女優の永野芽郁が、16日に都内で行われた映画『からかい上手の高木さん』(5月31日公開)の完成披露舞台挨拶に高橋文哉、江口洋介、鈴木仁、平祐奈、前田旺志郎、志田彩良、今泉力哉監督とともに登場した。

  • 永野芽郁

同作は月刊漫画雑誌『ゲッサン』(小学館)で連載されたの山本崇一朗氏によるコミックの実写化作。原作の中学時代から10年後を舞台に、教育実習生として母校へ帰ってきた高木さん(永野芽郁)と、母校で体育教師となった西片(高橋文哉)の新たなからかいの物語を描いている。

■永野芽郁、『からかい上手の高木さん』完成披露舞台挨拶に登場

イベントでは、同作の内容にちなみ「10年間ずっと好きなこと・もの、10年間続けていること」についてキャスト陣がトーク。永野は「本当にお恥ずかしいんですけど、ラーメンです……」と回答し、「みんな思い出とかエピソードがあるのに、私10年間好きなものと言ったらラーメンくらいしかなくて……(笑)」と照れた表情を見せる。高橋が「いいじゃないですか!」とフォローし、前田も「全国のラーメン好きがいま歓喜してますよ! 大丈夫!」と背中を押した。

続けて、ラーメン愛について聞かれると永野は「毎日食べます!」と話し、会場を驚かせる。「このお仕事をしていると、撮影の状況によって昼食の時間が短くなったりするときもあるんです。早く食べてちょっとでも仮眠を取りたいと思っちゃうので、ラーメンがちょうど良くって! ずっと食べてます」と女優業ならではの理由を説明していた。

休みの日に食べに行くだけでなく、自宅でも作るそうで「おうちで作る即席麺も好きです!」と親近感あふれる回答で会場を盛り上げ、好きなラーメンの味を聞かれると「う~ん……からいの!」と答え、集まったファンからは「かわいい~」と声が上がっていた。