鉄道ファンなら子どもたちはもちろん、大人だって「シンカリオン」の名前を一度は見聞きしただろう。新幹線車両がロボットに変形するキャラクターで、「プラレール」シリーズとしても販売される玩具売り場の定番商品のひとつ。商品のポスターを駅などで見かけるし、大宮の鉄道博物館、名古屋のリニア・鉄道館、京都鉄道博物館でも展示されていた。2015年に発売され、もう3年も活躍中なのだ。名前は知らなくても、男の子の親なら「新幹線がロボットになっちゃうおもちゃ」くらいは知っている……はず!

  • アニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』はTBS系列で毎週土曜日朝7時から放送中
    (C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

その「シンカリオン」が、2018年1月からアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』として、TBSテレビ系列で放送されている。「どうせ子ども向けの、おもちゃの宣伝のようなアニメだろうな」と思いつつ、とりあえず第1話を拝見したら……いやいやどうして、面白いじゃありませんか。

なにしろ、大事な"つかみ"となる第1話の冒頭が保線シーンなのだ。子どもたちが新幹線の登場を期待するところで、黄色いマルタイ(マルチプルタイタンパー。線路の砂利を整える機械)が出てくる。なんてマニアック。その上、日々の鉄道を支える保線スタッフを最初に出してくるなんて。鉄道職員への尊敬と愛を感じる。

そう、この場面で「俺たちはリアリティを重視してるんだぜ」と高らかに宣言しているのだ。やるな……。これは観る側も本気にならざるをえない。

あの作品に似ている!? 王道を行くヒーローアニメに

主人公は小学校5年生の速杉ハヤト君。新幹線が大好きでゲームも好き。これは玩具の購買層と合わせた定番的な設定といえる。両親と妹の4人暮らしで、母は美しく優しく、妹はかわいく賢く、父は気が抜けたお疲れパパ。表向きは鉄道博物館の職員だけど、じつは「新幹線超進化研究所」の指導長だ。うだつの上がらない男を装い、裏ではキリッと責任感と決断力を見せる。いいねぇ。『必殺仕事人』の中村主水パターン。子どもたちはハヤトに、大人はパパに感情移入して観ると思う。

さて、ハヤトはある日、緊急出勤した父の入館証を届けに鉄道博物館を訪れる。しかし地下に迷い込み、父親の真の任務を知ることに。さらに「シンカリオン E5はやぶさ」の運転士として適正率が高いことも判明。そこに世界の平和を乱す事件が発生する。ハヤトは「お父さんの役に立ちたい」との思いでシンカリオンに搭乗し、巨大ロボットに変形させて未知の敵を撃退する。このあたり、もうニヤニヤしながら見てしまう。

  • 新幹線の運転士を夢見る少年、速杉ハヤト(声 : 佐倉綾音)が「シンカリオン E5はやぶさ」の運転士に。父・速杉ホクト(声 : 杉田智和)ら「新幹線超進化研究所」の大人たちとも協力しながら謎の巨大怪物体に立ち向かう

  • E5系(車両モード)から巨大ロボットに変形する「シンカリオン E5はやぶさ」。最大の必殺技は胸部ユニットから放つビーム「グランクロス」

あの人気アニメに似ているなあ……。いや、この展開はもはや少年が主人公のロボットアニメの定番だな。その定番を、なんのてらいもなくさらっと割り切って描いてしまうあたり、むしろ気持ちいいくらいだ。子どもたちなら主役メカがかっこよく、主人公が敵をやっつけてくれてスカッとすれば満足。説明なんかいらない。

第4話まで観た時点で、敵の正体も目的もわからない。新幹線の線路に正体不明の「漆黒の新幹線」が現れ、蛾の鱗粉のような物体をまき散らすと巨大怪物体が現れる。第1話で「出現は10年前、人間の知識では計り知れないテクノロジーを持っている」と語られている。公式サイトでも「謎のエージェント」とされており、「ビャッコ」「ゲンブ」「セイリュウ」の名前があった。

