「大人のオトコは楽じゃない」



ビジネスマンとして朝から晩まで働き、家庭では家事や子育てに忙しい。自由になる時間もなかなか取れず、体力の消耗と戦いながら日々を過ごしている――。



しかしそんななかにも、誰もが憧れるような"かっこいいオトコ"はいる。仕事と家庭を両立し、穏やかだが頼りがいのあるオトコだ。……今回は、そんな"働くヒーロー"にアポイントメントを取り、"かっこいいオトコ"として生きるためのポイントを教えてもらった。


■THE"かっこいいオトコ"Hさんにインタビュー!

――本日はお忙しいところ、ありがとうございます。今回、Hさんが"かっこいいオトコ"代表として、お話を聞かせていただけないかなと。

Hさん:え? そ、そうなんですか。
ははは……いやー、いいんですかね。こんな私で。

Hさんは現在、おいくつなのでしょう。

Hさん:35歳ですね。
一応、商社で係長をやっております。

――その若さで役職があるとは、"デキるオトコ"感がぷんぷんしていますね。
  係長ともなると、これまでたくさんの苦労があったのでは?

Hさん:ん~、どうなんですかね。たしかになかなか家に帰れない日も、取引がうまくいかなかったりすることもあります。
ついでに毎日の営業で歩きまわって足は臭くなって……(笑)。それでも、部下や後輩たちは頑張ってついてきてくれるのでありがたいですね。仕事ってのはラクじゃないけど、楽しいこともあるもんですから!

――Hさんの感じる仕事の楽しさとは?

Hさん:苦労が実ったときですかね。
『楽(ラク)』と『楽しい』は似ているけれど全く違っていて……。自分の努力や苦しさとか、そういうものをひっくるめたすべてが形になって初めて、その仕事が楽しいと思えるもんじゃないかなと考えています。

――職場の雰囲気は?

Hさん:部下や同僚とも仲良くやっていると思いますよ! 直属の部下なんて家も近所で、息子も部下のことを「ヨシりん」なんて呼んでいたり(笑)。

――とても素敵なご関係ですね。

Hさん:私はそそっかしいところも多いですが、真面目で熱心な部下たちに助けられています! ただ、一言言いたいのは、仕事中に彼女の話が多すぎて。「ミッチーミッチー」うるさいのだけは勘弁してほしいですね(笑)。

――部下にはどのように指導されているのですか?

Hさん:とにかく、
「失敗は恐れずにやれ! 」と伝えています。

ミスが続くと落ち込んでしまう部下もいるのですが、誰でも最初はそう。そうやって一人前になっていくんだから。

誰かにグチでも聞いてもらってクヨクヨしないように、ということを自分のモットーにしています。 「失敗は成功の母だ」ってね。

あとはなんだかんだいっても「優しさ」とかですかね。
アクション仮面みたいな、強く優しい大人であれと、自分の息子にもよく言って聞かせています。


――ん? アクション仮面……? な、なるほど。
  休日も仕事が多いのですか?

Hさん:いえ、休日はできるだけ家族と過ごすようにしていますね。仕事で私の代わりはいますが、父親の代わりはいませんからね。そういう一家の主でいたいと思っています。

■愛する家族

――プライベートではどのように過ごされているのでしょうか?

Hさん:ゴルフをしたり、野球を観たりするのが好きです。バイクも好きなんですが、最近はなかなか乗る機会も減りましたね。子どもがいると、ひとりの時間が作りづらくて……。

でも家族との時間が一番ですから。
しんのす……子どもたちと過ごせるなら、何でも楽しいですよ。子どもが生まれてから全く退屈しませんね。

――それは素敵ですね。

子どもが、毎日社会で戦う私のエネルギーになってます! しっかし、家族の力は偉大だよな~。なんでも家族がいさえすれば乗り越えられるような気がします。

――家族が一番大切、というのが一貫しているのですね。

そうですね。万が一身の周りでなにかが起きても、家族を危ない目には合わせませんよ! 会社の同僚たちからも「人間凶器のひろちゃん」なんて呼ばれるくらい、そこは徹底しています(笑)。

――ずいぶんと物騒なあだ名ですね(笑)。

■"かっこいい"とはどういうこと?

――では、ずばり本題に迫っていければと思います。
Hさんにとって"かっこいい"とはどういうことなのか、聞かせていただけますか。

Hさん:私なんかにそんなたいしたことは言えませんよ。ただ、"かっこいい"ことは決して"普通じゃない"ことではないと思うんです。
自分自身いろんな人に守られて、大きくなったと思っていますし。自分ひとりでデカくなった気でいるヤツは、デカくなる資格がない! ……なんてね(笑)。

――Hさんとってのそういった存在とは?

