フジテレビの月9ドラマ枠に、前クールの『SUITS/スーツ』から2作品連続での出演となる女優の新木優子(25)。昨年4月から約9カ月ぶりとなる今回のインタビューまでの期間も、映画『あのコの、トリコ。』でのヒロイン役や、ドラマ『チア☆ダン』(TBS系)、『SUITS/スーツ』と大忙しだった。

周囲からの期待も大きくなっている現在の状況に、不安やプレッシャーを感じないと言えばウソになるだろう。そんな彼女に、現在撮影中のドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系 毎週月曜21:00~)で科捜研新人法医研究員・沢口ノンナ役を演じる心境や、新たなチャレンジについて聞いてみた。

  • 『トレース~科捜研の男~』に出演する新木優子 撮影:島田香(写真:マイナビニュース)

    『トレース~科捜研の男~』に出演する新木優子 撮影:島田香

■科捜研ってこういうことをやってるんだ

――月9連投となりますが、プレッシャーなどはありますか?

みなさんの期待がすごく大きいなというのは感じていますし、ファンの方がすごく楽しみにしてくださっているのも感じているので、そのプレッシャーに負けないように、期待に応えられるようにがんばりたいなと思っています。

――演じられる沢口ノンナという人物は、「なんの目的もなく科捜研の世界に足を踏み入れた科捜研新人法医研究員」という役どころですが、実際に演じてみての感想は?

まず、「科捜研ってこういうことをやってるんだ」っていうことを改めて感じました。警察はドラマにもよく出てきますし、認識が及ぶ職業だと思うんですけど、科捜研ってそんなに親しみのある職業ではないので、役をいただいた最初の感想が「科捜研の人って具体的に何やってるんだろう?」だったんです。でも、現場検証やルミノールの検査のシーンなどを通して「ここまで科捜研の方がやってくださってるんだ」というのを知ることが多くて。驚きもありますし、演じていてすごく楽しいですね。

――役づくりの苦労はありましたか?

科捜研の仕組みは結構複雑だったりするので、そういったところは細かく取材してきてくださったものを資料としていただいたんですけど、難しい専門用語も多いので、それをまず読んで理解するのが結構難しくてたいへんでした(笑)

あとは、沢口ノンナという役どころが、キャラクターの中でもいちばん成長が描かれていて、しかも見ている方にいちばん共感していただける役どころだと思うので、そういった成長をどうやって描いていこうかということを自分の中で咀嚼するのがたいへんな作業だな、と思いながら一生懸命がんばっています。

■寄り添う気持ち「忘れちゃいけない」と反省

――ノンナは新人で、仕事をどうやったらいいか悩んでいる人物ですが、ご自身が女優として初めてお仕事を始めたときにも重なる部分はありますか?

そうですね。演技を始めたばかりの頃、演技レッスンの先生が厳しくて……、その頃の自分を思い出します。必死にやっていたな、と。レッスンに行く電車の中で「どうやったら面白くなるだろう」とか、「その場にいる誰よりも違ったことをしたい」という思いがあったので、必死に頑張っていた自分や、失敗していた自分を思い出します。

――ノンナに感情移入してしまうところがある?

人の相談に乗るとき、私も一緒につらくなってしまうことがあるので、そういうところは似ているなと思います。ノンナは「何とかしてあげたい」という気持ちを大切にしているので、そこは素敵だなと思っています。

最近の私は、25年生きてきた中で相談に対して少しは核心的なアドバイスができるようになったからか、「私はこう思う」という自分の答えを相手に押しつけていたかもしれません。ノンナは本当に被害者の方の心に寄り添っているなと思うので、その気持ちを忘れちゃいけないなとちょっと反省しました。

――主演の錦戸亮さん演じる真野礼二とノンナはどんな関係性だと捉えていますか?

ノンナには真野さんの性格が全く読み取れないというか、真野さんの感情が見えないので、最初は疲れる相手だと思います。そこが真野さんのミステリアスで素敵なところでもあるんですが、ノンナにとってはただ振り回されているだけというか…。ただ、一緒にいるにつれて真野さんが本当は情熱的なことや、被害者の気持ちに寄り添って真実のために動いていることが分かってきて、尊敬の気持ちが生まれ、ついていこうと思うんじゃないでしょうか。真野さんも同じ熱量で真実を突き止めようとする後輩が入ってきて救われている部分があると思います。

――本作は本格的なサスペンスだそうですが、ラブっぽい展開もあったりするのでしょうか?