  • 「漆黒の新幹線」が黒い粒子をふりまきながら超高速で走行。通過した場所にあるものを巨大怪物体に変化させる。謎の敵「エージェント」の正体も気になる

巨大怪物体の姿は一定していない。第1話で捕獲された怪物体はロボット風。鉄橋、踏切、鉄道施設や蒸気機関車のパーツで形成されていた。回想シーンには土偶タイプの怪物体が多数登場している。2015年に玩具の誕生と合わせて展開されたコミック版を踏襲しているようだ。第2話の怪物体は遊園地の観覧車などが化けたものだった。かと思えば、第3話と第4話の怪物体は獣人のような姿だった。

出現した怪物体は宇宙衛星から放射された「捕縛フィールド」で隔離される。シンカリオンは車両モードでスピードを上げ、司令室の「制限解除」指令で捕縛フィールド方面に分岐し、輝くレールに乗って時速1,200km以上に達する。ハヤトは「Suica」に似たパス「Shinca」をコントローラーにセットし、「チェンジ! シンカリオン!」と叫ぶ。スマートスピーカーか!?

シンカリオンは新幹線車両からロボットにチェンジし、巨大怪物体と戦う。分岐レールにICカード乗車券、そして「シンカリオン E5系はやぶさ」の必殺技は「グランクロス」。E5系の最上級座席「グランクラス」にちなんでいる。たしかに最強だ。鉄道のテイストを違和感なく取り入れている。「新幹線に乗ったら、僕も戦えるかもしれない!」なんて、子どもたちは興奮しちゃうんだろうな。

緻密に描かれるメカニック - ただしツッコミどころも

「プラレール」ともタイアップする「シンカリオン」だけど、アニメ版で登場する新幹線車両はデフォルメなし。「シンカリオン」を展開する「プロジェクトシンカリオン」はジェイアール東日本企画と小学館集英社プロダクション、タカラトミーが立ち上げ、JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州、ジェイアール東海エージェンシー、ジェイアール西日本商事が協力している。実物の車両や施設をちゃんと出してくれる。

CGで作られた新幹線車両は実感があり、走行シーンはシューンとスピード感があってかっこいい。同じ地下トンネルのシーンが何度も出てくるけれども、これが敵の出現やシンカリオンの出動の合図となるカットだろう。次の場面への期待が高まる。

細かいところも凝っている。たとえば架線は、ちょっとデフォルメがあるけれど実物通りのヘビーコンパウンドカテナリ式になっていた。走行音はどうか。筆者は音については詳しくないけれど、ロングレールは再現されているようで、「ガタンゴトン」というわかりやすい電車の音にはなっていない。環境効果音に紛れていたけれど、車内放送と駅のアナウンスも本物の雰囲気。ちなみに鉄道ファンで知られる中川家礼二さんが車掌の声を担当しており、中川家剛さんも駅員を演じている。第1話で、車掌役の礼二さんはちゃっかり「車掌は中川家礼二でした」とアピールしていた。

  • 実在する鉄道関係の設備を生かした設定がある一方、鉄道ファンがツッコミを入れたくなってしまうアニメならではの小ネタも

それにしても、シンカリオンの出発合図が腕木式信号機ってどういうことなんだろう。たしかにかっこいいんだけど、新幹線でこの信号機は……。きっと鉄道会社で予算を配分する偉い人に対して、わかりやすいアナログのしかけが必要だったのかなと脳内補完してみる。必殺技を出すため、なぜか敵を自動改札機で束縛する。こんな荒唐無稽なしかけも、「たしかに駅でアレをやられたら立ち止まっちゃうよな」と納得してしまう。

駅や風景も実在の場所だった。これまでに怪物が出現したエリアは「東北本線片岡駅付近」「福島県郡山市南方」「宮城県名取市」など実在の地名を使っているし、「仙台の新幹線車両センターで待機」「新幹線総合車両所に送電要請」といった施設名も出てくる。子ども向けなら適当な名前で済ませても良さそうなところ、ちゃんと本物の鉄道に寄せている。鉄道ファンも納得だ。架空の名称を考えるより楽かもしれないけどね。