Hさん:妻と子どもたち、ですかね。家族がいる幸せを、皆さんにも分けてあげたいくらいです。細かいことをいちいち気にしないこと、嫌なことはさっさと終わらせること、ひとりの女をずーっと愛せること……とか。

単純に生きることのほうが案外難しいのかな、と思います。そんななかで、家族とワイワイ笑ったり時にはケンカしたり。家族だから幸せなわけじゃない。 野原家だから幸せなんだ!

――……ところで、先ほどからちょくちょくお顔が出てしまっているような……。読者の方にもバレているでしょうし、お名前ご紹介してよろしいでしょうか?

Hさん:そ、そうですね……つい、いろいろと話しちゃいましたからね。

■「クレヨンしんちゃん CREATOR×CREATOR -俺のフィギュア 野原ひろし-」登場!

――そういえば、野原ひろしさんご自身のフィギュアがクレーンゲームの景品として登場するそうですね。なんでもディティールにこだわった、めちゃめちゃかっこいいフィギュアだとか。


――ご自分のフィギュアが登場することについて、いかがですか?

ひろしさん:いやそれはもう、気恥ずかしいですよ! でも実物よりも、すごーくかっこよくつくっていただいて感謝しています! このクールな表情やポーズ、いいですよね。自分なのに自分じゃないっていうか、ウチにも飾りたいなあ。みさえになんて言われるか怖いけど。ハハハ。

――このフィギュア、クレーンゲームの景品として全国のゲームセンターに投入されると伺っています。ひろしさんは、クレーンゲームをされたことは?

ひろしさんいやー実はあんまりやったことないんですよね。苦手でして……(笑)。でも、このフィギュアが出るので、子どもたちを連れてゲームセンターに行ってみようと思います。

――しかも、詳細はまだ明らかになっていませんが、あの『チョコビ』とのコラボレーションも決まっているそうですね。

ひろしさん:そうなんです。今回の『チョコビ』はシリーズ初の「しょっぱい大人向けシリーズ」なのです!


"野原ひろし"をイメージした大人向けのチョコビ『俺のチョコビ トリュフ薫るステーキ味』(オープン価格)はセブン‐イレブン、イトーヨーカ堂、ヨークマート、ヨークベニマル(※一部お取り扱いのない店舗もございます)のお菓子売場にて、2018年7月23日(月)に販売開始

――そちらも楽しみにしていますね! 野原ひろしさん、ありがとうございました!

***

「クレヨンしんちゃん CREATOR×CREATOR -俺のフィギュア 野原ひろし-」

8月上旬より全国のゲームセンターなどで順次展開される。ぜひ実物を手にして、そのハイクオリティな造形を目の当たりにしてほしい。


「クレヨンしんちゃんオフィシャルショップ」にて
「野原ひろしフェア」スタート!

「営業日報風A5ノート」や「名刺風モバイルバッテリー」など、ひろしが使っていてもおかしくない!?アイテムが登場!
  • 「営業日報風A5ノート」380円(税抜)

  • 「双葉商事ボールペン」550円(税抜)

  • 「名刺風モバイルバッテリー」3,500円(税抜)

  • 「双葉商事封筒入りミニタオル」600円(税抜)

フェア期間中は、税込500円以上の購入で「野原ひろしの名刺」をプレゼント。
また、対象の野原ひろし商品を購入もしくは知育アプリ『クレヨンしんちゃん お手伝い大作戦』をダウンロードで、「野原ひろしステッカー」(全2種)のうちランダムで1枚がもらえる。
  • 「野原ひろしの名刺」

  • 「野原ひろしステッカー」(全2種)

さらに、「クレヨンしんちゃん CREATOR×CREATOR-俺のフィギュア 野原ひろし-」も特別展示!

開催期間は8月17日(金)から8月31日(金)まで。

●店舗情報
クレヨンしんちゃんオフィシャルショップ~アクションデパート東京駅店~
場所:東京駅一番街「東京キャラクターストリート」内

クレヨンしんちゃんオフィシャルショップ~アクションデパート大阪店~
場所:HEP FIVE 4F

クレヨンしんちゃんオフィシャルショップ~アクションデパート仙台店~
場所:エスパル仙台 本館3F

クレヨンしんちゃんオフィシャルショップ~アクションデパート札幌店~
場所:paseo EAST 1F

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

[PR]提供: バンプレスト