先輩から「明日、いよいよキックオフだな」と言われて、「ん? 明日、全日本のサッカーの試合とかあるんだっけ?」と思ってしまった。というわけで今回は、ビジネスシーンにおける「キックオフ」の正しい意味や使い方についてご紹介したいと思います。

  • 「キックオフ」の意味とは

キックオフとは、サッカーやラグビーなどで試合を開始・再開する時に用いられる言葉ですが、これが転じて、ビジネスの世界では、「何らかのプロジェクトを立ち上げること」という意味で使われています。

>>その他の「ビジネス用語」 はこちら

初回ミーティングや決起集会など、プロジェクト等を始動させるための最初の会合のことを「キックオフミーティング」と言います。新たなプロジェクトの始動や、新しいチームを発足した時、新年度スタート時などに行なわれます。

キックオフミーティングは、自己紹介で始めるのが一般的です。新たなプロジェクトに集められるメンバーは初対面である人も多いことから、自己紹介によって緊張感をほぐし、チームの雰囲気を良くすることがキックオフミーティングの目的のひとつと言えます。

次に、プロジェクトの目的をメンバー全員に伝えます。プロジェクトの成功には、全員が目的をしっかりと理解することが大切です。プロジェクトの目的を伝え、仕事の割り振りやスケジュールなどを確認し、全員で情報を共有します。また、プロジェクトリーダーなどが一方的に話し、メンバーに伝えるだけで終わっては意味がありません。プロジェクトの説明を終えたら、必ずメンバーに「どう思うか」という質問を投げかけましょう。それぞれの専門分野における立場から、プロジェクトに対する意見を発言してもらうことで、その意見をプロジェクトに反映するだけでなく、メンバーの積極的な参加意欲を高めることにもなるでしょう。

キックオフミーティングは、プロジェクト指導にあたって、メンバー全員による情報の共有と共通理解を促すことが最大の目的です。そのため、メンバー全員が参加できるような日程を調整し、開催しましょう。

  • 「明日、新しいプロジェクトがキックオフされるようだ」
  • 「来月キックオフするので、それまでにメンバーを集めてください」
  • 「○月○日に、Aプロジェクトのキックオフミーティングを開催します」
  • 「新商品のキックオフイベントを開催する」

新しい商品の販売をスタートさせる時に開催するイベントのことを、「キックオフイベント」と言います。


今回は、ビジネスシーンで使われる「キックオフ」についてご紹介しました。他の世界で使われている用語が、ビジネス用語として浸透している例は他にもあります。ビジネス用語を覚えることも社会人として大切なスキルです。いつプロジェクトメンバーに選ばれてもいいよう、しっかりと頭に入れておきましょう。

>>その他の「ビジネス用語」 はこちら