ツッコミどころとしては、第4話で「シンカリオン E6こまち」が超進化速度に入ったとき、9両編成以上の長さで描かれていた。実物は7両編成だけど、理由があるのだろうか。ちなみに「プラレール」のシンカリオンは3両編成で、先頭車2両が合体し、中間車に武器が格納されている。アニメでは、あれだけの中間車を何に使っているか気になる。

実際の新幹線車両は軽量化のためアルミ合金製だから、あんな戦闘には耐えられないだろう。肩の部分の窓ガラスだって割れる。ひょっとしたら、シンカリオンは非常に重厚な合金製で、その重い車体を高速に走らせるため、中間車をすべて機関車級の馬力のブースターにしているかもしれない。いやぁもう、妄想がはかどるなあ。

敵の正体は? 友情・初恋の行方は? ドラマ展開も期待

第4話までに登場したシンカリオンは「シンカリオン E5はやぶさ」「シンカリオン E6こまち」「シンカリオン E7かがやき」。オープニング映像の基地には、他にN700A(東海道・山陽新幹線)やE3系(山形新幹線「つばさ」)も登場する。公式サイトでも「シンカリオン E3つばさ」「シンカリオン N700Aのぞみ」「シンカリオン H5はやぶさ」の登場は告知されていた。番組予告動画では「シンカリオン 800つばめ」「シンカリオン 500こだま」も紹介されている。協力会社に新幹線車両を保有する各社がそろっているから、さらにキャラクターが増えるかもしれない。

これまでに紹介した以外にも、「シンカリオン 700のぞみ」「シンカリオン 700ひかりレールスター」「シンカリオン N700みずほ」「シンカリオン 500 TYPE EVA」などが商品化された。アニメに登場するシンカリオンは「デラックス シンカリオンシリーズ」として改良品が発売されていくようだ。

「シンカリオン 500 TYPE EVA」はさすがに大人の事情で登場できないだろうな……と思っていたら、なんとアニメ内でも「500 TYPE EVA」とのコラボレーションが緊急決定したという。「シンカリオン H5はやぶさ」の運転士として「発音ミク」(初音ミク)も登場予定となっている。これらのコラボにも期待せずにはいられない。

  • ハヤトの相棒となる車掌ロボット「シャショット」(声 : うえだゆうじ)

  • ハヤトの同級生で人気ユーチューバーの上田アズサ(声 : 竹達彩奈)

  • 2人目のシンカリオン運転士、男鹿アキタ(声・沼倉愛美)は第3話から登場

ハヤトと同級生の人気ユーチューバー、アズサの関係が、子どもたちの憧れるような初恋になるのか? という点も気になるけれど、やはり謎のエージェントの正体が最も気になる。合理化を進める会社側に抵抗する勢力……はないな。廃止された鉄道路線の亡霊という説はどうか。第1話の怪物体は鉄道関係の廃品の寄せ集めのような気がする。

子どもたちはメカにも物語にも夢中になると思うけれど、おじさんたちは一歩引いて「なるほど、こういう背景を設定するのか」「よくできてるな。頑張ったなあ」「いやその設定は無理すぎだろう」「主題歌のタイトルがシンカリオンに似せた『進化理論』というセンスもなかなか」などと感心したり、ツッコミを入れたりする。それもまた楽しい。最大のツッコミどころは、番組予告の後の「この番組はフィクションです」の表示。お約束なんだろうけれど、「誰だってわかるだろ!」と言いたくなってしまう。

  • 第4話では男鹿アキタが「シンカリオン E6こまち」の運転士に。3人目の運転士となる大門山ツラヌキ(声 : 村川梨衣)は第5話から登場する

新車両の登場、人間関係、謎解き。追いかけたくなる要素は多い。鉄道ファンなら要チェック! シンカリオンに乗り遅れるな!