主要18作がそろった2019年の春ドラマ。今回もドラマ解説者の木村隆志が、全作品の初回放送をウォッチ。俳優名や視聴率など「業界のしがらみを無視!」したガチンコでオススメ作品を探っていく。

別記事(2019年春ドラマの傾向分析! 令和に向けてドラマ史上最大のLGBTブーム)において、2019年春ドラマの主な傾向を「【1】新時代に向けて描かれる自分らしさ」「【2】ドラマ史上最大のLGBTブーム」の2つと分析。

おすすめドラマとして、『腐女子、うっかりゲイに告る。』(NHK 土曜23時30分)、『向かいのバズる家族』(日テレ系 木曜23時59分)、『きのう何食べた?』(テレ東系 金曜24時12分)、『俺のスカート、どこ行った?』(日テレ系 土曜22時)、『わたし、定時で帰ります。』(TBS系 火曜22時)の5作を選んだ。

本記事では、それらを含む全作品のショートレビューと、目安の採点(3点満点)を挙げていく。

■『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』 月曜21時~ フジ系

窪田正孝

窪田正孝

出演者:窪田正孝、本田翼、広瀬アリスほか
寸評:月9は今期も安全策の医療ドラマ。メインの3人は若年層を意識したキャストであり、技師にスポットを当てることで、何とか矜持を見せている。各話のエピソードにバラつきこそあるが、日陰の存在にならざるを得ない技師たちの葛藤や絆を丁寧に描こうという姿勢は好印象。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『スパイラル~町工場の奇跡~』 月曜22時~ テレ東系

玉木宏

玉木宏

出演者:玉木宏、貫地谷しほり、國村隼ほか
寸評:玉木を筆頭にメジャーな主要キャストに驚かされるが、そこは『ドラマBiz』。町工場という地味な舞台を選び、倒産の危機と再生を焦らず丁寧に描いている。本家『ハゲタカ』に比べるとシビアさは薄く、情に訴えかける物語だが、玉木は意外に泥臭い人情キャラが似合う。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

■『パーフェクトワールド』 火曜21時~ フジ系

松坂桃李

松坂桃李

出演者:松坂桃李、山本美月、瀬戸康史ほか
寸評:車椅子の主人公によるラブストーリーは、『大恋愛』を見ればわかるようにベタだからこそ今の視聴者に合う。ただ、「ヒロインがなぜ主人公に惹かれるのか」の理由が「初恋だから」だけでは感情移入は浅い。盛り上がりは二人の恋を阻むキャラたちの奮闘にかかっている。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『わたし、定時で帰ります。』 火曜22時~ TBS系

吉高由里子

吉高由里子

出演者:吉高由里子、向井理、中丸雄一ほか
寸評:「定時で帰る」を徹底するヒロインは好感度が高く、同僚たちとの対比は鮮明。普通のOLという身近な設定もあって、最初から応援したくなるムードを醸し出し、口コミを誘っている。職場のシビアな問題をどこまで掘り下げ、その上で重くならずポップに見せられるか。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『白衣の戦士!』 水曜22時~ 日テレ系

中条あやみ

中条あやみ

出演者:中条あやみ、水川あさみ、沢村一樹ほか
寸評:どう見ても『ナースのお仕事』の確信犯的リメイク。ひさびさの看護師ドラマだけにドジとドタバタに振り切るより、素直に仕事をフィーチャーすればよかったのでは? 水川に引っ張られて中条が成長すれば、終盤に意外な感動を得られる可能性も。20時台の放送が適切。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

■『緊急取調室』 木曜21時~ テレ朝系

天海祐希

天海祐希

出演者:天海祐希、田中哲司、小日向文世ほか
寸評:第2シリーズでは、すっかり役をつかんだキャストに対して、脚本の物足りなさを感じた視聴者が少なくなかったが、今シリーズも序盤は低め安定という印象。浅野温子、仙道敦子ら往年の主演女優たちを序盤でゲスト出演させたところに、当作のターゲット層が見える。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

■『ストロベリーナイト・サーガ』 木曜22時~ フジ系

二階堂ふみ

二階堂ふみ

出演者:二階堂ふみ、亀梨和也、江口洋介ほか
寸評:竹内結子版を見た人は、「なぜこのキャストなのか?」という疑問を払拭できず素直に見られないだろう。事実、主要キャストは謎の若返りを果たしている。7年前と同じ物語が大半を占めるだけにリメイクの意義は薄く、楽しみは前シリーズで未放送の新作エピソードのみか。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆ 期待度☆】

■『向かいのバズる家族』 木曜23時59分~ 日テレ系

内田理央

内田理央

出演者:内田理央、白洲迅、高岡早紀ほか
寸評:「バズる」という現代的なモチーフと、「家族」を描く古典的な設定はプロデュースの妙。バズることの表と裏をどこまでリアリティたっぷりに掘り下げられるか。ナマハゲチョップやミュージカル演出などの自由さ、ネットを使ったリアルタイムPRなど何かと意欲的。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

