よく耳にする「安全日」、「危険日」という言葉。安全日と言うと「避妊せずにセックスしても大丈夫」と誤解する人もいますが、安全日なら妊娠しないわけではないので要注意! もちろん、危険日だから必ず妊娠する、というわけでもありません。妊娠を望むにしろ望まないにしろ、女性の体の仕組みをきちんと理解しておくことが大切です。

そもそも生理とは?    

女性の体は、通常25~38日に一度、卵巣から卵子を排出します。それにあわせて子宮内膜を少しずつ厚くして、受精卵を受け入れて妊娠する準備をします。しかし妊娠が成立しなかった場合は子宮内膜が不要になり、体外に排出されます。つまりこれが「生理」です。

生理のメカニズムを知ろう

生理が始まった日から、次の生理開始日までの期間を「生理周期」と呼びます。生理周期は、次の4つに分けることができます。

・ 月経期(生理): いらなくなった子宮内膜がはがれ落ち、血液とともに体外に出てくる時期。黄体ホルモン、卵胞ホルモンともに、分泌が減少します。

・ 卵胞期: 卵巣内で、卵子の元となる卵胞が発育し始める時期。それにつれ卵胞ホルモンが分泌され、その影響で肌のうるおいが増し、体も心も好調に。子宮内膜は厚くなっていきます。

・ 排卵期: 発育した卵胞から卵子が排出されます。これが「排卵」です。

・ 黄体期: 排卵後の卵胞は、黄体という組織に変化。黄体ホルモンが多く分泌され、その影響で体や心の不調を感じやすくなります。妊娠する準備のため、子宮内膜はより厚みを増します。

「安全日はない」が正解

ちなみに生理周期は、生理開始日から排卵期までの約2週間が、体温の低くなる低温期、排卵後から次の生理までの約2週間が高温期、とわけられます。低温期から高温期に移る直前が排卵日。この日の前後が最も妊娠しやすいことから、一般的に「危険日」と言われます。一方、高温期に入って4日目くらいから次の月経までは妊娠しにくくなるため、「安全日」と言われることが多いようです。しかし実際には、排卵日を特定することは難しく、いつなら絶対安全とは言えません。妊娠を望まない場合はどの時期でも避妊は必須です。生理の仕組みを正しく知って、自分の体とうまく付き合っていってくださいね。

※画像は本文と関係ありません