いよいよ2014年4月1日から消費税が引き上げられる。買い溜めや節約など対策を行っている人も多いだろうが、負担増は必須。ところが消費税を払わずに好きなものを購入できる方法があるのだ。今回はそのとっておきの「豆知識」を紹介する。

消費増税で家計の負担は大幅アップ

消費税が現在の5%から8%に引き上げられることで、家計への負担はどれくらい増えるのだろうか。例えば、月々の消費が18万円だと4月から消費税分は1万4,400円となり、従来(9,000円)と比べて負担は5,400円アップする。これが年間になると、216万円の消費で6万4,800円もの負担増となる。高額な家電やブランド品が買える金額だ。

「個人間取引」なら消費税は0%!

増税が家計を圧迫する中、「少しでも負担を和らげたい、でも節約はしたくない」、そう頭を悩ませている人にお勧めの方法がある。それは、ネットオークションをはじめとした「個人間取引」だ。

個人間取引とは、事業者ではない個人がインターネットオークションやフリーマーケットなどで家財を取引する方法のこと。事業者ではない個人間で物を売るときは、消費税がかからない不課税取引となる。これを利用すれば、消費税を全額負担する必要がなくなり、「消費税0%」で好きな商品を買うことができるのだ。

「個人間取引」による方法で代表的なものは、フリーマーケットとインターネットオークション。では、一体どちらがより便利なのだろうか。フリーマーケットは、商品を探す楽しさはあるものの扱う商品数が少なく、また開催場所まで行かなくてはならないという不便さがある。となると、自宅で手軽に行えるインターネットオークションの方が利用しやすいといえよう。ネットオークションの魅力は、商品そのものが一般市場よりも圧倒的に安く入手できるところだろう。中古品はもちろん、新品でも定価より安く買えることも多い。

例えば常時出品3200万点以上のネットオークション大手「ヤフオク!」は、一部の商品を除き、落札するだけなら手数料は無料で年会費も必要ない(ただし、代金支払いのための銀行振込手数料などは必要)。ストア出店者(事業者)から落札する場合には消費税はかかるが、個人出品者から落札する場合には消費税はかからない。つまり、どんなに高い買い物をしても「消費税0%」なのだ。

「ヤフオク!」特設ページ(出典:「ヤフオク!」Webサイト)

「ヤフオク!」の担当者は、今後の市場の展望について「消費増税のタイミングで個人同士の取引は注目されていくと思います。それを見越してヤフオク!でも様々なサービスを充実させていきます。この機会にぜひヤフオク!を活用してほしい」と話している。

4月からの消費増税を乗り切り賢い生活を送るためにも、これからはネットオークションを活用してみてはいかがだろうか。