【お茶の保存に】茶筒のおすすめ8選! 家庭料理家に取材

【この記事のエキスパート】

三星舎 代表・鍼灸師・家庭料理家:調 香生子(Koko Shirabe)

三星舎 代表・鍼灸師・家庭料理家:調 香生子(Koko Shirabe)

学生時代の一人暮らしをきっかけに、SNSで朝ごはんの投稿を始めました。

鍼灸師として働きながら、健やかに丁寧に生きる豊かな暮らしと、健康づくりについて考えています。

影響を受けたのは、街の開業医に嫁ぎ「健康とは」と考え続けた祖母の健やかな暮らしの知恵。

衣食住に必要なすべてのものに歴史や風土の影響があり、物の本質を見抜けるようになりなさいという教えを大切にしています。

平成26年「日本の暮らし」をテーマに三星舎を立ち上げ、健やかな生活に欠かせない商品作りを始めました。

美味しくて身体に良い食べ物、調理道具、器など「家庭料理」にまつわる歴史や文化に興味を持っています。


本記事では、家庭料理家の調 香生子さんに聞いた、茶葉を保存するための専用容器「茶筒(ちゃづつ)」の選び方とおすすめ商品を紹介します。香りのよいお茶は、気持ちをほっと和ませてくれるものですよね。しかし、保存方法を間違えると、お茶の繊細な香りが失われおいしさが半減してしまいます。香りのよいお茶を楽しみたいのなら、保存方法にも気を配りましょう。適度な湿度・温度を保てる茶筒で保管をすることで、お茶の風味が失われにくくなりますよ。ぜひおすすめ商品をチェックしてみてくださいね。

茶筒選びの3つのポイント! 家庭料理家に聞きました

家庭料理家の調 香生子さんに、茶筒を選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。お気に入りの茶葉を上手に保存するためにも、次のポイントを意識して茶筒を選びましょう。

金属製や木製など、茶筒の素材で選ぶ

【エキスパートのコメント】

茶筒には、銅や真鍮(しんちゅう)、ステンレスなど金属でできたものがよく見られます。また、ブリキなど金属製の缶に木の皮などを貼りつけて装飾したものや、木製、木製で漆(うるし)をほどこしたもの、陶器や磁器などいくつかの種類があります。

長く最高の品とされてきたのは「銅の茶筒」です。ただ、銅はサビやすく扱いに注意が必要。濡れた手でさわらない、乾いた布で拭くなど、管理に気をつけましょう。

万が一銅の緑青(ろくしょう・酸化によって起こる青緑色のサビ)が出ても危険なものではありませんし、お手入れによって再びきれいにできます。

我戸幹男商店『KARMI 俵 Soji』:

出典:楽天市場

インテリアとしてもおしゃれな木製の茶筒。繊細な節目模様と美しい木目が特徴です。

大きすぎる茶筒はNG! 容量もしっかり確認して

【エキスパートのコメント】

お茶をおいしく保つには、なるべく空気に触れさせず酸化させないことが大切です。購入するお茶のサイズに合わせて、もしくは開封して茶筒に移したお茶をひと月ほどで飲み終えることを考えてサイズを選ぶのがおすすめ。茶筒を選ぶ際は、内容量の確認をしましょう。

お茶が好きで、日本茶に限らずいろいろな種類のお茶を飲まれる方は、茶筒をいくつかそろえましょう。たとえば、日本茶用、中国茶用、フレーバーティー用、紅茶用など、香りが混ざらないように分けて使うことをおすすめします。

しっかり密閉できるかも要チェック

【エキスパートのコメント】

茶葉に酸化は禁物です。しっかりと密閉できる容器を選びましょう。銅の茶筒のなかには、金槌(かなづち)を使って金属を伸ばし、立体形状を作る「打ち出し」という技法で作られた茶筒があり、茶筒内を適度な湿度で密閉するのにすぐれています。蓋(ふた)をかぶせた際、ゆっくりと自然に蓋が落ちる様子をご覧になったことがあるという方も多いでしょう。

打ち出し以外のものでも、蓋との間にゴムのパッキンがついているものなど、それぞれに密閉の工夫がありますので購入する前に確認してください。

東屋『茶筒 中』:

出典:楽天市場

打ち出し技法でつくられた銅製の茶筒。スッと蓋が落ちてピッタリと密閉します。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)