ついに、きょう22日(21:00~)に最終回を迎えるフジテレビ系バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』。30年以上続く長寿シリーズが幕を下ろすことになるが、3月21日にはその歴史が詰まったDVD『とんねるずのみなさんのおかげでBOX』が発売され、4月16日からは新番組『石橋貴明のたいむとんねる』がスタートする。

そこで、『―みなさんのおかげでした』に関わってきた2人の歴代プロデューサーに、番組の裏話やとんねるずとのエピソードをインタビュー。現チーフプロデューサーでフジテレビの太田一平氏には最終回を迎えるにあたっての心境、元プロデューサーで共同テレビの関卓也氏にはDVDと新番組の見どころも伺った――。

  • 001のalt要素

    関卓也氏(左)と太田一平氏

お祝いしたはずの石田弘EPがブチギレ

――『とんねるずのみなさんのおかげでした』の担当はどれくらいの期間になるのですか?

太田:僕は関さんがプロデューサーの時代にディレクターで入りました。当時は「ネタラロワイヤル」をやってた頃で、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が始まった直後だと思います。大変ありがたいことにあっという間に15 年近く担当させていただいております。

関:僕は2000年から2006年まで。最初の1年はディレクターをやっていました。

――特に思い出に残ってるエピソードはなんですか?

太田:今日一緒ということで、関さんとという意味で一番の思い出は、関さんと一緒に西麻布で深夜に悲嘆に暮れたときですね…。エグゼクティブプロデューサーの石田弘さんがフジテレビを定年になるというタイミングで『とんねるずの石田さんのおかげでした』というタイトルで、特番をやらせていただいたことがありました。僕が番組に来て初めてとんねるずのお2人と密にやらせていただいた企画で、お2人もリスペクトする石田さんに愛を届けようと、まさに全員一丸となって関プロデューサーのもと練り上げた企画でした。

――最後に石田さんの前のケーキが爆発して、石田さんがケーキまみれになってしまった回ですね(笑)

002のalt要素

エグゼクティブプロデューサーの石田弘氏

太田:実は、あの後にオチがありまして…。石田さんはむちゃくちゃダンディでファッションにもこだわりがあるんですが、当然生クリームでその服もベタベタになるじゃないですか。だからADから美術スタッフ、技術さん、僕らまでみんなにカンパを募って超高級なスーツを買って、「石田さん、おめでとうございます!」ってプレゼントする用意をしてたんですよ。ただ、その収録のとき、石田さんは別の場所で近しい人とお誕生日会をやってる設定で、お酒も結構入っていたので、スタジオに来てケーキが爆発したら気が動転しちゃったみたいで、結論から言うと、怒って帰っちゃったんですよ。「関も一平も絶対許さねぇからな!」って捨てゼリフを残して(笑)。僕らとしては愛を届けたくてやったのが全く本末転倒な展開になってしまって、「どうしよう…」っていう話を関さんと夜中に西麻布でしたんです。その時に関さんが「俺たちは少なくとも邪な気持ちでやったわけじゃないんだから、最後までやり切ろう」って言ってくれたのを、すごく覚えてます(笑)

関:いやぁ、僕もよく覚えてますね。石田さんは2~3カ月、口を聞いてくれなかったですから。直筆の手紙を書いて、ご自宅の前まで行っても出てくれなくて…。そんなことやってましたね(笑)

木梨憲武の粋な計らい

――どういうタイミングでお許しが出たんですか?

太田:きっかけは木梨さんが石田さんを呼んで、みんなでそのOAを見ようっていう会を開いてくださったんですよ。勝俣(州和)さんとかホリケン(堀内健)さんとか近しい方もお声掛けしていただいて、そこに関さんも僕も呼んでいただき、みんなで一緒に見終わった後に、「石田さんおめでとう」って花束を渡してくださったんですよね。それでちょっと"アリ"になったような気がします。

関:でも、僕はその後も口を聞いてくれなくて…。しばらくたって、石田さんが「あのスーツをプレゼントしてくれたのはいいんだけどよ、シャツも汚れちゃったからな。7万くらいするんだよな」って言われたのが、許してもらったときですかね(笑)

太田:それは大事ですね(笑)。僕は番組に入ってすぐの頃で関係性は薄かったので、関さんに対する怒りのほうが大きかったんじゃないですかね。でも、あらためて番組スタッフへの愛で特番が作れてしまうくらい関係性が深い、すごい番組だなというのを感じましたね。

関:あのケーキのサプライズは1カ月前からテストしていて、あるとき石橋さんが「これって顔からが外れちゃった時にどうするの?」って。それで2発大砲を仕込んでましたからね(笑)

太田:石橋さんと美術チームと本当に綿密に何度もリハしましたよね(笑)

――放送上は円満に終わってましたけど、裏ではそんなことがあったんですね(笑)

関:円満に編集しましたね。

太田:そこは全力を注ぎました。