日本郵政グループは2日、2008年の暑中見舞い用はがき「かもめーる」を発売した。総発行枚数は約2億1,300万枚と、需要の減少を受けて前年より1,700万枚(同7%) 減となっている。

裏面が無地のタイプは3種類 「カーボンオフセットはがき」 「あさがお」

今回発売されたのは、裏面が無地の3種類と、絵入りはがき4種類、販売価格55円のうち5円が寄付金となる「カーボンオフセットはがき(地球温暖化防止はがき)」の計8種類。販売価格は無地と絵入りが1枚50円、カーボンオフセットは1枚55円となっている。絵入りはがきはラジオ体操のキャラクター「ラジオ体操坊や」が描かれた「ラジオ体操」、田園の中に時を刻む野良時計を画家・原田泰治が描いた「野良時計」、夏らしいデザインの「夏の海」と「あさがお」が用意されている。なおカーボンオフセットはがきの寄付金は、京都議定書で定められた日本の温室効果ガス排出削減目標であるマイナス6%の達成のために役立てられるという。

「かもめーる」は、全国の郵便窓口のほか、日本郵政グループのサイトに設けられたかもめーる特設サイトからも購入できる。販売期間は8月22日までで、「かもめーる特設サイト」での申し込み期限は8月1日もしくは8月15日までとなっている(支払方法により異なる)。