俳優の竹内涼真(25)が、嵐の二宮和也主演のTBS系日曜劇場『ブラックペアン』(毎週日曜21:00~)で、研修医・世良雅志役を好演中だ。医師たちの激しい権力争いが繰り広げられ、二宮演じる“オペ室の悪魔”こと渡海征司郎のダークヒーローぶりも炸裂する中、まっすぐな性格で真摯に医療と向き合う世良も際立った存在感を放ってる。

そんな竹内に、本作での役作りや撮影エピソードについてインタビュー。前・後編で紹介する。前編では、念願の医療ドラマ出演の感想や、演じる世良への思いや自身との共通点、3度目の日曜劇場出演などについて聞いた。

  • 001のalt要素

    竹内涼真 撮影:蔦野裕

念願の医療ドラマで感じた大変さ

――医療ドラマに出演したかったとおっしゃっていましたが、その理由を教えてください。

小さい頃からドラマをよく見ていたのですが、その記憶の中で医療ドラマを鮮明に覚えていて、この世界に入って「どういうドラマやりたいですか?」って聞かれたときに医療ドラマがパッと思い浮かんだんです。実際やってみるとすごく大変でした(笑)

――特に印象に残っている医療ドラマは?

けっこうあります。『救命病棟24時』、『医龍』、『JIN -仁-』、『Dr.コトー診療所』など、たくさん見ていました。

――実際やって大変だと感じたのは、どういうところですが?

台本と現場に入ってのギャップがかなりあるんです。手術室や病室、会議室のシーンがすごく多いですが、簡単に台本通りにはいかないというか。命を扱っているっていうこともあり、その重みがありますね。

――舞台挨拶でも手術シーンが大変だという声が上がっていましたね。

いろんな角度から撮っていて、撮るものが多いので時間がかかります。ただ、完成した映像を見て、あれだけ時間をかけているからすごみのある映像になっているのだと思いました。

――手術シーンがとてもリアルに描かれていますが、いかがでしたか?

心臓外科は心臓そのものと向き合うという印象なので、時間が経ってくるとリアルだなという感じではなくなります。どこが悪いのか、そこに集中するんです。でも、不思議なことに、実際に現場で見ているより、カメラを通した方がリアルに感じました。

――研修医としての特訓はしていますか?

外科結びなど、縫合の練習はしました。そのセットをもらっていたので暇な時に。僕は早くできて、先生に「すごい!」と言ってもらいました。

――もともと手先が器用なんですか?

いえ、手先を使う作業は得意な方ではないんですけど、ちゃんと僕が縫っている場面もあって、なるべく嘘がないようにやった方が見ている人に伝わると思うので、そこは一生懸命やっています。

  • 002のalt要素

世良と自身の共通点は?

――世良くんはサッカー部出身で真っすぐな性格。設定だけ見ると竹内さんに近いのかなと思いましたが、いかがですか?

自分ではあまり似てないかなと思っています。体育会系出身でハキハキしているというのは、ちゃんとできる人間だと思っていますし、人の命を助けたいという思いがあって、医学部を卒業して心臓外科に入るってことはある程度できる人なんですけど、そういう自信や強気な部分を全部、すごい先生たちにぶち壊される。何もできないでいるシーンが多く、そういう時期は僕もあったかもしれないですけど、自分に似ているかと言われると似てないですね。

――竹内さんは迷わない性格ですか?

基本的に迷わないです。日常的にも「どうしようどうしよう」ってなる性格じゃないと自分では思います。単純なんです。だから演じていて、なんで世良はできないんだろうってモヤモヤすることが多かったですね。

――お芝居も迷わないですか?

お芝居は迷います。特に今回難しくて。僕の役は見ているお客さん目線というか、強くなりすぎてもいけないし、弱くなりすぎてもいけないし、そのいいところをとっていかないといけない。また、病院で起こる出来事として必要な動きに、セリフがプラスされるので非日常なんです。実際の医療現場はこんなにしゃべらないでしょうし、そういった面で視聴者の方々が置いて行かれないようにというところを探っています。その正解を探すのには時間を割いています。

――役に入り込むオンオフのスイッチは?

役によりますが、今回の役は、ふつふつと徐々に沸点までにいけるようにしています。そろそろ始まりそうだなっていう前からちょっと準備します。いつも新鮮なリアクションをしないといけない役で、驚いたり困ったり動揺したり、何もできないでパニクったりというシーンが多いので、そのために準備しています。

――ちなみに『陸王』の茂木役はどうでしたか?

またちょっとその温度が違います。今の世良くんの方が楽しい準備ではないです。『陸王』は体が動くように準備するというシーンが多く、ネガティブな準備ではない。だから気持ちがどんどん高まっていくんですけど、今回の場合は高まっていくのではなく、どっちかっていうと息苦しい準備ですね。

――それに引っ張られてプライベートも落ちることはあるんですか?