この先のストーリーをまだ聞いていないので、現段階ではどうなるかというのは言えないんですけど、終わりが見えないぶん、自分たちも演じていて「どうなるんだろう?」っていう楽しみはあります。

■錦戸亮は「大阪のお兄ちゃん」

――錦戸さんと共演された感想はいかがですか?

錦戸さんはセリフが全部標準語なのに、普段はずっと関西弁で話されていて、そのスイッチの切り替えがすごいな、って。こんなにずっと関西弁で話していたらセリフも関西弁にならないのかな、って思います。逆に、私に関西弁がうつってしまいそうなくらい(笑)。本当に「大阪のお兄ちゃん」という感じですね。

――撮影現場で印象的なことはありましたか?

転んだことですね(笑)。第1話の中にあった感情的なシーンで、真実をつき止めたいがために一生懸命になって被害者の方に食いつくんですけど、それを船越英一郎さん演じる虎丸刑事に止められるときに、お互いに真剣に向き合って、しかも感情的になっているので、虎丸さんに首根っこをつかまれて引きずられていくシーンで、押された勢いで床につるんとすべっちゃって。アップのシーンだったので、なぜか私が急に消えるっていう画しか撮れなくて、監督さんは「え? 何が起きたの?」みたいな(笑)

でも、そういう感覚でしっかりとお芝居ができてるなっていうのはうれしいですし、それくらい熱量の入った撮影が日々続いています。

――その船越さんと共演された感想はいかがですか?

すごく紳士で優しい方ですね。結構ボケたりオヤジギャグを言ってらっしゃるので「あ、こういうことも言われるんだ」って横で思ってます(笑)

――では最後に、作品と演じる役どころ、それぞれの見どころを教えてください。

今作には、私が演じているノンナの成長がすごく描かれているんです。もともと「やる気はあるけど何のために頑張ればいいのか分からない」っていうモヤモヤした気持ちでスタートして、科捜研で真野さん(錦戸)や虎丸さん(船越)の姿を見たり、現場で遺族の方と触れ合っていく中で、だんだん「自分は被害者や遺族の思いをしっかりと汲んで科捜研の仕事に生かしたい」と思うようになっていくんです。

そんなふうに、自分が今与えられている場所で少しずつ「自分はこうやってがんばっていけばいいんだ」ってやる気を見出して、少しずつ周りの助けを借りながら成長していく役どころなので、そういった成長する姿に共感してくださる方がいたら、その方自身も新しい自分や自分の成長につなげていけるような作品になるんじゃないかなと思います。

また、科捜研というものを理解していただける作品だなと思います。世の中で残酷な事件が日々起きている中で、私たちは「犯人が捕まりました」っていう、ニュースで伝えられる結果しか知らない。でも、そういった事件の裏側の部分を知ることによって、これからそういったニュースを見る視点が変わったり、なにかその人にとっていい変化につながるような作品になっていると思うので、ぜひ見ていただきたいなと思います。

●新木優子
1993年12月15日生まれ、東京都出身。07年、小学生の時に原宿でスカウトされ、芸能界入り。映画やCMに出演し、14年からは『non-no』専属モデルを務めている。近年では『いつかティファニーで朝食を』(15~16年・日本テレビ系)、『ラブラブエイリアン』(16年、フジテレビ系)、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(17年、カンテレ・フジ系)、『100万円の女たち』(17年、テレビ東京系)、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON』(17年、フジ系)、『重要参考人探偵』(17年、テレビ朝日系)、『トドメの接吻』(18年、日テレ系)、『チア☆ダン』(18年、TBS系)、『SUITS/スーツ』(18年、フジ系)などのドラマ、『風のたより』(15年、主演)、『僕らのごはんは明日で待ってる』(17年、ヒロイン)、『悪と仮面のルール』(18年、ヒロイン)、『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(18年)、『あのコの、トリコ。』(18年、ヒロイン)などの映画に出演。初のファンイベントが19年3月21日に東京国際フォーラムで開催予定。
  • 『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)
    古賀慶氏の人気コミック『トレース~科捜研法医研究員の追想~』を原作に、科捜研法医研究員・真野(錦戸亮)が真実のかけらから、亡くなった被害者の想いや無念を明らかにしていくストーリー。1月21日放送の第3話では、真野のもとに絞殺されたものと思われる9歳の少女(高松咲希)に関する鑑定の依頼が来る。
    (C)フジテレビ