プリペイド型電子マネー「Edy(エディ)」を運営するビットワレットは25日、ジャストシステムとリンクシェアの2社と共同で、ネットショッピングの購入金額の一部をEdyで還元するサービス「かざしてショッピングサービス」を開始する。

サービスを利用するには、ソニーが開発した非接触ICカード技術「FeliCa(フェリカ)」の対応ソフト「かざしてナビ」からFeliCa情報サイト「かざして@Life」内の「かざしてショッピングサービス」にアクセスし、リンクシェアの加盟ショッピングサイト(約100店)で買い物をするだけ。

還元された購入代金の一部は、Edyが利用できるショッピングサイト(3,000サイト超:2007年5月現在)やコンビニエンスストア、スーパー、ドラッグストアなど(全国約5万店舗:2007年5月現在)で汎用的に使用できるという。ただし、Edyの還元率は、各ショッピングサイトが指定した割合に応じる。

現在このサービスは、2007年4月発表のNECパーソナルプロダクツのFeliCaポート搭載PC、及び2007年5月発表の東芝のFeliCaポート搭載PCを購入したユーザー向けとなっている。これについて同社では、今後、他メーカーのユーザーにも提供を行っていく予定としている。