群馬県桐生市の「ひもかわうどん」と埼玉県鴻巣市の「こうのす川幅うどん」は、幅広の麺が特徴の見た目にもインパクトが強いご当地グルメです。一見、同じ料理のようにも思えるこのふたつのうどんですが、麺の幅はどちらが太いのでしょうか?

それぞれの特徴を紹介しつつ、探っていきます。

  • 群馬 ひもかわうどん

    群馬名物の「ひもかわうどん」

※以下、紹介する各店ともに、掲載情報は2019年7月時点でのものとなっています。営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、詳細はご来店前に店舗にご確認ください

群馬の伝統グルメ「ひもかわうどん」とは?

ひもかわうどんは桐生市に伝わる郷土料理

ひもかわうどんは、群馬県の東部に位置する桐生市に伝わる郷土料理です。薄く伸ばした幅広の麺がひもかわうどんの特徴で、つるっとした喉ごしともちもちっとした食感が楽しめます。

もともとは冬によく食べられていたというひもかわうどんですが、現代では、冷たいざるうどんなども登場しており、食べ方のバリエーションが豊富になっています。麺の幅は、広いものでは10cm以上になるものもあるそう。

  • ひもかわうどん

    ひもかわうどん

群馬県は、もともと小麦粉の生産地として知られており、「地粉(じごな)」と呼ばれる国内産の小麦粉が今でも作られています。そのため、地粉を用いた多彩な料理が昔から数多く作られてきました。ひもかわうどんも、そのうちの1つ。

そのほかにも、幅広の麺を味噌または醤油味の味付けで煮込んだ「おっきりこみ」や、コシの強い食感が特徴の「水沢うどん」、素まんじゅうを焼け串に刺して炭火で焼き、甘辛の味噌を塗って仕上げる「焼きまんじゅう」なども有名です。

  • 焼きまんじゅう

    焼きまんじゅう

埼玉県鴻巣市の「こうのす川幅うどん」とは?

川幅日本一で町起こし

群馬県のひもかわうどんとよく似た見た目をしているのが、埼玉県の鴻巣市の名物こうのす川幅うどんです。

このうどんが誕生したのは、鴻巣市~吉見町間を流れる荒川の川幅(=河川敷も含めた両岸の堤防から堤防までの距離のこと)が2,537mあり、日本一の川幅として国土交通省に認定されたことがきっかけだったのだそう。

2009年に誕生した「こうのす川幅うどん」

その“川の幅”にちなんでうまれたのが、こうのす川幅うどん。なんでも、”川幅日本一”を町おこしのテーマに掲げた鴻巣市が、市内の飲食店にうどんの開発を依頼して2009年に誕生したのがこのうどんなのだそう。ちなみに鴻巣市では、川幅グルメとして、パスタやハンバーグ、漬物、和菓子などでも川幅をテーマにしたものを開発しているそうです。

  • 川幅煮込みうどん

    川幅グルメを代表する「久良一」の「川幅煮込みうどん」

川幅うどんの食べ方は、魚介ダシが利いた汁を味噌味でアレンジした温かい「川幅味噌煮込みうどん」や、だし汁と一緒につるっと食べられる冷やしうどんなどが主流。川の流れをイメージして作られているという麺は、麺の幅が5~8cmほどあり、強めのコシともちっと食感が特徴です。

【合わせて読みたい】 : 幅広さでは負けない! 埼玉県の川幅日本一の町ではあらゆるグルメが幅広に…

ひもかわうどんとこうのす川幅うどん、どちらが太いのか

材料は同じでも、食感は別物!

古くから続く粉ものの食文化の中で生まれたひもかわうどんと、町おこしの一貫として誕生したこうのす川幅うどんは、ほぼ同じ素材を使って作っています。しかし、その見た目や作り方こそ似ているものの、それぞれの味わいは別物です。

たとえば、食感。薄くてつるっと食べられるひもかわうどんに対して、より厚みのあるこうのす川幅うどんはコシが強いのが特徴です。

太いのはどっち?

それでは、ひもかわうどんとこうのす川幅うどんは、いったいどちらが太いのでしょうか?

ひもかわうどんの老舗「ふる川」で提供されているひもかわうどんは、最大幅が約12cmあるとのこと。これは、通常のうどんの幅を4mm程度とすると、約30倍もの幅があることになりますね。

一方、こうのす川幅うどんの有名店「久良一(くらいち)」では、川幅みそ煮込みうどんに使用するうどんが約5.5cm、冷製 川幅うどんには約7cmのうどんを使っているそう。喉越しがいいひもかわうどんに比べると、生地にコシがあり噛み締めながら麺そのものの風味をじっくり味わえます。

ほかには、「長木屋」というお店では、11.5cmのこうのす川幅うどんが提供されているということがわかっています。

ここまで来ると、それぞれのうどんの太さはお店によって異なるため、太さについてはほぼ互角でどちらが太いという判断はできなさそうですね……。

ひもかわうどん・川幅うどんのおすすめ店を紹介!

