レポート

2017/10/22 07:00:00

『人殺しの息子と呼ばれて…』勇気ある告白に大きな反響 - 取材者が明かす衝撃インタビューの裏側

- PR -

フジテレビのドキュメンタリー枠『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)で、15日に衝撃の番組『人殺しの息子と呼ばれて…』が放送された。2002年に発覚した北九州連続監禁殺人事件の犯人の息子(24歳)が、初めてメディアのインタビューを受けたもので、その想像を絶する証言の数々に大きな反響が集まった。取材をした張江泰之チーフプロデューサーに、今回のインタビューが実現した経緯や、実際に対面した息子の印象、さらには「前編」放送後の本人の反応なども聞いた――。

目次

1 頭の回転はものすごく良いと感じた
2 前編放送後に出た言葉…「やっと報われる」
3 宮崎勤に金正男も…フジテレビでスクープ連発の背景は?