■『執事西園寺の名推理2』 金曜20時~ テレ東系

上川隆也

上川隆也

出演者:上川隆也、吉行和子、佐藤二朗ほか
寸評:「奥様」が八千草薫から吉行和子へ。仕方のないこととは言え、成否は「視聴者にその違いを受け入れてもらえるか」にかかっている。浮世離れした上川の存在感が主人公にリンクし、不思議なほど安心感が漂い楽しませてくれるだけに、事件の質は二の次でいいのかも。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

■『ミストレス~女たちの秘密~』 金曜22時~ NHK

長谷川京子

長谷川京子

出演者:長谷川京子、大政絢、水野美紀ほか
寸評:不倫、尊厳死、死亡保険、不妊、同性愛……刺激的な題材がズラリ。ただ、キャスティングから演出まで、いかにも「秘密を抱えて罠に落ちていきます」という押しの強いプロデュースで好き嫌いが分かれそう。演出は過度にムーディーだが、なぜか主題歌のほうが目立つ。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

■『インハンド』 金曜22時~ TBS系

菜々緒

菜々緒

出演者:山下智久、濱田岳、菜々緒ほか
寸評:偏屈、不愛想、ドS、変人の主人公はステレオタイプだが、寄生虫学者とロボットハンドの義手はインパクト大。謎多き生物や感染症などに挑む物語も、他作との差別化となり興味深い。メイン3人の役作りは賛否が分かれそうであり、ロボットハンドの描写はあれが精一杯か。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『家政夫のミタゾノ』 金曜23時15分~ テレ朝系

川栄李奈

川栄李奈

出演者:松岡昌宏、伊野尾慧、川栄李奈ほか
寸評:第3シリーズは伊野尾と川栄が入って変化必至。「三田園さんは女ですか?男ですか?」のピュアな伊野尾、疑い深く勝手に推理する川栄……脚本の技が光る。「丼・来放題(ドン・キホーダイ)」やバチェラーなどのイジリも健在で、家事テクニックも含め、コンテンツてんこ盛り。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『きのう何食べた?』 金曜24時12分~ テレ東系

西島秀俊

西島秀俊

出演者:西島秀俊、内野聖陽ほか
寸評:ゲイの中年カップルを描きながら、物語は極めて日常的であり、それぞれの悩みも等身大。淡々と、でも繊細な2人の演技は見ているだけで癒される。動画レシピサイトを思わせる手元中心の料理カットも含め、パッケージ力は高く、テレ東「飯テロ」の進化が止まらない。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

■『俺のスカート、どこ行った?』 土曜22時~ 日テレ系

古田新太

古田新太

出演者:古田新太、松下奈緒、白石麻衣ほか
寸評:「グレート・ティーチャー・オネエ」を思わせる破天荒さは、25歳の劇作家・加藤拓也の脚本ならでは。共感はできず名言もないが、悪意的な高校生たちには、これくらいのほうが響くのかも。飛び降りも白石の下ネタも狙いすぎの感はあるが、ネタドラマとしてアリか。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

■『東京独身男子』 土曜23時15分~ テレ朝系

高橋一生

高橋一生

出演者:高橋一生、斎藤工、滝藤賢一ほか
寸評:イケメンかつハイステイタスな“AK男子”はキャッチーで、「結婚に向き合いはじめるがうまくいかない」というコンセプトは脱力を誘う。ほぼ女性スタッフで固めるなど、魅力的な3人の俳優を生かす布陣は万全。3人の詭弁とアジェンダのシーンは、まだ噛み合わず。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『腐女子、うっかりゲイに告る。』 土曜23時30分~ NHK

金子大地

金子大地

出演者:金子大地、藤野涼子、谷原章介ほか
寸評:タイトルのインパクトに相反する穏やかで優しい世界観に心を揺さぶられる。ゲイも腐女子も、人の痛みがわかる人物造形で、性別や「好き」だけではくくれない関係をじっくり描写。『おっさんずラブ』同様のピュアな世界観だが、笑いを封印した当作の切なさは深い。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

■『集団左遷!!』 日曜21時~ TBS系

福山雅治

福山雅治

出演者:福山雅治、香川照之、三上博史ほか
寸評:福山の役作りに否定的な声が多いが、慣れれば愛されるタイプの主人公。「銀行が舞台で下剋上が魅力」と言えば池井戸潤×福澤克雄だが、明るさとノリで差別化している上に、いずみ吉紘×平川雄一朗は泣かせるのが巧み。序盤は不安でも、右肩上がりの盛り上がりに期待。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■『あなたの番です』 日曜22時30分~ 日テレ系

田中圭

田中圭

出演者:原田知世、田中圭、生瀬勝久ほか
寸評:ハイリスクな2クール放送も、30人超のキャストも、意欲と挑戦の表れであり、スタッフの技量が問われる。序盤は登場人物の整理ができず、住民会のシーンも冗長など苦戦気味。交換殺人の不気味さも抑えめで、ときどき挟まれる癒しのシーンも、世界観をぼやけたものに。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

■著者プロフィール
木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組にも出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』など。