この記事の主題であった「どっちが太いのか」という問いに関して、「お店によるため互角」というなんとも玉虫色の答えを出してしまいましたが、せっかくなのでここからは、ひもかわうどんと川幅うどんのおすすめのお店を紹介していきます。

ひもかわうどんのおすすめ店3選

まずは、ひもかわうどんのおすすめ店を紹介します。

ふる川

「ふる川」は、最大幅が約12cmもあるひもかわうどんを提供しており、地元桐生で行列ができる有名店です。

同店では、盛り付けが美しいと評判の「もりひもかわ」、「肉なすつけ汁」や「鴨つけ汁」など、麺とともにだしの旨味もしっかり堪能できるメニューが揃っています。土日に訪れる場合は、開店前から並ぶのが待ち時間が少なくておすすめですよ。

  • ふる川のうどん (画像は味処ふる川公式サイトより)

ふる川パークイン桐生店
住所 : 群馬県桐生市巴町2-2-3 パークイン桐生 1F
営業時間 : 17:00~22:45(L.O)
定休日 : 月曜
アクセス : JR両毛線「桐生駅」南口から徒歩1分
公式HP : http://himokawa.jp/

藤屋本店

次にご紹介するのは、「藤屋本店」。桐生市に残る伝統的な建築物が集まるエリアに位置しているお店です。同店のひもかわうどんは、5~7cmと比較的食べやすい幅が特徴で、単品のシンプルなひもかわうどんのほかに、「カレーせいろひもかわ」などの変わり種メニュー、群馬のB級グルメを一緒に楽しめる「ソースかつ丼セット」なども用意されています。

藤屋本店
住所:群馬県桐生市本町1-6-35
営業時間:11:30~14:30(火~日)、17:30~20:30(金・土・日)
定休日:月曜・第4火曜日(祝日の場合は午前の部のみ営業、火曜日が休みとなる)
アクセス:
・JR両毛線「桐生駅」から徒歩約20分
・上毛電鉄「西桐生駅」から徒歩約20分

うどん 八州

「うどん 八州」は、小麦の表皮や胚芽などをまるごと製粉した小麦粉を使用するひもかわうどんを提供しているお店です。

同店では、地元群馬産の豚肉とネギを使用した「肉汁ひもかわ」や、クリーミーなごまだれでいただける「ごま汁うどん」に「カレーひもかわ」など、さまざまな種類のうどんが揃っています。ひもかわうどんは、薄伸ばし・厚伸ばしの2種類から選択可能なので、好みに合わせて選んでみてください。

うどん 八州
住所:群馬県桐生市浜松町2-8-19
営業時間:11:30~14:00、17:30~19:30(金・土・日は20:00まで)
定休日:木曜日・第1水曜日
アクセス:JR両毛線「桐生駅」から徒歩約20分

こうのす川幅うどんのおすすめ店3選

次に、川幅うどんのおすすめ店を紹介します。

久良一(くらいち)

「久良一(くらいち)」は、こうのす川幅うどん発祥の店として知られています。川幅日本一の町おこしの地元グルメとしてこうのす川幅うどんを開発したのがこのお店だったそう。

濃いめの味噌味で仕上げた「川幅みそ煮込みうどん」は、アサリやネギの旨味たっぷり。ほかにも、夏の定番となっている「冷製 川幅うどん」は、きゅうりやトマトなどの旬の野菜がたっぷり盛られたさっぱり味のメニューとなっています。

久良一
住所 : 埼玉県鴻巣市人形4-1-36
営業時間 : 11:30~15:00、17:30~21:00(日曜日は昼のみの営業となる)
休業日 : 木曜日
アクセス : JR高崎線「鴻巣駅」から徒歩約20分

長木屋

明治24年創業の老舗うどん店「長木屋」では、北海道の小麦粉を100%使用したこうのす川幅うどんを提供しています。

化学調味料を使わずに仕上げる鰹だしの旨味が評判のうどんは、ちくわや玉子、豆腐など具沢山の「川幅御三家うどん」や、水菜やコーン、温泉卵がトッピングされた冷やしタイプの「川幅彩うどん」などのメニューが人気です。

長木屋
住所 : 埼玉県鴻巣市本町5-5-2
営業時間 : 11:30~14:50、17:00~19:50
定休日 : 木曜
アクセス : JR高崎線「鴻巣駅」から徒歩約6分

馬力屋

手打ちそばの有名店「馬力屋」は、こうのす川幅うどんがおいしい店としても知られています。同店のこうのす川幅うどんは、広げると先がだんだんと細くなる三角形をしているのが特徴です。“末広がり”なうどんは縁起がよさそうですね。

こちらのお店では、つけ汁でいただくざるうどんが評判で、シンプルな「ざるうどん」のほかに、だしの旨味が楽しめる「鴨汁うどん」なども人気です。

馬力屋
住所:埼玉県鴻巣市滝馬室948-2
営業時間:11:30~14:30、17:30~20:30(木曜日は昼飲みの営業)
定休日:木曜の夜
アクセス:JR高崎線「鴻巣駅」から徒歩約13分

まとめ

以上、群馬県の「ひもかわうどん」と埼玉県の鴻巣市の「こうのす川幅うどん」について紹介しました。双方ともに食感や食べ方等の違いこそあるものの、うどんの幅についてはどちらが太いとは決められなさそう、ということが分かりました。

同じ素材を使った「ひもかわうどん」と「こうのす川幅うどん」。このふたつを実際に食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね。

「ご当地グルメ」を知って、旅行・出張を楽しむ!

ご当地グルメを食べる、というのは旅行の醍醐味のひとつですよね。旅先や出張先で、その地に根付いた料理を食べるという経験は思い出に残ります。

そこで、マイナビニュース編集部では全国津々浦々のご当地グルメに関する情報を調査! 静岡名物「黒はんぺん」や、大分名物「だんご汁」など、さまざまなご当地グルメを紹介しています。こうした個性的な料理を知っていれば、旅行や出張の楽しみが1つ増えることでしょう。ぜひご覧ください。

【合わせて読みたい】 : 「ご当地グルメ」に関する記事はコチラ