芸人が笑いを封印して、アーティストとして歌と演奏のすべてに挑む『芸人ロックフェス』。今年は12月13日(水)23時15分からフジテレビで放送されることが決定した。10月5日にお台場特設会場(フジテレビ湾岸スタジオ)にて開催され、600人の観客を大いに沸かせた『フジ芸人ロックフェスティバル2023』の白熱のステージの模様がOAとなる。

MCの渡辺直美、澤部佑(ハライチ)の2人はもちろん、出演するのは全員お笑い芸人。しかし、彼らはモノマネやおふざけは一切なし、完全なる“アーティスト”としてパフォーマンスを繰り広げる。そんなガチすぎる彼らの姿は必見! さらに、放送終了後には、100分を超えるライブの完全版をFODとFANYでノーカットPPV配信される。

今回は渡辺が「せっかくの第二弾だから、ちょっと……私もやってみようかな!」と自らの希望で人生初のギターに挑戦! 海外にギターケースをもって渡航し、日本にいるギターの先生とリモートをつなぎながら練習を開始した。そんな彼女が、サンボマスター「できっこないを やらなくちゃ」を弾き語りで歌い上げて幕を開けた今回のイベント。勢いそのまま、長田庄平(チョコレートプラネット)がヒットソングのSaucy Dog「シンデレラボーイ」を甘い高音ボイスで歌い上げ、森田哲矢(さらば青春の光)はフラワーカンパニーズの名曲「深夜高速」をパンクロッカーさながら情熱的に歌い上げた。そしてせいや(霜降り明星)が優里の「ドライフラワー」、こがけんが米津玄師の「感電」を熱唱!

もちろんソロボーカルだけではない、この日限りの異色コンビ、異色ユニットも誕生した。黒沢かずこ(森三中)&久保田かずのぶ(とろサーモン)は久保田の得意とするラップを生かし、平成に大ヒットしたあのパーティーソングをクセつよめのアレンジで披露。ジャングルポケットの太田博久とおたけは、なぜか相方の斉藤慎二ではなく、金田哲(はんにゃ.)とスペシャルユニットを結成! 斉藤の穴を金田が埋めるには深い訳が……。また、かみちぃ(ジェラードン)&FGRスペシャルダンサーズによるJUNG KOOK「Seven」のダンスパフォーマンスでは、まさかのあの関口メンディー(EXILE/GENERATIONS)が飛び入り参戦。芸人だけのロックフェスのはずが、関口がこの番組をこよなく愛しているという噂を聞きつけたプロデューサーがダメ元でオファーしてみたところ、面白がってくれて快諾。この当日、観客にはシークレットで登場してもらったところ大盛り上がり! かみちぃとの二度と見られないコンビネーションさえわたる、MCの2人も驚がくする関口踊る「Seven」は必見だ。そして最後は、出演者全員で今年を代表するヒットソングYOASOBIの「アイドル」を歌い上げる。

MCである澤部は地上波放送が決定したことについてこう語る。「今年も芸人がカッコイイです。漫才前の袖の芸人が一番カッコイイと思っていましたが、こちらかもです! さらば森田は入ってたなぁ。パンクしてましたねー! ドラムのゆうたろうさんはこの時が一番裕次郎さんに近づく時かもしれません」。

<出演者>

MC:渡辺直美            

サブMC:澤部佑(ハライチ)

(※以降、五十音順)

<VOCALIST>

太田博久(ジャングルポケット) 

長田庄平 (チョコレートプラネット)

おたけ(ジャングルポケット)  

金田哲(はんにゃ.)

久保田かずのぶ(とろサーモン)

黒沢かずこ(森三中)

こがけん

せいや(霜降り明星)

森田哲矢 (さらば青春の光)

<BAND MEMBER>

愛(ヨネダ2000)

RG(レイザーラモン)

ケツ(ニッポンの社長)

松陰寺太勇(ぺこぱ)

辻(ニッポンの社長)

都留拓也(ラパルフェ)

濱口優(よゐこ)

松井ケムリ(令和ロマン)

松浦真也

餅田コシヒカリ(駆け抜けて軽トラ)

ゆうたろう

和田まんじゅう(ネルソンズ)

<DANCE PERFORMER>

芦名秀介

かみちぃ(ジェラードン)

金城めくるくん(ポンゴ)

しゅんしゅんクリニックP

関口メンディー(EXILE/GENERATIONS)

タクトOK!!(Everybody)