主要16作がそろった2019年の夏ドラマ。今回もドラマ解説者の木村隆志が、全作品の初回放送をウォッチ。俳優名や視聴率など「業界のしがらみを無視!」したガチンコでオススメ作品を探っていく。

別記事(「2019年夏ドラマの傾向分析! 高品質原作のプライム帯、熱量増す深夜帯」)において、2019年夏ドラマの主な傾向を「[1]苦戦の夏、原作探しに奔走するドラマ班 [2]深夜ドラマへの熱量は増す一方」の2つと分析。

おすすめドラマとして、『だから私は推しました』(NHK 土曜23時30分)、『べしゃり暮らし』(テレ朝系 土曜23時15分)、『凪のお暇』(TBS系 金曜22時)、『監察医 朝顔』(フジ系 月曜21時)、『ルパンの娘』(フジ系 木曜22時) の5作を選んだ。

本記事では、それらを含む全作品のショートレビューと、目安の採点(3点満点)を挙げていく。

■『監察医 朝顔』 月曜21時~ フジ系

上野樹里

出演者:上野樹里、時任三郎、風間俊介ほか
寸評:法医学者は刑事に次ぐ連ドラの人気職種で鮮度はないが、東日本大震災を正面から扱う原作からの脚色に覚悟がにじむ。上野、時任、風間のトリオに安心感があり、淡々とした法医学パートと感情が押し寄せる震災パートの落差がせつない。派手さを排除した静かな演出に好感。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

■『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』 月曜22時~ テレ東系

反町隆史

出演者:反町隆史、小池栄子、橋爪功ほか
寸評:ノンフィクションが原作だけに、強烈な悪役や犯罪はなく、地に足のついたハートフルな物語が続く。穏やかに情熱を燃やす主人公とスタッフ、依頼人、債権者の三者が見せるやり取りには一定以上のリアリティがある。地味だが、スタッフは強力だけに安定感は折り紙付き。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『TWO WEEKS』 火曜21時~ カンテレ・フジ系

三浦春馬

出演者:三浦春馬、芳根京子、比嘉愛未ほか
寸評:“逃亡劇”は忘れたころに放送される連ドラの定番。ただ現代らしいアップデートはなく、かつて見た主人公と警察の追いかけっこのようなシーンが続く。悪意丸出しのキャラが多く、子どもの命をチラつかせるなど、韓流ドラマのテイストが苦手な人は敬遠するだろう。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

■『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』 火曜22時~ TBS系

石原さとみ

出演者:石原さとみ、福士蒼汰、志尊淳ほか
寸評:石原主演で夏らしいスカッとしたコメディを期待した人が多い中、小ネタを詰め込むような演出に肩すかし。レストランというシチュエーションを生かした笑いどころは少なく、オチもついていない。そもそも、「何がテーマの作品なのか」が見えないのがつらいところ。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

■『偽装不倫』 水曜22時~ 日テレ系

出演者:杏、宮沢氷魚、仲間由紀恵ほか
寸評:東村アキコの原作漫画から、ヒロインの相手役を韓国人から日本人に改編したことが裏目に。「歯の浮くような言葉」「旅先での過ち」という作品の肝が宙に浮いた。番宣で幸せな子育て話を連発させた杏に「婚活で失敗続き」の役は気の毒。不倫を掲げながら色気に欠ける。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』 木曜21時~ テレ朝系

大森南朋

出演者:大森南朋、松雪泰子、仲村トオルほか
寸評:法医学、韓流ドラマという2つのコンセプトは中高年層シフトであり、大森、松雪、仲村、西田敏行のベテランキャストも理にかなっている。それだけに過剰な演技を求めるような演出は疑問。戦う相手が巨大権力である分、シリアスにやりすぎるとかえって白けるのでは。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

■『ルパンの娘』 木曜22時~ フジ系

深田恭子

出演者:深田恭子、瀬戸康史、渡部篤郎ほか
寸評:伝統ある『木曜劇場』に突如吹き荒れた笑いの嵐。小手先の小ネタではなく、設定、キャスト、展開、美術、音楽などの大ネタで笑わせる王道のコメディが貫かれている。徹底したおバカに反比例するようなスタイリッシュな映像の違和感も含め、ここでしか見られないドラマ。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

