歌手の三浦祐太朗が、あす2日に放送される日本テレビ系『しゃべくり007』(21:00~22:54『人生が変わる1分間の深イイ話』と合体SP』)で、トークバラエティに初出演する。

  • 001のalt要素

    有田哲平(左)と三浦祐太朗=日本テレビ提供

父は三浦友和、母に山口百恵を持つ三浦は、番組オープニングで上田晋也から「両親が12年連続で理想の夫婦ランキング1位の方」と紹介されて登場。上田が去年2月に同番組に出演した弟・三浦貴大に触れ、「弟さんから何かアドバイスをもらった?」と尋ねると、「ホリケンさんのムチャぶりとどう戦うかだ」と助言を受けたと語り、冒頭から笑いを誘う。

そして謎のベールに包まれる芸能一家・三浦家について、しゃべくりメンバーが次々と質問。上田が「(芸能活動について両親から)アドバイスはありましたか?」と尋ねると、「去年、母のカ バーアルバムをリリースした時に、昭和の曲は“鼻濁音を大事”だから」と、歌手としての具体的なアドバイスを母から受けたことを明かし、名曲「秋桜」を例に披露する。

「超ビッグな両親に生まれて損したことはある?」との質問には、「うちの両親のもとに生まれて損したと思ったことは一度ない」と語る一方、 「強いて言うなら、母の作るおにぎりがめちゃくちゃでかいんですよ」「コンビニおにぎりの2.5倍くらいある」というエピソードを披露し、有田哲平から「(聞きたいのは)そういう話じゃない。あれだけすごい両親のもとに生まれたら、比べられたくないとかそういうことがあるはず」とツッコまれてしまう。

さらに、母について「正直僕の中では母は母。僕は現役時代の山口百恵を知らない。だけど去年、母のカバーアルバムをリリースさせてもらって、いろんな映像、音源を聴いてやっぱりすごいんだ、と今さらながら気づいた」と本音を語る場面も。また、「母はあまり現役当時のことを覚えてなくて、実は当時のサインを覚えていない」といった息子だから知る母のエピソードも暴露する。

その他にも“三浦家伝説”として、「(Jリーグ開幕当時)三浦知良さんが大好きでサッカーを始めたら、家に帰った時にカズに『お帰り』と迎えられたことがある」というサラブレッドならではの仰天エピソードも披露。「芸能界のサラブレッド『本当は普通でごめんなさい』」企画では、実はアニメ(二次元の世界)が大好きだという意外な一面が明かされたり、思春期ならではの“両親とのエロ本事件”についても明かされる。

  • 002のalt要素
  • 003のalt要素