報道番組やバラエティ番組などさまざまなジャンルの番組に出演し、2018年は声優に初挑戦するなど、幅広い活躍を見せているホラン千秋(30)。2017年4月よりTBSの報道番組『Nスタ』(毎週月~金曜15:49~ ※地域により異なる)のキャスターに就任し、すっかり“夕方の顔”に。もともと定評のあるコメント力や頭の回転の速さを存分に発揮している。

このたび、ホランが進行を務めるCBC・TBS系バラエティ特番『健民+県民~No.1 健康県に学べ!~』(2019年1月2日8:00~9:00、全国28局ネット)の収録後に本人にインタビュー。キャスターを中心に現在の活動について話を聞くと、長年培ってきたバラエティの経験がキャスターに生かされ、逆に、キャスターとしての経験もバラエティにも生きていると、報道番組とバラエティの相乗効果を実感しているという。

2018年は「タレント番組出演本数ランキング」女性タレント部門3位と大活躍の1年となったが、2019年はどんな年にしたいのか。今後の目標や目指す将来像についても語ってもらった。

  • ホラン千秋

    報道番組とバラエティ番組の相乗効果について語るホラン千秋 撮影:蔦野裕

■キャスターやMCとしての心構え

――『Nスタ』のキャスターに就任されて約2年。就職活動のときにアナウンサー試験を受けていたそうですし、幅広く活躍されている中でキャスターというのは特に思い入れのあるお仕事なのでしょうか?

アナウンサーになりたかったというよりは、テレビ局で「何かを伝える仕事」がしたいと思っていて、そのうちの1つの形がアナウンサーだったということだと思います。番組制作の採用試験も受けていて、とにかくテレビの世界で仕事をしていくために、チャンスがあればすべて挑戦してみようと思って。採用試験は全て落ちましたが、今こうしてニュースを読む仕事に携わることができているのは感慨深いですね。

――キャスターの仕事が一番しっくりきていますか?

「しっくりきている」だなんて恐れ多いです! どんなジャンルの仕事も好きですよ。毎日違うことをやっているのが好きなので、キャスターをやったりバラエティに出演したり、今回の健康番組のように進行をやらせてもらったり、今いろんなことにチャレンジできていることがとてもうれしいです。

――本当に出演番組が幅広いですが、それぞれの番組に合わせた発言やテンションにされていますよね?

そうですね。バラエティは特に「本音」の部分が求められるので、半歩踏み込む、一歩踏み込むということはあります。基本的に自分の意見はどの番組でも変わりませんが、「私的」なエッセンスをどれくらいの濃度で自分の発言に反映させるか…そのチューニングかなと思います。

――キャスターとして意識していることを教えてください。

報道番組に限らず、バラエティでも情報番組でも、色んな見方ができる問題については、自分と反対の考えの人たちにも理解してもらえるような言葉選びを意識しています。賛成意見も反対意見も両方に一理ある、という場合は特に。一方的に自分の立場の思いだけを言うのではなく、例えば相手側の意見にも理解を示してから自分の意見を言うとか。時間の問題や編集の都合で言えなかったりカットされたりすることもありますが、できる限り自分の言葉に責任をもって、誤解を生まない言葉選びを心がけています。

――生放送でもすごく落ち着いて発言されていますが、緊張しないタイプですか?

いえ、緊張します! 第一声まですごくして、第一声とともに緊張も吐き出している感じです。だからか第一声でかむことが多いんですけど、ここでかんだからあとは大丈夫ってなるんです(笑)。でもよくよく考えたら第一印象が決まる第一声でかむってとてもダメなことですよね…まだまだ精進が必要です(笑)

――今回のように進行役を務めるときに意識していることは?

進行は、ただそのタイミングが来たら台本を読めばいいわけではなく、直前の会話からスムーズに次の流れにつなげることが大切だなと思っているんですが…難しいですね。終わったかな、まだ続くかな…っていうタイミングを計るのはドキドキしています。

――この『健民+県民~No.1 健康県に学べ!~』には、“ご意見番”として三宅裕司さん、ゲストとして古坂大魔王さん、小柳ルミ子さん、牧野ステテコさんが参加され、笑いの絶えない収録になりましたね。

「進行の私がどうにかしなきゃ」と思うのではなく、三宅さんという大先輩がいらっしゃるので、勝手に大船に乗ったつもりで安心して進行ができました。三宅さんは共演者のちょっとしたひと言やボケを丁寧に拾って全部笑いされるので、本当にさすがだなと。ご一緒させてもらうとすごく勉強になります。

  • ホラン千秋

■報道番組とバラエティの相乗効果

――キャスターの経験はほかの番組にも生きそうですね。

そうですね。キャスターは、突発的なことが起きた時に落ち着て対処するというのが大事なので、生放送で培ってきた対応力はどこでも生きると思います。逆に、バラエティの現場で学んだことも生放送の瞬発力に生きているなと感じていて、相乗効果というか、互いに良い影響があってありがたいです。

――『Nスタ』就任決定のときにプロデューサーがホランさんの瞬発力を評価されていて、約2年経験されてさらに磨かれているのかなと思うのですが、ご自身としてはいかがですか?