■『わたし旦那をシェアしてた』 木曜23時59分~ 読売テレビ・日テレ系

小池栄子

出演者:小池栄子、りょう、岡本玲ほか
寸評:「同じ男性と事実婚していたシングルマザー3人がシェアハウスで暮らす」という荒唐無稽な設定をあえて選択。母子のヒューマンと、男性の死をめぐるミステリーを共存させたが、序盤はどちらつかずの印象に。少しずつ謎を明かしながら進めなければ、飽きられそう。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『これは経費で落ちません!』 金曜22時~ NHK

多部未華子

出演者:多部未華子、重岡大毅、吹越満ほか
寸評:毅然とした経理部員を演じる多部の凛とした魅力が際立つ。「みなさんが稼いできたお金を守るのが私の仕事です」の決めゼリフも、オフの脱力した姿も、すべてはヒロインを魅力的に見せるため。どこにでもある経理が舞台だけに、今夏最も安心して楽しめる作品かもしれない。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

■『凪のお暇』 金曜22時~ TBS系

黒木華

出演者:黒木華、高橋一生、中村倫也ほか
寸評:“暇”と“夏”を思わせる工夫が随所に施され、どん底からの再生物語ながら、どこか爽やかで清々しい。色気たっぷりの慎二とゴンに翻弄されつつも、地道に成長を遂げる凪。周囲の住民も含め、人間くさい会話は奥が深い。視聴者が思いをはせる余白を残した演出は希少。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

■『セミオトコ』 金曜23時15分~ テレ朝系

木南晴夏

出演者:山田涼介、木南晴夏、今田美桜ほか
寸評:岡田惠和の脚本で『イグアナの娘』『泣くな、はらちゃん』を思わせるファンタジックラブストーリー。アニメのような設定とアイドル主演で敬遠する人も少なくないが、人間の純粋さと残酷さをピンポイントで突く物語は継続視聴の価値アリ。深夜より夕方の放送向きかも。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『Iターン』 金曜24時12分~ テレ東系

ムロツヨシ

出演者:ムロツヨシ、古田新太、田中圭ほか
寸評:ダークかつバイオレンスな設定ながら、きっちり笑わせるのは3人の地力。メジャー作では優男の役も多いが、「これぞムロ、古田、田中の生かし方」と思わせる。大胆ながら抑えの効いた映画のような演出は内田英治監督らしく、レイトショーを見ているような雰囲気も。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『ボイス 110緊急指令室』 土曜22時~ 日テレ系

唐沢寿明

出演者:唐沢寿明、真木よう子、増田貴久ほか
寸評:「助かるかどうか」のハラハラドキドキに賭けたド真ん中のタイムリミットサスペンス。「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」という設定からのカウントダウンに心拍数を上げられる。要の「ボイス」を担う真木の活舌と、唐沢の演じる刑事の無能ぶりに賛否。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『べしゃり暮らし』 土曜23時15分~ テレ朝系

間宮祥太朗

出演者:間宮祥太朗、渡辺大地、矢本悠馬ほか
寸評:スピード感と勢い重視の展開は、行間を楽しむ原作漫画とは異なるドラマらしい仕上がり。芸人・劇団ひとりの演出に応えようと奮闘する俳優たちの熱さに引き込まれるが、問題は回を追うごとに漫才のレベルを上げられるか。B’zの主題歌で締めるエンディングは痛快。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

■『だから私は推しました』 土曜23時30分~ NHK

桜井ユキ

出演者:桜井ユキ、白石聖、細田善彦ほか
寸評:『ゾンビ』『腐女子』と秀作続きの『よるドラ』に、名脚本家・森下佳子が参戦。アラサーOLと地下アイドルの陰をシンクロさせた物語は、手の届きそうなリアルさであふれている。桜井、白石の注目女優2人のキャスティングセンスも抜群で、序盤は非の打ちどころなし。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

■『ノーサイド・ゲーム』 日曜21時~ TBS系

大泉洋

出演者:大泉洋、松たか子、上川隆也ほか
寸評:「暑苦しい」と言われ続けた『日曜劇場』風の演出は抑えめで、ラガーマンの純粋さを全面に。スケール感のあるロケは健在な上に、大泉と松が持つ芯の強さと抜け感が心地いい。W杯を控えたタイムリーさに加え、女性向けの作品が多い中、男性層のニーズに応える心意気。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

■著者プロフィール
木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組にも出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』など。