そこまで引っ張られないですけど、多少はあるかもしれないです。撮影終わってすぐは役の感じが残ってるかもしれませんね。顔つきもいつもと少し違うかもしれません。

  • 003のalt要素

視聴者の反応はネットでチェック

――この世良役に対して、視聴者からどういう反応がありそうだなと思っていますか?

この役はわからないです。だから、あんまりこうかなと思わず、反応を素直に受け止めたいと思います。まだ僕は完璧に自分の中で計算できないから、今は気持ちでやる。そこにいろんな技術がこれから肉付けされていけばいいし、そうしていかないとなと思うんですけど、とにかく今はちゃんと気持ちが見ている人に伝わるように心がけています。

――ダメダメな部分の多い役というのは、今までの作品とは違う新しい役だなと。

2話がけっこうダメダメで、すごく疲れました。

――『陸王』も挫折を味わう役でしたが、それでもあの茂木君はかっこいい役でしたね。

そうですね。『陸王』の茂木選手はかっこいい役で、かっこよく映りたいなと思ってやっていました。今回はそういうことは全然考えていないかもしれないです。

――お話を伺っていると、世良役の苦悩が伝わってきますが、逆にこの役を演じるおもしろさはどう感じていますか?

おもしろさは、見ていただくまでみなさんの反応が予想つかないところ。『陸王』のときとかは、こういう感じかなって自分でイメージできたんですけど、今回はあんまりイメージできないですね。モノローグも初めてですし。どれだけ僕の役に感情移入してもらえるかという面で、今回は本当にわからないです。

――反応を知るためにエゴサーチをする人ですか?

ネット見ますよ!

――マイナスな意見を見てショックを受けないですか?

もちろんいろんな意見があるというのは普通のことだと思っていて。マイナスな意見が目に入ってきても受け止めはしますが、それを引きずって落ち込むということはあまりないですね。すぐに切り替えます。

――今回は反応が予想できないということなので、特に調べそうですね?

見ると思います。あとは家族の反応とか。僕の家族、僕のこと褒めないんです。客観的に一視聴者としてコメントしてくれるのでけっこう信用しています。

――ご家族は出演作品を全部見てくれているんですか?

もちろん見てくれます!

  • 004のalt要素

話題作出演の手応えと日曜劇場への思い

――朝ドラ『ひよっこ』や日曜劇場『陸王』など話題作への出演が続き大活躍ですが、役者としての自信や手応えは感じていますか?

いろいろな作品でご一緒している先輩方と比べたら僕の経験なんて全然まだまだだと思っていて、もちろんどの現場でも収穫があり、挑戦と反省の繰り返しです。たまに少しの手応えを感じるときもあるので、そこを自信に変えてまた新しいことに挑戦したいと思っているんですけど、難しいですね。自分がこうしたいと思ったものと、視聴者の方がいいなって思うものが違ったりするので、自分がしっくりきているだけではダメなんだなと最近思うようになりました。だから、楽しいけど、難しいなと思っています。

――TBSの日曜劇場出演は、『下町ロケット』『陸王』に続いて3作目です。日曜劇場への思い入れはかなりあるのかなと思うのですが、いかがですか?

『仮面ライダードライブ』後のドラマが『下町ロケット』でした。それから約2年半ぶりに『陸王』のオーディションに参加させていただき、大きな役をいただけたのはすごくうれしかったですし、福澤(克雄)監督とまたご一緒できたというのもうれしくて。そして、今回また三度目ということで縁を感じましたし、幸せだなと思いました。たくさんの方が注目している日曜劇場というやりがいもあるし、その分責任もあるので全力でやらないといけない。どの作品もそうですけど、やはり日曜劇場となるとさらに力が入りますね。

――日曜劇場主演を期待しているファンも多いと思います。

もちろん目標ですけど、でもまだまだです。

――あらためてドラマの見どころをお願いします!

渡海先生もほかの先生たちのキャラも強烈で、いろんな先生目線で見ることができます。それぞれの先生の思惑があって、細かい表情が後々ああいうことだったのかってつながってくるのがおもしろいですし、手術シーンがすごくかっこよく映っているので、医療現場で戦う外科医のかっこよさ、凄みみたいなものを感じていただけたらうれしいです。そして、僕が演じている世良がどれだけ成長するか、医者としてどういう生き方をしていくのかにも注目していてください。

■プロフィール
竹内涼真
1993年4月26日生まれ、東京都出身。185cm。血液型A型。趣味&特技はサッカー、歌。2013年、女性ファッション誌『mina』の男性専属モデルオーディション「minaカレグランプリ」で、2,457人の中からグランプリを獲得。2014年、『仮面ライダードライブ』の主演に抜てきされ注目を集める。主な出演作に、ドラマ『下町ロケット』(TBS)、『時をかける少女』(日テレ)、『ラストコップ』(同)、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』、『過保護のカホコ』(日テレ)、『陸王』(TBS)、映画『青空エール』(2016年)、『帝一の國』(2017年)、『ラストコップTHE MOVIE』(2017年)など。また、8月1日に主演映画『センセイ君主』の公開が控える。

場面写真=(C)TBS