自分ではそんなに瞬発力があるとは思わないですが、バラエティで鍛えられた部分が少しはあるのかな…(笑)。報道番組ではニュースの原稿がありますよね。もちろんフリートークの部分もあるので、そこは出演者に任せられている部分ですが。突発的なニュースが入ってくる緊張感はいつもありますが、 基本的にどの順に何のニュースを伝えるかを記した進行表があるので、次何をするべきなのかは予め分かっています。それに対し、バラエティは台本がない。出演者次第で右にも左にも転ぶ可能性があるので、やってみないと何が起こるか分からないドキドキ感があります。バラエティで勉強させてもらった瞬発力は今も非常に生きていると思います。

――さまざまな番組を経験するというのは大切なんですね。

私はそう思っていますね。笑いを届けたり生活情報を届けたり、事件の詳細を伝えたり。伝える「中身」こそ違いますが、「何かを伝達する」ということ自体は同じなんです。その現場に合わせた言葉やテンションに少し調整するだけだなと。いろいろな番組をやっていて気づきました。

  • ホラン千秋

■2018年の手応えと2019年の目標

――2018年を振り返って、どのような年になりましたか?

2017年に『Nスタ』を始めてから生活にリズムができて落ち着いたなと思っていましたが、2018年はそのリズムが自分のものになりつつあるなという年で、少しずつ余裕を持てるようになりました。それを踏まえて2019年は、今までやってなかったこととか少しずつチャレンジできたらなと思います。

――新しいチャレンジとはどのようなことを考えていますか?

2018年に声優に初挑戦したりナレーションのお仕事も少しやらせてもらったりしたので、自分の声を使って表現の幅を広げられる余地があるのであれば今後もチャレンジしてみたいです。また、2018年は決して多くの場数は踏んでいない「番組進行」という仕事の機会もいただいたので、いいバランスでVTRや視聴者のみなさん、出演者をつなぐ架け橋のような仕事の勉強をもっとできたらなと思います。2018年に蒔いた種を少しずつ発芽させて花開ける2019年にしたいですね。

――今年は「タレント番組出演本数ランキング」女性タレント部門3位と大活躍されましたが、「2位、1位の景色を見てみたい」と話されていましたね。

そうは言いましたが、ただたくさん出れば良いものでもないということも分かっています(笑)。最も大事なのは、求められ続ける存在になること。そのためには自分の年齢やポジションが変わっても、その変化に応じて自分が今何を求められているのかを瞬時に察知する嗅覚が必要ですよね。アンテナを常に張っておかないと、すぐ鈍ってしまう。この作業の積み重ねかなと。その結果として、1年を振り返ったときに「こんなに出演してたんだ」ってなれたらうれしいです!

  • ホラン千秋

■仕事へのスタンスと将来像

――将来はどのような人になっていたいですか?

実はあんまり考えていないです。キャスターも面白いですし、バラエティも好きですし。今やらせてもらっているお仕事はどれをやっている瞬間も幸せだなと思うので、一つ一つ今やっていることを続けていった先では、きっと充実した日々を送れているんじゃないかと思っています。あとは、今までお世話になった方々…仕事がない時代に仕事をくださった方や、仕事がなくても毎日サポートしてくれた事務所のスタッフ、家族のみんなにも、少しずつ恩返しできるような30代になればいいなと思います。

――具体的な目標というのは掲げられていないんですね。

若い頃は「歌手になりたい」とか、「女優になりたい」とかいろんな夢があったんですけど、その夢を追い続けてなかなか芽が出ない時期が10年くらいあって。大学を卒業して社会人になるタイミングで、「何かを伝える」という仕事なら、形は何でもいいと思うようになりました。そうして窓口を広げてみたことで、様々な可能性を試すことができ、少しずつ仕事を頂けるようになりました。「これだ!」と的を絞って突き進むよりは、自分が興味を持ってやりたいと思える範囲内の仕事を続けていけば、自ずと理想に近づいているタイプの人間なのかなと思っています。でも強いて言うなら、みんなが知っているイベントや番組、作品に関われる日が来たらいいなとは思います。長い間愛され続けるものに関われるって、やっぱり素敵なことだと思うんですよね。そのためには、まだまだ修行が必要です! そんな日を夢見て、2019年もまい進していきたいです。

――30代という年齢は意識されていますか?

自分ではしていないと思っていたけど、やっぱりしているのかな(笑)。30代になって、たとえ結婚とか出産とか大きな人生の変化のタイミングが来たとしても、仕事が大好きなので続けていられたらいいなと考えています。

――ご予定は!?

ないですよ(笑)。ただ、家族が大好きなので、家庭と仕事を両立して育ててくれた両親のような大人に私もなりたいなと思っています。結果、仕事だけでも全然幸せですけど(笑)、もしそんな日が来たら、うまくバランスをとって両立できたらいいなと思います。

  • ホラン千秋
■プロフィール
ホラン千秋
1988年9月28日生まれ、東京都出身。2005年にスーパー戦隊シリーズ『魔法戦隊マジレンジャー』で女優デビューし、ドラマや映画に出演。近年は、トーク力を生かしてバラエティ番組で存在感を発揮し、2012年に『NEWS ZERO』(日本テレビ)のキャスターを担当するなど報道番組にも出演。現在はキャスターを務める『Nスタ』(TBS)や水曜レギュラーの『バイキング』(フジテレビ)などに出演し、劇場版『若おかみは小学生!』(2018年)で声優にも初挑戦するなど、幅広く活躍している。