缶詰博士によると、世界中の食べ物が缶詰で食べられるのは日本だけだそうです。確かに、タイカレー(タイ)とかアヒージョ(スペイン)とか赤ワイン煮(フランス)とか、いろんな料理が缶詰で出てますね。

「今回の缶詰はタイやベトナムでメジャーな辛い料理。僕も初めて食べます!」と博士も興奮気味。一体どんな缶詰なのでしょう?

→これまでのお話はこちら

  • 川商フーズ/フライドサーディンINカピソース 120g 180円(税別)(写真:マイナビニュース)

    川商フーズ/フライドサーディンINカピソース 120g 180円(税別)

珍しいノザキの魚缶

鍵でくるくる開ける「枕缶」販売終了で話題になったノザキのコンビーフ。3月16日にはアルミと樹脂の複合素材「アルミック缶」を使った新生コンビーフが発売されたが、同じタイミングで新発売になったのがこの「フライドサーディンINカピソース」。
ノザキブランドでは珍しい魚缶であります。

  • 辛さへの注意書きアリ

    辛さへの注意書きアリ

前フリをいただく

ノザキブランドの販売会社は「川商フーズ」という。その川商フーズのS氏が言うのだ。

「博士は辛いの苦手でしょ」
「苦手ですねェ」
「じゃあこのカピソースは食べられないね。すごく辛いから」
「え、そんなに?」
「無理だよね。すごく辛いからね」
これ、フリですよね。絶対フリですよね。

  • フライドサーディンINカピソース内観

    フライドサーディンINカピソース内観

匂いがすでに凶暴

そんな典型的な前フリをいただいたら食べねばなるまい。ということで開缶!

油で揚げたサーディン(いわし)と、何やらもろもろしたソースが見える。あちこちに見える真っ赤な唐辛子。

匂いはすごくいい。揚げ物の香ばしい匂いにガーリックも利いていて食欲をそそる……と思っていたら身体に異変が起こった。額から汗が流れてきたのだ。

匂いだけで発汗って、一体どれだけ辛いのだ?

  • そのまま盛りつけ

    そのまま盛りつけ

火焔地獄

かくのごとし。食べやすい大きさにカットされたサーディンには、身がかなり太いものもある。生前はきっと脂の乗ったサーディンさんだったのでありましょう。

ここで改めて申し上げるが、僕は辛い物が苦手だ。けっして嫌いではないが、でもでも、辛さへの耐性はかなり低レベルだ。

決死の覚悟でひと口いただくと……。
うん。甘酸っぱくて、エビのうまみがあって(ソースにシュリンプペースト入り)、サーディン自体のうまみもしっかりしておいしいです。
と、ここまで分析したら赤唐辛子の辛さが襲ってきた。うひゃあ辛い辛い!

頭頂部から汗が吹き出し、口中は火焔地獄。慌てて飲み込んだら喉が焼け、そのあと胃が焼けた。こりゃたまらない。

バスタオルで頭と顔を拭い、しばらく呆然とする。S氏のあの台詞は前フリではなく、心からの注意喚起だったようだ。

しかし、うまみたっぷりで美味しいのも事実。辛い物が好きならぜひトライしてほしい。

缶詰情報
川商フーズ/フライドサーディンINカピソース 120g 180円(税別)
3/16発売 一部のショッピングサイトなどで購入可

筆者プロフィール: 黒川勇人/缶詰博士

昭和41年福島県生まれ。公益社団法人・日本缶詰協会認定の「缶詰博士」。世界50カ国以上・数千缶を食している世界一の缶詰通。ひとりでも多くの人に缶詰の魅力を伝えたいと精力的に取材・執筆を行っている。テレビやラジオなどメディア出演多数。著書に「旬缶クッキング」(ビーナイス/春風亭昇太氏共著)、「缶詰博士が選ぶ!『レジェンド缶詰』究極の逸品36」(講談社+α新書)、「安い!早い!だけどとてつもなく旨い!缶たん料理100」(講談社)など多数。
公式ブログ「缶詰blog」Facebookファンページも公開中。