない時間帯なのだ。

伊東駅に到着し、JR東日本の乗務員と交代。乗客は多い。宇佐美駅と伊豆多賀駅で行き違いがあり、伊豆多賀駅では東京方面から来たE231系を見ることができた。

  • 185系200番台で運行される「踊り子」。写真の編成(OM09編成。伊豆急下田方の先頭車はクハ185-215)は現在、斜めストライプの入った塗装に変更されている

熱海駅には18時25分に着く。伊豆エリアを出るまで1時間35分かかったことになる。単線と行き違いの繰り返しの関係上、そうなってしまうのだろう。ましてや臨時列車だ。東海道本線に入った列車は、ゆっくりと日が暮れていく中、ゆったりとした走りを見せる。東海道本線の普通列車のダイヤに合わせているという印象さえ受ける。

車内を見て回ると、洗面台は自動水栓になっていた。グリーン車は4号車のみで、自動販売機が設置されていたのではないかと思える場所が車販準備室にあった。自由席はわりと埋まっているものの、指定席には余裕がある。グリーン車は人が少ない。

小田原駅を出ると、列車は東京圏の通勤エリアに入っていく。次の停車駅は大船駅だが、この日は東海道線内で事故が発生したらしく、列車が遅れる可能性があるとの車内放送が聞かれた。大船駅・横浜駅・川崎駅と停車する中で、事故の影響が「踊り子118号」にも波及する。品川駅では定時になっても発車せず、少し遅れた。遅れを知らせる録音アナウンスが、英語など複数の外国語で放送される。

ようやく品川駅を発車し、しばらくすると「鉄道唱歌」のオルゴールが流れる。約7分遅れで東京駅に到着した。時刻表通りに運行しても3時間8分。それに遅れが7分加わった。到着ホームは8番線ホームから7番線ホームに変更されていた。東京駅で降りると方向幕が回り、「回送」で幕は停止した。

185系の特急「踊り子」は、いまや関東圏では珍しい、国鉄時代の雰囲気を味わいながら長時間の鉄道旅行を楽しめる列車といえる。これからE257系による置換えが進み、185系「踊り子」の運行終了時期が明らかになれば、鉄道ファンらが殺到する可能性は高いだろう。いまのうちに乗車しておき、昭和の「国鉄感」あふれる旅をのんびり楽しむのも良いかもしれない。